• Kosuke Tsubota

オンライン診療実態調査、GAMA医療テック参入状況など

ご機嫌様です。喜んで起業、喜業家つぼです。


喜業家つぼのヘルスケアNews、本日もよろしくお願いいたします。


1)マイクロソフト・Amazon・アップル・Googleの医療テック挑戦

2)医療MaaS

3)オンライン診療実態調査

4)遠隔ロボ手術

5)シンガポール医療テック急増

6)GEヘルスケア デジタル医療機器管理 会員サービス開始

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

勉強法や情報収集法を質問されますが、基本的な流し聴きでやっています。おススメの一つ「大前研一ビジネス講義」を⇒に紹介。

1)マイクロソフト・Amazon・アップル・Googleの医療テック挑戦

https://www.businessinsider.jp/post-233028


マイクロソフトは4月12日、人工知能(AI)技術を手がけるニュアンス・コミュニケーションズ(Nuance Communications)を197億ドル(約2兆1400億円)で買収すると発表した。マイクロソフトとしては史上2番目の規模というこの巨額買収の狙いは、医療分野に特化したクラウド技術にある。マイクロソフトが今回行った買収は、医療のデジタル化への重点的な投資を進めるテック系巨大企業の動きの一例にすぎない。


2)医療MaaS

https://response.jp/article/2021/04/19/345099.html

MONET(モネ)テクノロジーズは4月15日、シミックホールディングスと医療・ヘルスケア領域で新たなMaaS(モビリティアズアサービス)事業を創出する企業を支援するため、医療MaaSに特化した事業開発プログラム「モネラボ『医療』」を6月から開始すると発表した。


3)オンライン診療実態調査

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000013108.html

株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平)は、CLINICSオンライン診療における利用実績データおよびアンケート調査結果から、オンライン診療の利用実態や医師の利用意向などの調査結果をお伝えします。

2015年に厚生労働省が発出した事務連絡を大きなきっかけとして、オンライン診療の普及が始まりました。メドレーでは翌年2016年2月よりCLINICSオンライン診療の提供を開始し、2020年12月末時点で約2,300の診療所・病院に利用され、現在の累計診察回数は約30万回となっています。 また、新型コロナウイルス感染拡大によりオンライン診療への社会的な需要が増加し、時限的な特例措置による規制緩和が起きたこともあり、オンライン診療の認知は格段に広がりました。一方で、その実態については未だ理解が深まっていない部分も多く、この度の調査結果をお伝えすることで、今後の適切なオンライン診療の普及に貢献したいと考えています。


4)遠隔ロボ手術

https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/8268/Default.aspx

国立大学法人神戸大学、NTTドコモ、メディカロイドの3者は2021年4月16日、次世代通信ネットワークを用いた遠隔ロボット手術の実現に向け、最先端のネットワーク環境や医療機器を設置した実証実験施設「プレシジョン・テレサージェリーセンター」を立ち上げ、同施設において商用5Gを介した国産手術支援ロボット「hinotori サージカルロボットシステム(以下、hinotori)」の遠隔操作の実証実験を実施したと発表した。


5)シンガポール医療テック急増

https://www.nna.jp/news/show/2178884

シンガポールで医療テック(ITを活用した医療サービス)企業が急増している。新型コロナウイルスを機に、医療現場でオンライン診療などにITを導入する動きが加速していることが背景にある。 シンガポール企業庁によると、過去1年間で国内の医療テック企業が大幅に増え、2020…


6)GEヘルスケア デジタル医療機器管理 会員サービス開始

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000036.000051346&g=prt

[GEヘルスケア・ジャパン株式会社]

デジタルを通じて保守・機器ライフサイクルにおける顧客体験の変革を促す新たな会員制「OriGEn」 医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田 荘一郎、以下GEヘルスケア)は、新型コロナウイルス感染症による医療現場でのニーズの変化にいち早く対応するべく、当社が提供する医療機器の保守リモートサービスを契約されているお客様を対象に、新たな会員制サービス「OriGEn」の提供を4月より開始しましたのでご連絡いたします。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示