• Kosuke Tsubota

ゴミが教えてくれることその7:ゴミ回収グローバル企業

ゴミ拾いから、本当にいろいろなビジネスのことを勉強させて頂いています。

そして、ブログとしてアウトプットすることで、ただの日常業務からの学びだけじゃなく、診療所を開業した際の廃棄物責任者になって医療廃棄物のことを仕事としても一生懸命考えて実施してきたことや、医療廃棄物の処理関連で医療機関のコスト削減、利益率上昇のお手伝いをさせて頂いてきたことを思い出してきました。以外にも昔からゴミと関係性をもっていたようです。

さて、前回に続きましてゴミ関連ビジネスのご紹介です。ゴミ関連ビジネスは下記4つに分類するとお話しました。

1)ゴミ収集ビジネス

2)ゴミ処理ビジネス

3)リサイクルビジネス

4)ゴミ削減ビジネス

5)ジャンクアート


1)ゴミ収集ビジネス

前々回ブログ「ゴミが教えてくれることその5:ゴミビジネスーUber」でUberのゴミ収集版、米国のスタートアップRubicon Global (ルビコングローバル)を紹介しました。

前回ブログ「ゴミが教えてくれることその6:最近上場したゴミ回収会社」では、日本で最近上場した老舗企業二社、株式会社要興業と株式会社ミダックを紹介しました。

上記の会社は、ほとんどが行政委託かB2Bビジネスです。「3)リサイクルビジネス」に分類するか悩みましたが、ノルウェーに本社を置く「 TOMRA Systems ASA (トムラ)」は、ゴミ収集をしているとみなしてご紹介します。「 TOMRA Systems ASA (トムラ)」は、「リサイクル自販機(リバース・ベンディングマシン(RVM)」という、使用済みのペットボトルや空き缶などのリサイクルゴミを捨てることで、ポイント報酬が貰えるようにする自動販売機のパイオニアメーカーです。創業は1972年、元々 空の飲料容器を簡単に回収できる機器の提供会社としてビジネスしていましたが、ペットボトルの認識技術を備えた回収機器RVMを1977年に開発しました。

このRVMの開発、市場に早期に入ったことで、事業が伸びて、1985年にオスロ証券取引所に上場もしています。「自動販売」といっていいのか分かりませんが、この機械が出来る前は、市民の善意や義務としての回収を呼び掛けることしか、リサイクル率を上げる手法がありませんでした。この機械が出来たことで、市民及び回収者の収益に結びつくような仕掛けがうまれました。モチベーション理論でいうと、モチベーション2.0に分類されるので、輸血を善意からお金に換えたことで、輸血者が減ったことと同じような現象がおきていて、貧困者が汚れている「リサイクル自販機」で、長時間使用済みのペットボトルや空き缶をチマチマ入れて貴重な「時間」という資源をムダにしているイメージがうまれてしまいましたが、選択肢を一つ増やしたということと普及させた実績は、素晴らしいベンチャースピリットの賜物です。私自身、アメリカに大学院留学していた時は、大変お世話になりました。こちらの「 TOMRA Systems ASA (トムラ)」ですが、世界50か国に展開しています。2001年にアジアの拠点として東京で事業をスタートして、その7年後の2008年7月には、住友商事株式会社と合弁し、日本法人「トムラ・ジャパン株式会社」 が設立、消費者参加型の資源回収・リサイクルシステム会社として活躍しています。その活躍が日本政府に評価されて、2年前の2017年に、経済産業省が後援するリデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰において、経済産業大臣賞を受賞しました。

2)ゴミ処理ビジネス

上記、日本での3社は実際にゴミ処理ビジネスも実施していますが、Rubicon Global (ルビコングローバル)での成長からゴミ収集ビジネスとゴミ処理ビジネスを分類しました。さて、そのゴミ処理ビジネスで、私が最も好きな会社は、 東京都品川区に本社を置く、1937年に創業された82歳の老舗企業「株式会社ナカダイ」 です。2017年に倒産した日本企業の平均年齢23歳を超え、日本人男性の平均年齢81歳

をも超える由緒正しい老舗企業です。ゴミ処理ビジネスとして長年やられてきているので、業界の習慣も文化も染み渡っているである「株式会社ナカダイ」 さんは、基本に疑問を感じて変身しました。ゴミ処理ビジネスの基本は、ゴミを処理することが仕事なので、ゴミが多ければ多いほど儲かるです。そのゴミ処理ビジネスの根幹である「ゴミが多くなることで儲かる仕組み」に疑問を感じて、ゴミ処理業者として新たな道を模索して実際に活路を見出したすごい会社です。

(つづく)

ゴミでも、こんなにワクワクするビジネスがあるのですから、やはり、チャンスは、いろいろなところにあります。ワクワク喜ぶことを起業しましょう♪


関連ブログ

ゴミが教えてくれることその1:ゴミ拾い習慣

ゴミが教えてくれることその2:ゴミ拾いSNSアプリPIRIKAとゴミが教える消費者行動

ゴミが教えてくれることその3:ビジネス

ゴミが教えてくれることその4:新しい視点

ゴミが教えてくれることその5:ゴミビジネスーUber

ゴミが教えてくれることその6:最近上場したゴミ回収会社


ゴミ関連ビジネス参照URL

アイカサ: http://i-kasa.com/ 傘のシェアリングビジネス(ゴミ削減)

ピリカ: https://corp.pirika.org/ ゴミ拾いSNSアプリPIRIK

Rubicon Global (ルビコングローバル): https://www.rubiconglobal.com/ ゴミ収集Uber

株式会社ミダック: http://www.midac.jp/ ゴミ収集会社

株式会社要興業:https://www.kaname-k.co.jp/ ゴミ収集会社


Tomra(トムラ): https://www.tomra.com/ リサイクル自販機会社

トムラ・ジャパン株式会社 : http://www.tomra.co.jp/tomra/

もったいないMOTTAINAI: http://www.mottainai.info/

産業廃棄物処理業者「ナカダイ」 : http://www.nakadai.co.jp/

0回の閲覧

​執筆履歴

My OFFICE​

東京都墨田区両国4-15-6

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon