• Kosuke Tsubota

パワハラ看護学校 6教員授業担当外

ご機嫌様です。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース、よろしくお願いいたします。


1) 授業から6教員外す

2)“不適切言動で指導” 3)北海道調査 進展なし


パワハラ看護学校の追加ニュースです。そして、同じ4月15日の記者会見で、ここまでニュースの表現が違ってくると面白いですね。NHKのタイトルでは、「不適切言動で指導」と北海道と学校がパワハラを認めた形になっていますが、朝日新聞では記者会見の内容からインパクトがある部分だけを切り取っています。ニュースをみる際には、各メディア機関の特徴を意識して読まないとミスリードさせられますね。だからといって、全てのメディア機関の情報を比較するのは、時間がいくらあっても足りなくなりますから、一次情報を掴むことの大切ですね。

ここにテクノロジーの可能性を考えると二次情報を分析してクリティカルに情報を掴めるようなAIが出てきそうですね。


一次情報を掴むという意味では、北海道立江差高等看護学院のサイトリンクを貼っておきます。


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

1) 授業から6教員外す

https://www.asahi.com/articles/ASP4H6TG7P4HIIPE020.html

北海道江差町の道立江差高等看護学院で、学生や保護者らが教員たちのパワーハラスメントを訴えている問題で、管轄する北海道は15日、問題への対応策を発表した。不適切な指導が疑われる6人を授業から外して事実関係を調査する。休学や退学、留年した学生へは経緯の調査を行い、必要な対応を図るという。

 会見した道保健福祉部・地域医療推進局の岡本収司局長は、学生や保護者に対し「不安が払拭(ふっしょく)できておらず、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。今後は教員、学生、学院の運営の三つの課題について、それぞれ対応する必要があると説明した。

 道は副学院長を含む6人の教員に、不適切な指導の疑いがあると明らかにした。そのうえで、既に授業から外した副学院長以外の5人も、今後は授業をさせないよう調整中だという。岡本局長は「疑惑の教員が教えることがないと保護者にも伝えたい」と述べた。

 6人に対しては、来週にも道の人事担当者と共同で事実関係の調査を始める。弁護士など外部の第三者の参加も検討しているという。調査期間は未定だが、結果は公表する。ただ、岡本局長は「パワハラの有無について、現段階では認定しているわけではない」と従来の見解を繰り返した。

2)“不適切言動で指導”

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210415/7000032992.html

道南の江差町にある道立の看護学校の教員が不適切な言動で指導をしているとの相談が相次いでいる問題で、道は15日に会見を開き、対応について説明しました。


江差町にある道立の「江差高等看護学院」では、複数の教員が不適切な言動で指導をしているという相談が去年から相次いでいて、これについて道保健福祉部は15日、会見を開きました。

会見の冒頭、道保健福祉部の岡本収司地域医療推進局長は「皆様のご不安を払拭できていない現状を心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。

その上で休学や退学、留年した人について相談歴などの確認を始めたことや、教員に対してハラスメント研修を実施するなどの対策をとったと説明しました。

また、不適切な指導をした疑いがある教員は6人に上るとし、今後これらの教員の授業について、別の教員やリモートによる代替措置を講じるとしています。

一方で道はハラスメント事案と認定するかについてはさらに確認が必要だとした上で、事実関係の調査を進めるとしています。


3)北海道調査 進展なし

https://news.yahoo.co.jp/articles/31ee4604a084f07359ca9a29432916af7e5f1593

パワハラ問題に揺れる道立江差高等看護学院について、道は保護者に対し、これまでの調査結果を文書で回答しました。  道立江差高等看護学院の保護者と元生徒らは、今月9日、教師によるパワハラの実態を速やかに解明するよう、知事あてに要望書を提出しました。  回答期限となった15日に、道は文書で回答しましたが、道保健福祉部の岡本収司局長は「訴えをいただいている皆様の不安を払拭できていない現状に、心からお詫び申し上げます」と謝罪しましたが、具体的な対応ついては「事実関係を把握したうえで、適切な対応を取る」と、従来の説明にとどまりました。  保護者らは「全く進展がない」としてパワハラの認定を急ぐことなどを求め、今月中に道に対し署名を提出する予定です。


江差高等看護学院

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/ekg/

当学院は、保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)に基づき、地域医療を担う看護師の養成を目的として設立された、北海道立の専修学校です。


関連ブログ

4/7パワハラ看護学校

https://www.ktsubota.com/post/4-7%E6%84%9F%E8%AD%B7%E5%B8%AB%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%AE%E7%9C%8B%E8%AD%B7news


4/8パワハラ否定

https://www.ktsubota.com/post/4-8%E6%84%9F%E8%AD%B7%E5%B8%AB%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%AE%E7%9C%8B%E8%AD%B7news


4/12パワハラ看護学校

https://www.ktsubota.com/post/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%8F%E3%83%A9%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E5%AD%A6%E6%A0%A1news


97回の閲覧0件のコメント