• Kosuke Tsubota

医療ビジネスに関して

最終更新: 2019年6月21日

自己紹介の続きを書くのもつまらないので、自分が本日質問を受けたものをテーマにしてみる。

【医療ビジネス】に関して

医療業界に参入したい企業や、医療従事者がアイディアでビジネス化したい場合など多様な場面でこの質問を受けるが、正直答えにくい。

そもそも【医療】の定義が定まっていなかったり、対価を支払う人が決まっていなかったり、医療制度や各国の違いなどが分かっていない人が多いからである。

また、正直なところ、診療所や訪問看護ステーション等を開業することを医療ビジネスだと思っている人や、創薬・医療器具の製造が医療ビジネスだと思っている人、それぞれ立場が違うからである。

私自身は、幸いなことに、珍しいほど多様な立場に立たせて頂いた経験があるために、会話をしていけば、有意義な時間を過ごしてもらえることが多い。

折角なので、考えを整理整頓するために私が使用している軸を紹介しようと思う。私が持っている軸に関しては、下記である。


医療ビジネスを考える軸


1. 対象群別軸:予防(ヘルスケア・健康)―治療―予後等

2. 医療提供軸:診療所・病院・在宅・老人ホーム等提供場所

3. 管轄省庁軸:厚生労働省―経済産業省―農林水産省―環境省等

4. 歴史背景軸:民間療法・法律の成り立ち・国民患者文化等

5. 職能団体軸:医師会・看護協会・薬剤師会・歯科医師会等

6. 学会組織軸:新規学会設立・学会運営・学会経営・学会活用等

7. 学習制度軸:資格ビジネス、継続学習ビジネス、模擬・遠隔等

8. 企業団体軸:製薬業・医薬品卸業・医療機器業・人材紹介業等

9. 患者団体軸:難病患者会・予防団体・看取りケア団体等

10. 提供規模軸:ドメスティックサービス(地域包括)-WHO等

11. 管轄規模軸:市区町村・県・医療圏・国家単位等

12. 医療安全軸:組織運営・ヒヤリハットの仕組み化等

13. 災害医療軸:有時と平時の運用、災害時の仕組み化等

14. 国家制度軸:米国スタイル・欧州スタイル・東南アジアスタイル等

15. 医療制度軸(報酬):医療保険・介護保険制度内外・自由診療等

16. 医療制度軸(規制):PMDAの許認可・医薬品法・広告規制等

17. 相談案件軸:開業・事業継承・廃業・事業譲渡等


以上の軸で自分は話のカテゴリーを分けて、当事者によって話をして楽しませて頂いている。残念ながら今まで関わらせて頂いた案件全てを網羅することが出来ていないが、【医療ビジネス】がタブー視されていた時代から、【医療ビジネス】に興味関心を持ち、義務教育時代は疑問を持ち、知識を深めることを良いことと言われる環境にあり、現場に直接行くと若いからかわいがってもらえるという環境であったために医療資格を持ってから関わって、多様な抵抗やストレスを受けながら学んできた方々よりもニュートラルに関わらせて頂けたし、その対立を客観的にゲーム【信長の野望】のようにみさせて頂いた。いや、【白い巨塔】かな?

そのお陰で、【医療ビジネス】コンサルタントを名乗る人々よりも少し広い視野を持ち、上記のようなオリジナルな軸を持つことが出来た。

上記の軸だけでもわかって頂けると思うが、【医療ビジネス】と一言で言っても分野がとても広がっている状況で、【ITビジネス】と昔は一言でくくられていたものが、現在では括ることが出来ないような状況であるぐらい楽しい状況なのである。

私は、自称【医療ビジネス】マニアを名乗らせても頂いているので、相談はいつでも大歓迎で、相談があるだけでウキウキしてしまうのは、常に上記のようなことを考えているからである。

ヤフーニュースで、【自民党2000万円報告書】とみても、老後が一番医療費を使用するし、高額医療費に該当しない状況で慢性期疾患を持っていたり、介護を利用したりすると足りないでしょうっていろいろな制度で照らし合わせてしまうし、トランプ大統領のニュースをみてもオバマケアを完全に否定して、医療のセーフティーネットを完全に壊したアメリカはこれからどうなるのだろう?頑張っていたマサチューセッツ州も財政が厳しいということで、マサチューセッツ州はどのようにしていくのかな?等と考えてしまう。

余談ですが、【医療】マニアというは、なかなかいなく、鉄道マニアが乗り鉄、撮り鉄等分類されているのに、たまに高齢者集団と病院マニア的な会話が出来るのと、転職やキャリアを考えている医療従事者の団体と勤め先の会話が出来るぐらいで、全般的に話せる人がいなく寂しい。【医療ビジネス】だけじゃなく【医療】に興味関心がある人は是非ともお友達になって下さい!

ちなみに私は【医学】に興味がなく、【医学】を元にした環境全体【医療】というものに興味があります。なので、医学的なことでディスカッションが出来ないことをお許し下さい(><)


医療AIビジネス


ちなみに相談を受けたものは、医療ビジネスの中でも医療AIに関することで、今度話すことになったが、もうトピックだけでいろいろなものが頭の中に話したいことがたくさんあって、ウキウキしている。

ちょっと書き出してみると

1. 日本での話?世界での話?

2. 厚生労働省が2020年に解禁といっている内情の話?

3. PMDAが医療機器認定をどのようにしようとしているかの話?

4. FDAが2018年に医療AIを認可した時の話?

5. 画像診断学会で各企業のAI(IBMのワトソン、GEのエジソン等)が戦いあっている話?

6. AIのデータ及び教師データ作成の話?

7. 医療AIで頑張っている企業の話?

8. 医療AIの研究を頑張っている大学等の話?

9. IoMT機器に関する話?

10. 医療AIの使用方法に関する話?

11. 医療AIの法律に関する話?

12. 医療AIの患者さんへの話?

13. 医療AIを阻むと思われる医療従事者の話?

14. 医療AIの学習制限や仕組みの話?

15. 医療AIの失敗事例の話?

16. 医療AIビジネスの展望?

17. 工学部からみた医療AIの話?

18. ビジネスからみた医療AIの話?

19. ~~年後の医療を描くのに、医療AIの必要性の話?

20. 医療AIに積極的なVCの話?

21. 医療AIに投資をしたVCが今どのようにしているかの話?


指を自由に動かしているだけで、これだけ出てきた。

とっても楽しみである。

うーん起業家としてのBLOGにしようとしたのに、【医療マニア】【医療ビジネス】のBLOGになりつつある。

BLOGを再開するのにあたっては、テーマがあった方がいいと言われていたけれど、無理に頑張っても続かないので、このまま徒然なるままに記載して、なるようにしていこう。

何か突っ込みなどありましたら、取り上げていくので絡んで下さい(><)

0回の閲覧

​執筆履歴

My OFFICE​

東京都墨田区両国4-15-6

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon