• Kosuke Tsubota

本日公示日 起業と選挙


参議院選挙が7月21日と決まったため、鹿児島県や大分県などの大豪雨災害の最中で不謹慎ではありますが、参議院選挙の公示日である本日7月4日前までに出来る最後の政治活動にまつり事が始まっています。すでに、政治活動としての選挙カーならぬ政治カーが出回り、政治カーの中にはカラス(男性のアナウンスする人)やウグイス(女性のアナウンスする人)が持ち前の通る声を最大限に生かして政党のピーアール活動をしています。

参議院選挙なので、選挙民にとっては3年に1度、参議院議員にとっては6年に1度の戦いです。政治と経済別々のものとされていますが、起業家にとっては無視できない出来事であったりします。特に許認可業例えば医療ビジネス分野の人にとっては完全に無視できません。そもそも昨年2018年3月まで盛り上がっていた遠隔医療ビジネスに関しては、2016年の未来投資会議において2020年に厚生労働省で医療AIを解禁する。遠隔医療を可能にしていく。と決まったために今までチャンスを伺っていた起業家が、追い風に乗ろうと頑張っておりました。そのような国の方針を決めることが出来るのは、政治家です。世界の時流から日本での認可が行われるだろうというような甘い時流の読み方ではなく、実際にどのタイミングで日本で時流が起きるのかが分かるというよりも、創り上げていくのがこの政治家です。起業家としては、政権を誰がとるのか?

誰の発言力が高まっているのか?によって経営の旗振りが異なってくるので、無視することが出来ない大イベントとなります。衆議院ほど大きな流れの変化が起きなくとも、拒否権がありますし、押しボタン式投票というスピードがある参議院は無視できないものだと私は思っています。今年は私に医療ビジネスを教えて下さった先生(大学生時代に実際に授業の講師として来てくださって、講師の先生の考えにひかれてお会いしにいかせて頂き、授業で教えて頂いた汎用的なものから実働になるまでどのようになるのかを事細かに教えて頂いておりました。)の一人の二期目の選挙になります。実はいつもなら私は応援にいっているのですが、今年は私の持病の関係で応援にかけつけることが出来ず、そのため客観的に選挙を観ることが出来ています。


選挙と起業?

私は、幸いにも大学時代の講師の先生のお陰で多様な情報を頂き、政治家になられた後も多様な相談をさせて頂き、経営に生かさせて頂いておりましたが、なかなかそのような機会はありません。私は、この先生が政治家になられる6年以上前から起業家として活動しています。お知り合いの諸先輩方が選挙に出馬されることの方が少ないと思います。そのため、このような関係になられる前にはどのようにして情報を収集してきていたのかをお話させて頂ければと思います。選挙の公示日前に候補者というのはだいたい決まってきます。実際に、有名な方の場合は、出馬されるのか?というようなニュースにもなったりします。その中で、自分が気になる方を選び、出版書籍があればそれを読み、インタビュー記事があればそれを読み、それで本当に自分が気になる方だと思い決心が出来ましたら、是非ともお会いしにいく、もしくは選挙ボランティアを志願しにいくことをおススメします。

選挙ボランティアの中には、同じようにその候補者の方の考え方や専門分野から応援する方々がいます。それも老若男女問わず、職業も問わずそのような方々がおります。候補者の方とお話するだけではなく、そこで顔を合わせる人々と交流するだけでも、かなりの思考の深慮化ができたり、視野が拡がったり、起業家としての情報の捉え方が磨かれていきます。起業家として「時間」という資源は大切なので、どっぷりとお手伝いすることは難しいと思います。というか、心身を粉にして活動するので、公には言いませんが正直おススメしません。起業家ならではの、最もその組織の中で不足している時間帯で行動することや役割をこなすことで、ただの協力者以上の価値を提供することで、覚えておいていただける人間になれば、そこに集まった人々とのネットワークは強化され、そのあとにも相談に伺うことが出来ます。候補者本人と交流することが出来なくても、その場に集まった方々からでもいろいろと学ばされます。


起業家として学べること

私は、お祭り事が好きな人間なので、一体感を持って活動していくのが好きで、起業家としてそのような打算的な考えをする前から関与することがあったので、本当に様々な方々に育てて頂きました。起業家は一人前になる前まえでに「この会社の経営を支えたのは、俺なんだよ」と勝手に自慢をしてくれる人を1000人以上自然と集めているといわれていますが、確実に1000人のうちの1人になる人をみつけることができるのが、この選挙というイベントの起業家としてのメリットだと思います。また、新人議員の選挙活動に関しては、本当に起業家が新しいサービスを提供するのと同じぐらいの厳しさがあり、選挙活動を通して実施していくセルフプロデュースやセルフマーケティング及びセルフブランディングに関しては、大変勉強になります。二十日間にも満たない期間で、自分自身の価値を今まで知られていなかった方々に伝えていく、それを実践している泥臭さを肌に触れることができる、体感することが出来るのは、泥臭く活動をし続けていく起業家としては宝物になる経験だと私は思っています。

ここまで記載したからこそ気が付かされたところでありますが、セルフプロデュース関連以外でも、集まってきた人々を組織化していくことや、ゴールに向かって役割をお互いに補完しあっていく文化を醸成していくこと、それをスピーディーにやらないとモチベーションが下がっていく雰囲気、それをまた一丸にしていく手法、日々のライバルと比較された情報を取得した時のモチベーションマネジメント等は、人生をかけて立候補する、だからこそその人を応援するという人々と触れ合える機会だけでも、起業家としては価値があると思います。そこは、起業家と候補者と異なりますが、ある意味似たようなもの吸収すべき場と期間だと思います。最後に、注意してみるとターゲティングとバズマーケティングその他もろもろ体験できます。

※特定の政治家の応援、政党をしているものではありませんので、それにまつわるクレーム等はおやめください。私個人は、白紙投票でもいいから投票はして頂きたいと思っています。

15回の閲覧

​執筆履歴

My OFFICE​

東京都墨田区両国4-15-6

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon