栄養AIに、健康増進AI、ヘルスケアアプリのOEMなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

4番目:インテグリティヘルスケアが、ヘルスケアアプリのOEMに力を入れるということです。データと自社の強みを公開して、外部のアイディアと外部のリソースを活用して、データとナレッジを蓄積していくという戦い方はすごいですよね。5年後をどのように見据えて実施していっているのか大変気になりますね。


1)栄養士AI

2)医療データ侵害コスト

3)健康増進AI

4)ヘルスケアアプリのOEM

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)栄養士AI

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000018894.html

食事・運動・体重管理アプリケーション(以下アプリ)「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジー株式会社(東京都中央区、代表取締役:棚橋繁行)は、大和電設工業株式会社(宮城県仙台市、代表取締役社長:遠原秀基、以下「大和電設工業」)が展開する栄養給食管理システム「ニュートリメイト」の「栄養指導システム」に、「カロミル」のサービスを連携いたします。

  • カロミルアドバイスについて

https://advice.calomeal.com/ 指導対象者(顧客)の「カロミル」アプリと連携し、食事や栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、指導者向けのウェブツールです。指導対象者(顧客)の食事データの記録・蓄積が自動化されるだけでなく、AIが食事内容を自動で解析・栄養計算し、指導者の栄養計算など食事指導にかかる手間が大幅に削減されます。

  • ライフログテクノロジー株式会社について

https://calomeal.com/ 当社は管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。2016年2月に創業し、東京本社のほか、宮崎など全国に拠点があります。主な事業はヘルスケアアプリ「カロミル」の開発・運営ですが、大学や企業、医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究も行っています。


2)医療データ侵害コスト

https://aitimes.media/2021/07/30/8613/

IBMが28日明らかにした調査結果によると、ヘルスケアセクターはデータ侵害(データブリーチ)に伴うコストがトップの業界で、実に平均923万ドル(約10.1億円)にも及ぶという。これは2020年の報告から200万ドル増加しており、「新型コロナウイルスのパンデミックによる運用シフト」によってセキュリティインシデントのコストが高くなっていることが考察されている。


3)健康増進AI

https://aitimes.media/2021/07/29/8594/

患者が自分自身の医療記録にアクセスする権利は保障されている。しかし、それによって自動的に「内容の理解や適切な健康上の意思決定」ができるようにはなるわけではない。その課題解決のため、医療記録へアクセスする患者の「健康に関するリテラシーを向上させる自然言語処理AIツール」が研究されている。米ノートルダム大学のニュースリリースによると、同大の研究チームは電子カルテの理解度を確認するツール「ComprehENotes」を開発し、医療用語を患者向けに翻訳し理解を助けるツール「NoteAid」の有効性を検証した。マサチューセッツ州の地域病院から募集された試験参加者はComprehEnotesのテストを受ける際に、NoteAidでテキスト上にマウスカーソルを置くと医療用語の定義が表示されるという介入を受けた。その結果、介入なしの対照グループよりもNoteAid介入群ではComprehENotesテストでの理解度スコアが有意に高かった。研究成果はJournal of Medical Internet Research誌に掲載されている。


4)ヘルスケアアプリのOEM

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000064327.html

株式会社インテグリティ・ヘルスケア(本社:東京都中央区、代表取締役会長:武藤 真祐、代表取締役 社長:園田 愛、以下「インテグリティ・ヘルスケア」)は、PHR(パーソナルヘルスレコード)管理システム「Smart One Health」のOEM提供により、提供先へオリジナルのヘルスケアアプリ開発を支援するサービス(以下「本支援サービス」)を開始したことをお知らせ致します。

・PHR管理システム「Smart One Health」

https://www.smartonehealth.jp/

・日立システムズとインテグリティ・ヘルスケアが医薬・ヘルスケア分野で提携 セキュアなクラウド上で一元管理した医療情報・データ活用による健康支援サービスの提供をめざす

https://www.integrity-healthcare.co.jp/news/press/hitachi-ih

・沢井製薬とのPHR事業協業開始のお知らせ PHR管理システム「Smart One Health」をOEM提供

https://www.integrity-healthcare.co.jp/news/press/sawai-smart-one-health


▼補足資料 :会社概要・代表者

社名 : 株式会社インテグリティ・ヘルスケア

設立 : 2009年10月

代表者 : 代表取締役会長 武藤 真祐、代表取締役社長 園田 愛

事業内容 : テクノロジーを活用した疾患管理システム・オンライン診療システムの提供

・疾患管理システム「YaDoc」およびデジタルヘルスソリューション

・オンライン診療・服薬指導システム「YaDoc Quick」

・PHR管理システム「Smart One Health」

所在地 : 東京本社 /東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目27番5号YAMATO B.L.D

URL : https://www.integrity-healthcare.co.jp/

13回の閲覧0件のコメント