訪問看護がドゥーラサポート?、ワクチン接種の判断などなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

沖縄県の事例ですが、訪問看護サービスで助産師のケアである産後ドゥーラサポートを実施することが公開されるようになってきましたね。


※1産後ドゥーラ

産前産後の女性特有のニーズに応え、心身の安定と産後の身体の回復、赤ちゃんの育児や新しい生活へのスムーズな導入を目的に、母親の気持ちに寄り添った、​母親のためのサポートを行います。

※2ドゥーラ

ドゥーラ(doula)とは、本来はギリシャ語で「女性の奴隷」という意味で、他の女性を援助する、経験豊かな女性をいいます。

※3参考 一般社団法人ドゥーラ協会

https://www.doulajapan.com/


また、6月26日土曜日にコロナワクチン接種1回目を実施してきました。副反応には個人差があると聞いていましたが、副反応に関して正直なめていたので、2番目に取り上げたニュースのように看護師が自身の副反応を説明して、ワクチン接種のタイミングに関して示唆するのは大切ですね。そして、広義の意味では、この情報提供も看護ですよね。


1)訪問看護がドゥーラサポート?

2)ワクチン接種の判断

3)食中毒対策も

4)第五波対策へ

5)女性のメンタルヘルスケア Flora 資金調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)訪問看護がドゥーラサポート?

https://mainichi.jp/articles/20210628/rky/00m/040/004000c

【中部】沖縄本島中部7市町村を中心に、精神的ケアと妊娠、子育てを支援する「訪問看護ステーションeight(エイト)」(宜野湾市喜友名)が5月に開所した。精神と母子支援に特化した訪問看護は県内初で、全国的にも珍しいという。精神科認定看護師の所長・喜久山敦さん(48)と助産師の仁美さん(45)夫婦が中心となり、訪問看護を「身近に感じてほしい」と呼び掛けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8c2e061db05feb84ba5b7561d8f403802994820

訪問看護は、妊娠中の身体管理や産前産後の保健指導だけではなく、妊娠や産後の心配事、産後うつ支援にも特化する。双子や三つ子の悩み、父親の相談にも対応する。喜久山夫婦とスタッフの計10人で中部地域を中心に奔走している。

https://houmonkango-eight.com

エイトという名前は無限を意味する「∞」から取り、訪問看護利用者の無限の可能性を信じて支援する。県立病院で今年3月まで22年、看護師として働いた敦さんが「利用者さんがその人らしく生活できるよう、地域で継続して支えていきたい」と独立を一念発起した。中城村南上原にある助産院プルメリアの院長、仁美さんの専門性を加え、事業をスタートさせた。


2)ワクチン接種の判断

https://news.yahoo.co.jp/articles/7044bd17178d7dafe3deffe1047a6cc06d89eb7f

新型コロナウイルス感染症は、世界の人にとっても初めての経験です。この病気と対峙している医療従事者の中にも、ワクチンを希望しない人もいました。様々な情報がある中、しっかりと考え自分自身の意思で判断できるといいと思います。


3)食中毒対策も

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b31a2eed5074ef0f96d1f61d13ae614147a9e71

新型コロナウイルスなどの感染症や食中毒について知ってもらおうと26日、津市にある三重県立看護大学で公開講座が開かれました。

山崎教授は、かつてヨーロッパで経済が発展し貿易や産業で人の移動が活発になった際、ペストコレラなどの感染症が流行した歴史を紹介しました。  新型コロナウィルスの流行は、当時のヨーロッパと同じ状況が起きていると指摘し、「環境破壊や都市化、人が密集する場所で起こる病気で、今後も長く付き合っていくことになる。過度に恐れず、正しい行動をすることが大事」と話し、感染症予防の大切さについて訴えていました。


4)第五波対策へ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC2173M0R20C21A6000000/

福岡県内の新型コロナウイルスの患者用の病床使用率が22日、約7カ月ぶりに20%を下回り、国の指標「ステージ3(感染急増)」を脱した。服部誠太郎知事は「予想以上に改善のスピードが早い」と評価。一時は80%を超えていたが、緊急事態宣言下での飲食店への休業・時短要請や高齢者向けワクチン接種などがじわりと効果を発揮した。ただ医療体制の脆弱さが浮き彫りになった。


5)女性のメンタルヘルスケア Flora 資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000072971.html

思春期から更年期まで女性のココロに寄り添うケアを展開するFlora株式会社(本社:京都市左京区吉田橘町32番地、代表取締役:クレシェンコ アンナ)は、Social Entrepreneur 3投資事業有限責任組合(運営会社:PE&HR株式会社、代表取締役:山本亮二郎)、エンジェル投資家複数名を引受先とした第三者割当増資を実施したことをお知らせ致します。

社名:Flora株式会社

本社所在地:京都市左京区吉田橘町32番地

代表者氏名:クレシェンコ アンナ

メールアドレス:support@floramaternty.com

URL:floramaternity.com

https://floramaternity.com/ja

■Floraサービス概要

Floraは日本初、フルオンラインのグループセラピーサービスを提供します。自社で開発した独自のコーチングメソッドを用いて、自分で自分を大切にしていいというメッセージを女性に届けています。自分らしさを応援するコミュニティとして、性や生、パートナーシップ、食生活、マインドなどを包括的にサポートするサービスを展開します。

サービスのリンクhttps://floramaternity.com



19回の閲覧0件のコメント