認知症診断AI・インフルエンザ判定AIなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

アイリスのインフルエンザ判定AIの治験がスタートしましたね。現存にある医療AIの会社のほとんどが、すでに写真や映像などでデータがある世界から創られてきたものに対してアイリスのAIは、データをどのように取得するのか?というところから戦ってきていたので、当事者じゃなくファンとしては、どのようになっていくのか?わくわくしています。


1)脳画像解析Braineer 認知症診断薬事許可取得

2)インフルエンザ判定AI 治験開始

3)AI Samurai 2つの大学発ベンチャーに

4)遠隔ICU コロナ活用

5)クラウドファンディングGoodMorning


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)脳画像解析Braineer 認知症診断薬事許可取得

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000060865.html

ブレインヘルスケア事業を展開する株式会社Splink(本社:東京都千代田区、代表取締役:青山 裕紀、以下「Splink」)は、「脳画像解析プログラムBraineer(ブレイニア)」(以下、「Braineer」)が認知症診断を支援するソフトウェアとして薬事認可を取得したことをお知らせいたします。

  • 脳画像解析プログラムBraineer について

医師の知識・経験によるブレが生じ認知症が見逃されることを防ぐためには、脳の客観バイオマーカーを定量化し、再現性をもたせることがその大前提にあると考えています。


Braineerは、脳形態に着目し、頭部MRIデータより脳の萎縮を定量・数値化することで診断に役立つ情報を提供し、診断の支援をおこなう医療機器プログラムです。目視では気づくことが難しい脳の状態や、認知症に関連する萎縮を簡便に評価できるようになります。

  • Splinkについて



Splinkは、中枢神経領域における医療AIを提供するテクノロジー・スタートアップです。「ブレインヘルスケアを世界の当たり前に」というミッションのもと、注力領域である認知症における医療機器プログラムの開発、提供を進めています。


創業当初からAIを用いた脳ドック用プログラムを都内を中心に様々な医療機関やクリニックでご利用いただいており、予防・早期発見フェーズにおける先行サービスで得られた知見を活用し、「脳画像解析プログラムBraineer」は、診断・治療フェーズにおける認知症見逃しを防ぐために開発されました。


認知症という高齢化社会における大きな課題に対し、健常段階の予防から発症後の病気と共生できる社会に寄与すべく、認知症の予防から診断まで一貫したソリューションをワンストップで提供していきます。


  • 会社概要

会社名    :株式会社Splink

本社所在地  :東京都千代田区霞が関3丁目3−2 新霞が関ビル18階

事業内容   :ブレインヘルスケア事業、医療データ基盤事業

設立     :2017年1月

代表取締役  :青山 裕紀

URL     :https://www.splinkns.com/


2)インフルエンザ判定AI 治験開始

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000035813.html

アイリス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:沖山翔、以下「当社」)は、咽頭画像の解析をもとにインフルエンザ判定を行うAIアルゴリズムを開発し、咽頭カメラを含むAI搭載システムを「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、厚生労働大臣宛て医療機器製造販売承認申請を致しました。前向き試験としてAI医療機器の治験を実施し承認申請を行う日本初の事例となります(*1)。

承認後は、全国の医療機関での導入や医療現場での活用が可能となります。

会社名:アイリス株式会社(Aillis, Inc.)

事業内容:医療機器の研究開発・製造、機械学習の技術開発

設立日:2017年11月

代表者:沖山 翔

所在地:東京都千代田区有楽町1丁目10番1号 有楽町ビル 11階

ホームページ:https://aillis.jp


3)AI Samurai 2つの大学発ベンチャーに

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000200.000021559&g=prt

株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区 以下 (株)AI Samurai、代表取締役 ⽩坂一)は、これまで大阪大学発のベンチャー企業として活動して参りましたが、先日北陸先端科学技術大学院のベンチャー制度、第一号案件としても認定されました。これを受け、AI Samuraiは大阪大学と北陸先端技術大学院大学との産学連携を主体とした発明創出AI(R)企業として生まれ変わり、イノベーション企業や研究者のみなさまの課題解決をより一層支援して参ります。

株式会社AI Samurai

代表取締役社長:⽩坂 一

会社設立:2015年9月11日

所在地:東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル4階

資本金:資本金:1億円(2021年5月31日現在)


事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供

URL:https://aisamurai.co.jp/


4)遠隔ICU コロナ活用

https://www.sankeibiz.jp/macro/amp/210615/mca2106150612004-a.htm

新型コロナウイルス感染拡大で病床が逼迫(ひっぱく)する中、専門医が現場の医師を遠隔から支援する動きが広がっている。専門医がいない病院に24時間態勢でコロナ治療に詳しい医師が電話などでアドバイス。集中治療室(ICU)にカメラを取り付けて外部から支援するほか、在宅療養者を24時間見守る取り組みも。医療崩壊を防ぐため現場では懸命の努力が続く。


5)クラウドファンディングGoodMorning

https://erecipe.woman.excite.co.jp/article/Hanakotokyo_236851/

「政治に参加したり、社会のシステムを変えるためにできることは、〝投票〞以外にもあるんです」そう語るのは、クラウドファンディングサービス〈GoodMorning〉の代表取締役・酒向萌実さんだ。「誰の痛みも無視されない社会に」をビジョンに掲げるこのサービス上のプロジェクトを「女性」というキーワードで検索すると、女性アスリートによるフェムテック開発や、性犯罪についての刑法改正を目指す団体の支援、妊婦のためのオンライン助産師・栄養士相談サービスの実現などのプロジェクトが並ぶ。酒向さんは〈GoodMorning〉がまだ〈CAMPFIRE〉のサブブランドだった頃に社会問題の解決に興味を持って入社。分社化するにあたって代表就任を提案された。25歳だった。「会社の社長って何をするの?と思って調べても女性の事例はあまりなかったし、身の回りにも少なかった。これで自分がヘマをしたら、“女性だから”“若いから”と思われてしまうかもしれないと、前例があまりないなかで自分がその役割を担うことの重責を感じてしまって……。

28回の閲覧0件のコメント