​執筆履歴

My OFFICE​

東京都墨田区両国4-15-6

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Kosuke Tsubota

起業家にとっての日々のトレーニングとは?


起業家にとっての日々の筋トレになるものは、何だと思いますか?もちろんスポーツでも、人によってよりトレーニングしなければならないところがあったり、ケガしやすい場所ところがあったり、最初から先天的に無理なことがあったりすると思います。そんな形で、いろいろとあるので、人によって異なると思います。プロフェッショナルレベルになることは難しくても、アマチュアレベルにはなれると私は今までの経験から信じています。アマチュアレベルの起業家だと経営していけないのではないか?という疑問があると思いますが、その能力を採用すればいいのです。起業家は、プロフェッショナルレギュラーにならなくても、プロフェッショナルコーチ・プロフェッショナル監督・プロフェッショナルチームオーナーになればいいのです。ただし、チームオーナーになったとしても、監督だったとしても、毎日しなければいけないトレーニングというものがあると私は思います。

起業家の諸先輩方を筆頭にいろいろとヒアリングしてみましたが、多種多様なものが多かったです。但し、4つのカテゴリーに分かれると私は思っています。そのカテゴリーのどの分野を伸ばす必要なのかは、起業した組織のフェーズによって異なると思いますし、自身の能力によって異なると思います。


1. インプット系統

2. アウトプット系統

3. メンテナンス・ベースアップ系統

4. マインドフルネス・休息系統


1インプット系統

こちらに関しては日々実施していると思っている方々が多いと思いますが、インプット系統に関しては偏りが起きないように気を付けないと危ないです。

日々の社会情報、政治や経済の情報、エンターテイメント、海外等簡単にあげらあれる情報はもちろんのこと、自分が選んだフィールドに関する過去・現在・関係する書籍や雑誌に論文、ネットニュースが重要です。私の目安としては、新分野の方とお話する際には、最低限その方が書かれた書籍を読むことが礼儀であり、(立花隆氏のマネです。)それとは異なる3種類出来れば、賛成意見に反対意見に全体を網羅した情報の書籍を読むことに注意しています。また、自分の専門分野と選んだ分野や参入しようと考えている分野に関しては、100冊の書籍が最低限のトレーニングかと思います。私は、実際に自分の書物として読みたい派なので、図書館にはあまりいきません。実際に読んだ後は、保存する書籍に関してはキンドルにて記載させて頂くことが多くて、そのあとにメルカリに出品させて頂くことが多いです。必要な情報に関しては全てエバーノートに記録してあるので、検索ができるようにしています。また、知識・情報系統に関して以外は、自分のチームに関してのことです。自分のチームに関しては、書籍以上に日々の変化が大きく、情報の変化に関しては、家族の影響や気分など大きくなっています。スタッフだけじゃなくお客様に関してもいろいろ記載しているので、家族の記念日や親族の冠婚葬祭などは私の手帳では、数百名の情報がのっていたぐらいです。私のことをいろいろと書かせて頂きましたが、あなたにとってのトレーニングに関する日々のインプットは何に該当するでしょうか?


2アウトプット系統


こちらも日々トレーニングしている方々多いと思います。ツイッターでアウトプットするのがトレーニングと話して、たまに炎上する起業家の方もいらっしゃいますが。。。このトレーニングは、インプットをやられている方にとっては、絶対に大切なこととなります。人間はアウトプットの場所のイメージが出来ていないとインプットの質が落ちてしまいます。実際に、私は学生時代テストが無い授業に関しては、あまり言いたくありませんが、学生は学ぶことが仕事なのに、全く勉強した記憶がありません。学費を親に支払っていただいていたので、たまに申し訳ない気持ちがありますが、その学費以上に学生時代を活用して学び成長させて頂いた自負があるので、一瞬だけですが。。。話がそれましたが、テストやレポートがあるおかげで、私はインプットの質が高まりました。そのため、怠け者の私は個人的に小テストや小レポートと常にアウトプットする機会を意識するようにして、インプットの質を上げていきました。アウトプットに関しては何も人前に出す必要はないと思います。私は、英語が全然話せなく、そして嫌いだった時に、毎日15分間英語のプレゼンテーションを録音して、きいておりました。プレゼンテーションの内容ですが、テーマを決めて実施をすると毎日続かなく、毎日のトレーニングにならないので、目の前に見えるものと自分自身を結びつける内容を話しておりました。これに関しては、英語に関してだけではなく、起業家となってエレベーターピッチのためや、5分間ピッチのためなど実施しておりました。英語は倍速で聞き直すことはできませんでしたが、日本語は倍速もしくは三倍速で聞き直すことができて、自分の成長に大変有益な方法でした。このプレゼンテーションのトレーニングをしている時は、インプットトレーニングは特にしていないのですが、インプットの意識が高まっていき、テレビをみてもラジオをみても、どのように話しているのか?というものを知らず知らずのうちに観察していました。また、それだけじゃなく人とお話する時が練習だと思って望んでおりましたし、相手の話す内容も話し方も盗んでやろうと活動していました。こちらに関しても私のことを事例にあげていってしまいましたが、あなたにとっての毎日実施するアウトプット系統の筋トレは何になりますでしょうか?


このインプットとアウトプットは、表裏一体のものです。インプットだけ集中していても、忘れていくことができますし、アウトプットだけに集中していても新しい情報を考えていないと古い内容になっていってしまいます。インプットとアウトプットの比重は、自分の成長段階に関して変更する必要があると思いますが、常にこの二つのバランスを考えていくことが大切だと思います。


1番と2番だけで今回は長くなってきてしまいましたので、3番と4番に関して後日に分けて、2段階に分類して記載させて頂きたいと思います。

57回の閲覧