• Kosuke Tsubota

非接触型バイタル測定・デジタル避妊など

ご機嫌様です。喜んで起業、喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアNews。長い名前だったので、変更しました。


1:ライフログデータ販売の時代

2:ヘルスケアサービス立ち上げ支援 ソニー

3:データ活用で心と身体のヘルス

4:AIで医療介護分野の人材支援

5:非接触でバイタル測定

6:デジタル避妊ツールが医療機器認証

7:エクスメディオ 希少疾患診断支援

8:画像AIで脳健康見える化

9:血液シュミレーションで手術支援

10:認知機能チェック


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

勉強法や情報収集法を質問されますが、基本的な流し聴きでやっています。おススメの一つ「大前研一ビジネス講義」を⇒に紹介。

1)ライフログデータ販売の時代

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000164.000005268.html

株式会社日立社会情報サービス(代表取締役 取締役社長:松谷 淳)は、生活者の行動で生まれるデータ(ライフログ)から課題を抽出し、生活者向けサービス事業者へ提供する「ライフログデータ提供サービス」を本日より販売開始します。

2)ヘルスケアサービス立ち上げ支援 ソニー

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001299.000000196.html

https://xsince.sony.net/


 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、食事・運動・美容・睡眠などヘルスケア領域における、効率的なサービス開発や立ち上げを支援するヘルスケアサービスプラットフォーム「X.SINCE(エクスシンス)」を、本日4月13日より提供開始します。

 「X.SINCE」はヘルスケア領域で新規サービスを開始する企業を対象としており、プラットフォーム上の機能やデザインを、サービス開発のコンセプトに合わせてカスタマイズすることで、オリジナルのサービスやアプリをスピーディーに立ち上げることができます。自社が保有するコンテンツとの連携や、ソニーのAI技術を活かした食事画像解析などの機能を組み込むこともできるため、付加価値のある高品質なサービスを立ち上げることが可能です。

3)データ活用で心と身体のヘルス

https://news.mynavi.jp/kikaku/20210413-1867077/

オンライン領域における顧客接点の重要度が増している現在、人々の生活の中で生み出されるさまざまなデータを活用し、マーケティングなどに役立てる取り組みはあらゆる企業で必須となっている。その商品の特性から人々の暮らしのきわめて身近なところで事業を展開するライオン株式会社は、データ活用の取り組みをさらに高度化させ、新たな価値の創造に向けてさらなる一歩を踏み出した。ひとりひとりの生活に新たな価値を提供するサービスは、どのように作られるのか――ライオン株式会社でマーケティング領域の分析を担う米谷氏と、その取り組みを支えるNTTデータAI&IoT事業部の担当者に話を聞いた。

4)AIで医療介護分野の人材支援

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000017239.html

歯科業界における人材紹介サービスのリーディングカンパニーである株式会社ファーストコネクトは、AI活用による『歯医者選びに困らない世界の実現』、『歯科介護業界の慢性的な人材不足解消による医療介護の質向上』を目的に、北海道大学大学院 情報科学研究院 調和系工学研究室 山下倫央准教授[工学博士]がテクニカルアドバイザーに就任したことをお知らせいたします。

ファーストコネクト

https://firstconnect.co.jp


「歯科・介護分野」において、有料職業紹介サービスをはじめ、求人広告・集客サービス等の複数事業を展開しています。

 今後に関しても、人材紹介事業の規模・領域拡大、及び歯科・介護の領域における提供サービスの事業展開をさらに積極化し、歯科及び介護業界の発展に寄与することを目指しています。

5)非接触でバイタル測定

https://aitimes.media/2021/04/13/7778/

脈拍数・心拍数・呼吸数といったバイタルサインを、非接触型のリモートセンシング技術によってモニタリングすることが新たな潮流となってきた。イスラエルのテルアビブ拠点で非接触型モニターを開発する「Donisi Health」は、センサーシステム「Gill Pro」でFDAのDe Novo申請(市販前審査の一種)で機器承認を得た。

Donisi Health

https://donisihealth.com/

6)デジタル避妊ツールが医療機器認証

https://jp.techcrunch.com/2021/04/12/2021-03-01-clue-gets-fda-clearance-to-launch-a-digital-contraceptive/

高い評価を受けて約1300万人のユーザーが利用している月経周期予測アプリを運営するフェムテック分野のパイオニア企業Clue(クルー)が今、新しいデジタル避妊ツール用のサービスを立ち上げようとしている。このサービスは、排卵日を統計的に予測することによって避妊ツールとして機能する。

クルー

https://helloclue.com/

7)エクスメディオ 希少疾患診断支援

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000015530.html

株式会社エクスメディオ(東京都千代田区:代表 今泉英明、以下エクスメディオ)と武田薬品工業株式会社(大阪市中央区:代表 クリストフ・ウェバー、以下 武田薬品)は、このたび、エクスメディオが提供する医療者向け臨床課題解決サービス「ヒポクラ × マイナビ」において希少疾患の早期診断をサポートする医師向けサービス「希少疾患発見パッケージ」を共同で開発し、最初の疾患として遺伝性血管性浮腫(HAE)でリリースいたしましたのでお知らせいたします。


【エクスメディオについて】

https://exmed.io/


株式会社エクスメディオは、「テクノロジーの力で世界の健康寿命を5年延ばす」ことをミッションに掲げ、医療者向け臨床課題解決サービス「ヒポクラ × マイナビ」の開発・運営を通じて、オンライン上に『医局のソファ(*1)』を構築し、場所や環境にかかわらず、すべての医師が日常的な医師同士のディスカッションに参加できる環境を提供することで、医療の質の向上を目指しています。

8)画像AIで脳健康見える化

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000118.000019698.html

BrainSuiteでは、スクリーニング(認知機能・脳健康状態および将来の認知症リスクの分析)のみにとどまらず、オンライン問診の測定結果と医学エビデンスに基づき、個々人に適した将来の認知症予防のためのアドバイスを自動で提供します。 株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、 代表取締役社長:堤 浩幸、 以下 フィリップス)は、 「2030年までに25億の人々の生活を向上させる」を達成目標に掲げ、 健康な生活、 予防、 診断、 治療、 ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち、 すべての人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現をめざしています。

9)血液シュミレーションで手術支援

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000031497.html


株式会社Cardio Flow Design(本社:東京都千代⽥区、代表取締役:⻄野輝泰)が提案した研究開発課題「⾮解剖学的⾎⾏再建を要する先天性⼼疾患の⼿術設計⽀援を⽬的とした⾎流解析シミュレーション」が国⽴研究開発法⼈ ⽇本医療研究開発機構(AMED)の令和3年度 「⼩児⽤医療機器の実⽤化を⽬指す医師主導治験・臨床研究」に採択されました。この事業は病態が複雑で治療⽅法の決定が困難な先天性⼼疾患に対して、コンピューターシミュレーションにより最適な⼿術設計を行う技術開発を行います。当社顧問の板⾕慶⼀医師をプロジェクトリーダーに、埼⽟医科⼤学国際医療センターと岡⼭⼤学⼤学院医⻭薬学総合研究所とともに共同で医療機器化を目指します。

  • Cardio Flow Design社について

株式会社Cardio Flow Designは「血流解析で医療を変える」をミッションとし、血流による診断が行える世界を目指しているベンチャー企業です。IT技術やCT・MRIの発展により、体内の血流の状態を詳しく知ることが可能になりました。同社は血流を解析し、将来の疾患を予想したり手術計画に応用したりする技術で循環器内科や心臓血管外科の診断・治療に大きなイノベーションを起こす事を目的としています。


【会社概要】

社名  : 株式会社Cardio Flow Design

所在地 : 102-0082 東京都千代田区一番町22-3

代表  : 代表取締役 西野輝泰

事業内容: アプリケーションの開発及び販売

URL  : https://cfd.life/about/


10)認知機能チェック

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000072793.html


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示