• Kosuke Tsubota

2019年8月影響人:小泉進次郎

2019年7月の影響人を紹介したので、連続して紹介していきます。

小泉進次郎氏は、私のことを認識している訳ではないと思いますが、私が創設して昨年譲渡した団体「日本男性看護師会」の名前を出せば、きっと思い出して頂けます。厚生労働部会で、小泉進次郎氏が挨拶の際に、ネタにして頂けたということと、小泉進次郎氏レベルの国会議員は、一度話に挙げるとしっかりと記憶されているからです。

2019年8月に行われた厚生労働部会の日本の看護師の代表が集まる会合に、日本男性看護師会が今年も招聘して頂けました。役職は引退して、法人としても譲渡致しましたが、代役を頼まれて久しぶりに永田町に行き参加して参りました。10年程前、国会議員なり立ての小泉進次郎氏に、政治家の集まりの場で挨拶程度をさせて頂いたことがありましたが、雰囲気が違っていました。ロジックではなく、完全なる感覚的なものですが、「男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」の如く、いや10年経過しているので、刮目して見ないといけなかったのですが、男としての成長の差を感じさせられました。

小泉進次郎

~プロフィール~

環境大臣 兼 内閣府特命担当大臣(原子力防災)、衆議院議員(4期)。 1981年4月14日、横須賀市生まれ。関東学院大学卒業後、米国コロンビア大学にて政治学修士号を取得。米国戦略国際問題研究所(CSIS)研究員を経て、2009年より衆議院議員を務める。 2011年、自民党青年局長に就任。2013年に内閣府大臣政務官 兼 復興大臣政務官に就任し、東日本大震災からの復興に全力を尽くす。2015年、自民党農林部会長として農政改革に取り組む。2018年10月、自民党厚生労働部会長として人生100年時代に向けた新たな社会保障の実現に取り組む。 2019年9月、環境大臣 兼 内閣府特命担当大臣(原子力防災)に就任。

趣味:落語、文楽、読書、スポーツ観戦

尊敬する人物:ジョン・F・ケネディ

好きな言葉:「異志統一」

長所:粘り強いこと

短所:涙もろいところ

(サイトより抜粋)


プロフィールを観なくても、ウェブサイトをチェックしなくても、メディアを通して間接的に、耳に入ってくるような情報だけでこの十年間の濃密な期間で充分成長を創造することができましたが、やはり同じ空間に存在することで感じることは全く違いました。

小泉進次郎氏は1歳年上ですが、同じ世代の人間として、醸し出す貫禄の成長は、みっともないと言われる「男の嫉妬」してしまうレベルでした。そこに苦渋の雰囲気ではなく、しっかりと全ての経験を肥やしにしてきた感覚がしました。もしかしたら、滝川クリステル氏との婚約発表直後のことでしたので、苦渋の雰囲気が幸せで隠れていたのかもしれませんが、少なくとも私はそのように感じました。

また、これはお会いした時のことではないですが、小泉進次郎氏の読書力というものに頭が下がりました。同じ本を読む、同じ時間を費やすでも、成長力に差があるのではないか?ということに気が付かされました。感じたきっかけは、経営者が好む著者の一人である塩野七生氏と小泉進次郎氏の月刊文藝春秋での対談記事です。あまりにも好評なために、【文春e-Books】として独立してあります。現在、Kindle等で読むことが出来ます。生中継ではないので、修正が入ったところがあるとは思いますが、それを差し引いたとしても、書籍を共通の話題にされた時の、登場人物一人ひとりの機微をとらえて、自分事にして学ばれていました。多様な経験だけではなく、その一つ一つの経験から学んで、身に着ける深さを感じさせられました。この記事を読んでいたために、感じた貫禄の差に、精進の至らなさで悔しくなりました。その日は、あまりにも悔しかったために、次の予定まで時間があったことから、電車に乗るのではなく、約10キロ歩いて、今後の自分をどのようにしようか?考えてしまいました。それぐらいのインパクトがありました。

最後に、それぐらいのインパクトをもらうと人間、嫉妬だったり、悔しくてネガティブな気持ちをもってしまったり、マイナスなことにうまれることがあります。しかしながら、インパクトから受けたものは全てプラスのもので、そのお陰で小泉進次郎氏の印象が大変気持ちがいいものです。戦いで、涙するぐらい悔しい想いをする敗北が、成長の機会になったというような爽やかさがあります。そこは、他人から「ポジポジの実を食べたポジティブ人間」と呼ばれることがありながら、実は「ネガティブ人間」な自分の情報の受け取り方ではなく、情報を発信した小泉進次郎氏の「爽やかさ」という能力です。

テレビで感じる爽やかさだけではなく、本物の爽やかさということが分かりました。「爽やか」というものが、起業家・出来る人間として重要な案件であるということを聞いたことがありますが、上場したことがある創業家など今まであらゆる人とあったことがありますが、人間国宝になった歌舞伎の中村雀右衛門氏とお話した時と感じるぐらいの爽やかさがありました。同世代で、これを醸し出せることに心底嫉妬します。というと、小泉進次郎氏と私では、キャラクターが違うだろと言われると思いますが、心底感じました。


小泉進次郎氏から影響受けたものを最後にまとめると下記3つです

1)成長力。

2)読書力。身に着ける能力。

3)爽やかさ。


最後に、偉大な父がいる中に活躍されているところや、小泉進次郎氏の成長にキャップをしようと、当時閑職と呼ばれる農林部会・農政担当になったところ、最も現場に足を運んだ国会議員になって、誰よりも職務を実施して成果を出した姿はすごかったです。


例によって、無許可で影響人の紹介でした。

やはり、チャンスは、いろいろなところにあります。ワクワク喜ぶことを起業しましょう♪


関連URL

小泉進次郎オフィシャルサイト: https://shinjiro.info/

小泉進次郎Facebook: https://www.facebook.com/shinjiro.koizumi


関連ブログ

2019年7月影響人:坪田京子

2019年上半期BEST影響人(川田桃子)

2019年第二四半期BEST影響人:長谷部葉子教授

2019年6月BEST影響人:山川勇一郎(たまエンパワー株CEO)

SFCと僕と石田昌宏先生

78回の閲覧

​執筆履歴

My OFFICE​

東京都墨田区両国4-15-6

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon