• Kosuke Tsubota

3/6喜業家つぼのヘルスケアNews

ご機嫌様です。喜業家つぼたです。

ブログで、ニュース情報の会社やサービスのホームページも紹介するようになりました。そこで分かってきたのが、中国の会社のサイトが自分のGoogleだと検索しても出てこないということでした。Yahoo!で検索してみたり、他の検索エンジンを使用してみたり、中国の検索エンジンにいってみたりとしてやっと見つけることができました。今まで自分がみていた情報が、日本で発信されている情報の一次情報かもしれないですが、翻訳されている時点で孫引き情報になっていたことに気が付いて反省しました。中国語も読めるようになりたいなぁ。。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。



1)医療AI Yizhun Intelligent 16億円資金調達

https://www.excite.co.jp/news/article/36kr_122104/

AIを活用した医用画像診断サポートに特化した「北京医准智能科技有限公司(Yizhun Intelligent)」(以下、医准智能)は、このほどシリーズB+で1億元(約16億円)の資金を調達した。 リード・インベスターは「中信医療基金(CITIC Medical & Health)」、コ・インベスターは既存株主の「中孚懿徳基金」。

北京医准智能科技有限公司(Yizhun Intelligent)

http://www.yizhun-ai.com/

医准智能は2017年末に設立された。胸部CTインテリジェント解析システム、マンモグラフィインテリジェント解析システム、乳腺超音波インテリジェント解析システム、ディープラーニングとラジオミクスを統合した「ダーウィンインテリジェント科学研究プラットフォーム」など、11のAI製品を展開している。同社のAI製品はこれまでに中国全土600以上の医療機関をカバーしており、延べ1万人近くの画像診断医に画像による補助検査サービスを提供している。

中信医療基金(CITIC Medical & Health)

https://www.group.citic/en/2011/News_0622/17.html

日本の会社では、伊藤忠と合弁会社を設立した会社です。

https://www.itochu.co.jp/ja/news/press/2016/160920.html


2)医療AI 自然言語とAI 患者フィードバック解析

https://aitimes.media/2021/03/04/7485/

構造化されていないフリーテキストとして提出される患者フィードバックには、臨床的にも有用な情報が豊富に含まれている可能性がある。一方で、これを解析するには人的リソースが過分に必要となるため、自然言語処理(NLP)と機械学習による解析処理の自動化が模索されている。

3)日本メディカルAI学会監修『メディカルAI専門コース』無料提供

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000025642.html

AI 領域を含めた先端技術に関する教育事業を展開する株式会社キカガク(本社:東京都千代田区、代表取締役 吉崎 亮介)から一般社団日本メディカル AI 学会(代表理事 浜本 隆二)監修のもと、医療領域向けにAI を学び始める全ての方へ『メディカル AI 専門コース』を Eラーニングプラットフォームのキカガク(https://www.kikagaku.ai)上にて全編動画付きで無料で提供します。すでに公開されている『脱ブラックボックスコース』の続編にあたり、この両コースに設けられている章末のテストに全て合格することで文部科学省後援である日本メディカル AI 学会の公認資格を得ることもできます。医療関係者を含めたより多くの方に学びの機会を提供すること、そして、COVID-19 パンデミック下において三密を回避することを目的に日本メディカルAI学会の公認資格を完全オンライン上で受験できる Computer Based Testing (CBT) 方式を採用した新たな試みです。

キカガク(https://www.kikagaku.ai

キカガク(kikagaku.ai)は、先端技術を最短で学べる E ラーニングでの動画学習プラットフォームです。

従来型のテキストベースの学習方法とは異なり、資料を実務経験豊富な講師が説明する動画コンテンツ、そして、学習終了後の実力を測るために設計から徹底的にこだわった実力確認テストを取り入れています。

また、初学者にとって大きな課題であった「モチベーション管理」や「困ったときにすぐに質問できる環境」という二つの問題を同時に解決するために、チーム学習を採用しています。

日本メディカル AI 学会認定資格試験、メディカル AI 専門コース

https://cbt-medical-ai.kikagaku.co.jp

メディカル AI 専門コースで学べること
画像処理の基礎と畳み込みニューラルネットワーク(CNN)
遺伝子情報の配列解析(発展:一次元の畳み込みと Dilated Convolution)
心電図データの異常検知(発展:データの前処理、残差学習、損失関数の改良など不均衡データの扱い)
MRI 画像のセマンティックセグメンテーション(発展:セグメンテーションの評価指標)
血液の顕微鏡画像から細胞検出(発展:物体検出とその評価指標、データ拡張)
ディープラーニングの実装(PyTorch)、PyTorch エコシステムの有効活用(PyTorch Lightning, MONAI, Albumentations)
各分野の専門家からの講義(法律、生命倫理、セキュリティ)

一般社団法人日本メディカルAI学会

https://www.japan-medical-ai.org/

日本メディカルAI学会は、学問の新しい流れに大胆且つ柔軟に取り組み、形式より実質を重んずる気風を特徴に、medical AIに関する研究・教育を推進し、我が国における現代医学の発展に寄与することを目的に活動しています。


4)動物看護:老犬ホーム・老猫ホーム

https://news.yahoo.co.jp/articles/e019ed6b4d38ebb2bfa405ef9c84f833f5438ad5

介護の問題が深刻なのは人間だけではありません。ペットも高齢になれば認知症や寝たきりなどの介護問題が深刻化します。24時間のお世話が必要になるケースも少なくありません。多くの飼い主は自宅でペットを看取ることが常識と考えていますが、飼い主自身も高齢化してペットのお世話ができなくなることも考えられます。

5)看護:大阪府看護協会 寄付

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000442.000012002.html

株式会社I-ne(本社:大阪市北区、代表取締役社長:大西洋平)は、展開するボタニカルライフスタイルブランド【BOTANIST(ボタニスト)】より2020年5月26日に発売した「ボタニカルシャンプー/トリートメント(スムース)」のホワイトラベルデザインセットの収益およびボタニカルシャンプー/トリートメント、ボタニカルハンドクリーム各1000個を公益社団法人 大阪府看護協会へ寄付・寄贈いたしました。

大阪府看護協会は、企業から寄付をもらうビジネスネットワークが強いですね

6)看護 エピソード募集

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000075204.html

喜びを感じたエピソード・やりがいを見出したエピソード・感動を覚えたエピソードなど

あなたが体験した看護・介護でのエピソードを募集しております。

大賞 1編 30万円

優秀賞 3編 10万円

2021年2月1日(月) ~ 2021年5月6日(木)

字数・書式等

(エピソード本文)

400字以上2400字以内、A4横書き、Word形式(手書不可)

応募資格

日本国内で看護・介護に携わっている方(ご家族等の看護・介護をされている個人、職業で看護・介護をされている方を問いません)


応募エピソード

日本国内で看護・介護に携わっている方が喜びを感じたエピソード・やりがいを見出したエピソード・感動を覚えたエピソードなど実際に体験した看護・介護のエピソード

7)フェムテック fermata(フェルマータ)

https://globe.asahi.com/article/14234399

女性の体にまつわる悩みをオープンに話すことは、長くタブー視されてきた。その悩みゆえに活動が制約されたり、不自由を強いられたりしている女性は多い。その課題に正面から向き合い、女性の健康課題をテクノロジーで解決するのが「フェムテック」だ。「体の悩みから解放されたとき、もっと自分らしさを大切にできるようになる。それは女性も男性も同じ」と、この分野で市場を牽引する「fermata(フェルマータ)」のリア・カマーゴさんは言う。フェムテックの現在地、ジェンダーの課題にビジネスから関わる意味などについて、話を聞いた。(画像はfermata提供)

8)フェムテックの重要性

https://thebridge.jp/2021/03/why-is-femtec-important-now-gb-universe

こうしたムーブメントの中で存在感を増してきたのが、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけ合わせた「フェムテック」である。フェムテックは、女性のライフステージごとの健康課題と現行の社会システムとのギャップをテクノロジーの力で解消するソリューション群の総称だ(注釈: ここではフェムケアと呼ばれるプロダクト・サービスも含めてフェムテックと総称しています)。

ドイツの月経管理アプリ Clue

https://helloclue.com/

アメリカ発で従業員向けに雇用者負担で卵子凍結などの不妊治療を提供する Carrot Fertility

https://www.get-carrot.com/


骨盤底筋を鍛えるトレーニングデバイスやウェアラブル搾乳機などを開発販売するイギリスの Elvie

https://www.elvie.com/en-us/

妊活コンシェルジュサービス ファミワン

https://famione.co.jp/


生理日予測アプリや女性ヘルスケアサービス ルナルナ

https://sp.lnln.jp/brand


ホルモンの郵送検査キット「 canvas

https://www.get-canvas.com/


デリケートゾーンケア製品をEC「 Mellia

http://www.mellia-cosmetics.com/


不妊治療データ解析し検索できる「 cocoromi

https://lp.cocoromi.com/


更年期の症状のオンライン相談サービス「 TRULY

https://www.truly-japan.co.jp/


婦人科ラボ 」月経や婦人科領域に特化したメディア

https://www.fujinka-lab.com/


ランドリーボックス 」月経領域に特化したメディア

https://laundrybox.jp/


フェムテック製品を取り扱う「 fermata

https://hellofermata.com/


オンラインピル処方の「 スマルナ

https://smaluna.com/


月経ショーツを展開する「 Nagi

https://www.blastinc.online

優しい乳がん検査装置開発「 Lily MedTech

https://www.lilymedtech.com/


ゲノム解析で不妊治療に適応する「 Varios

https://www.varinos.com/


Kindbody 」不妊治療や卵子凍結サービス

https://kindbody.com/


Progyny 」福利厚生として不妊治療

https://progyny.com/


更年期女性向けEC、オンライン診察「 Gennev

https://gennev.com/


14回の閲覧0件のコメント