3/8夕刊:喜業家つぼのヘルスケアNews

ご機嫌様です。喜業家つぼたです。


一昨日から追加で気になったニュースを午後として配信していましたが、分かりにくかったので「夕刊」という名前にしてみました。でも、何か名前が落ち着かないので、よい名前があったら提案頂けると嬉しいです。皆さまのお知恵を何卒教えて下さい(><)

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。


1)クラウド健康管理システムケアリィ新システム

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000022826.html

クラウド型健康管理システムCarely(ケアリィ)を開発・提供する株式会社iCARE(https://www.care.jpn.com)は、複数の事業場をもつ企業向けに、『事業場フィルター機能』を追加しました。これにより、特に大企業などの複数の事業場にまたがる健康管理業務の効率化が期待される他、事業場ごとの衛生管理者や産業医の連携のサポートが期待されます。

【株式会社iCAREについて】

https://www.care.jpn.com

現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。「働くひとと組織の健康を創る」をビジョンに掲げ、複雑で煩雑な健康管理をシンプルでカジュアルに変えるクラウドサービス「Carely」の開発・運営を行っています。

【Carelyについて】

企業の健康管理を効率化し、従業員の健康から発生する労務リスクを可視化するクラウドサービスです。健康診断・ストレスチェック・長時間労働対策といった健康管理をクラウドで一元管理し、人事労務担当者・産業保健スタッフの業務工数を大幅に削減することで、手応えのある健康経営を手軽に実現します。

https://www.carely.jp/

2)東北イノベーションコンテスト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000074990.html

東北経済産業局及び仙台市では、今後の飛躍的成長やグローバルな活躍が期待されるJ-Startup TOHOKU企業に対し、官民サポーター一丸となった支援を行っています。

このたび、その販路開拓・事業提携・資金調達等の機会創出に向けた情報発信、及びその応援団である地域サポーターズと選定企業との交流促進を目的に、「J-Startup TOHOKU Innovators Gathering」を開催します。

J-Startup TOHOKUの「今」を知る絶好の機会ですので、是非御参加ください。

1.日時

2021年3月18日(木)16時00分~18時00分

J-Startup TOHOKU事務局

https://www.tohoku.meti.go.jp/

【ピッチ登壇企業(テーマ)】

https://www.tohoku.meti.go.jp/s_shinki/topics/pdf/201112_2.pdf

・株式会社アイオーティドットラン(データ取得を劇的に簡単にするTibbo-Piを切り口に現場から経営まで繋がるDXをサポート)https://iot-run.co.jp/

・株式会社aiforce solutions(専門知識なしにAI活用を実現する「AMATERASRAY」とAI人材育成プログラム「AMATERASEDU」の開発・提供)https://www.aiforce.solutions/

・株式会社エピグノ(最適なシフト作成と人材配置を瞬時に可能とする医療人材特化型マネジメントシステム)https://www.epigno.jp/

・株式会社Co-LABO MAKER(研究と事業をつなぐ「バーチャル研究開発センター」)https://co-labo-maker.com/

・株式会社ZIG(インスタ漫画「STACOMI(スタコミ)」によるSNSマーケティング)https://www.zig-inc.com/

・株式会社zero to one(社会とともにイキイキと生き続ける人財育成)https://zero2one.jp/

・株式会社チェンジ・ザ・ワールド (スマホで買える太陽光発電所「CHANGE」)https://ctws.jp/

・日本積層造形株式会社 (DXの新たな製造技術3Dプリンティング)https://www.jampt.jp/

・ファイトケミカルプロダクツ株式会社 (米ぬか由来のスーパービタミンEの製品化)https://phytochem-products.co.jp/

・株式会社フォルテ(日常・非日常で活用できる、DXデバイスとAI×IOT技術による地方創生DX)https://www.forte-inc.jp/

・ライフラボラトリ株式会社(屋内位置情報システムLife Analyzer Angle Location)http://www.lifelabs.co.jp/


その他J-Startup TOHOKU選定企業リンク

ぱぁ~っとリンクみてみましたが、後でゆっくりみてみようと思って下記リストにしてみましたw

https://www.rti-cast.co.jp/

https://www.icomes.co.jp/

https://www.azul-energy.co.jp/

https://adansons.co.jp/

https://goodtree.jp/

https://www.j-base.net/

https://www.super-nano.com/

https://skydrive2020.com/

https://www.spintronics.co.jp/

http://zenshin-tm.co.jp/

https://www.t-bioarray.com/

https://www.tripodworks.co.jp/

https://tohoku-magnet-inst.com/

https://powerspin.co.jp/

https://big-mama.co.jp/

http://www.fukushima-sic.co.jp/

https://bluepractice.co.jp/

https://brain-innov.com/

https://www.heralbony.jp/

https://www.beautifulcars.biz/

https://manaby.co.jp/

https://www.wiredbeans.co.jp/

https://www.onetable.jp/

3) 在宅ワークでの部下のヘルスケア管理

https://news.mynavi.jp/article/zaitaku_kinmu_mental-3/

私たちはこの1年間、新型コロナ感染症の影響を受けてきましたが、コロナ禍のこの状況はまだまだ続きそうです。そこで今回は、テレワークで部下のメンタル不調を回避するための3つお願いをさせていただきたいと思います。

「平時よりも部下の不調に気づきにくい」ということを知る

部下が在宅勤務をどう捉えているか知る

部下によって接したり声かけしたりする頻度を変える

4)フェムテックTV

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000203.000025517.html

株式会社ツインプラネット(東京都渋谷区 代表取締役:矢嶋 健二)は、働く女性を応援する「UP TO U project」の一環として、女性特有の健康課題に特化したフェムテックメディアサイト『フェムテックtv』β版 を3月8日(国際女性デー)にオープン致しました。

■株式会社ツインプラネット 会社情報

https://twinplanet.co.jp/

Intellectual Property(知的財産権)を軸に、エンターテイメント分野において幅広い事業を展開する“IPエージェンシー”です。キャラクターはもちろん、「ヒトコト・モノ」あらゆるコンテンツをIPとして捉え、独自IP・共同IP・有力IPの価値を“企画力”“クリエイティブ力”を活かし、最大化させ話題を醸成。プロダクト化、プロモーション、メディア/イベント等、様々な形でサービスを展開。2021年、働く女性応援する「UP TO U project」を発足。


■【UP TO U project】とは

働く女性が過ごしやすい周囲環境の構築を目指すプロジェクトです。女性マーケティング事業を創業以来15年にわたり行っており、所属タレントや社員の大半が女性である株式会社ツインプラネットの女性社員達が中心となり、発足しました。そのような環境で培った多くの経験や知見をいかし、女性がより健康的な生活を送るため、女性自身のリテラシーを高めると同時に周囲のリテラシーを向上させることを目的としています。

URL:https://twinplanet.co.jp/news/1602/

■フェムテックtv メディアサイト詳細

生理、PMS、セクシャルな問題など自分のカラダについて、たった1人で悩んでいる皆さんへ。大切なのは、「知る」「共有する」こと。このフェムテックtvは、自分のカラダについての“知らなかった”をなくすためのフェムテック情報共有サイトです。

毎日をイキイキと、自分らしく過ごすために。正しい情報を知って、話して、整える輪を広め、悩める女性がいなくなる世の中を目指します。

フェムテックtv URL:https://femtech.tv/



15回の閲覧0件のコメント