4/1 喜業家つぼのヘルスケアNews

ご機嫌様です。喜んで起業、喜業家つぼです。

2021年度が開始になりました。

喜業家つぼのヘルスケアNewsの前にやっていた「感護師つぼの看護ニュース」を今日から復活させます。なので、ヘルスケアニュースに看護ニュースを混ぜていたのですが、分離させていきます。

ちなみに新しいものというよりも、約20年前にやっていた坪田が配信しはじめた一番古いコンテンツが「感護師つぼの看護ニュース」です。20年前にメルマガで5000名以上の参加者、具体的には、厚生労働省の看護系技官の方やメディアの方等などが読んでくれていて当時、少額ですが、スポンサーもついていました。

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

勉強法や情報収集法を質問されますが、基本的な流し聴きでやっています。おススメの一つ「大前研一ビジネス講義」を⇒に紹介。

1)大学と市区町村の連携 岡山大学医学部

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000072793.html

国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)の医学部、大学院医歯薬学総合研究科、岡山大学病院は2021年3月29日、島嶼部を含む笠岡市の地域医療を担う医師の確保及び養成に関する協定を締結しました。

2)大学と市区町村の連携 三重県立看護大学

https://www.iga-younet.co.jp/2021/03/31/37226/

三重県立看護大学(津市)と名張市は3月30日、質の高い看護師や保健師らの育成などを目指し、両者が人材や情報などの資源を相互活用する連携協力協定を結んだ。

3) 宝塚市 AIチャットボット 新型コロナワクチン

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000036236.html

兵庫県宝塚市(市長:中川智子)は、アイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:清水正明、以下「アイテック阪急阪神」)と共同で新型コロナワクチンの接種に係る問合せへのチャットボット対応の検証(運用)を2021年3月31日に開始します。

この検証は、2021年3月10日に宝塚市とアイテック阪急阪神が締結した、「新型コロナワクチン接種に係るチャットボットの検証協力に関する協定」に基づくものであり、新型コロナワクチン接種に関する問合せに対してチャットボットが自動対応することで、休日・夜間などの開庁時間外でも、いつでも情報を入手できるようになります。またホームページでの検索が不慣れな方でも、質問の選択方式による検索や一問一答形式による検索で簡単に回答を得られるようになります。今回の検証では、株式会社ObotAI(本社:東京都渋谷区、代表取締役 北見好拡、以下「ObotAI」)のチャットボットシステムを採用しております。ObotAIのチャットボットシステムは、これまで厚生労働省や多くの自治体で採用され、問合せに関するデータが15万件以上蓄積されており、本検証で使用するシステムにその傾向や分析を行い反映しています。さらに検証を進めることで、今後より一層の情報の充実を図ってまいります。

株式会社ObotAI

https://obot-ai.com

■アイテック阪急阪神株式会社 会社概要

本社所在地: 大阪市福島区海老江1丁目1番31号 阪神野田センタービル

代表者  : 代表取締役社長 清水正明

設立 : 1987年7月

事業内容 : 社会システム事業・インターネット事業・医療システム事業・ソリューション事業

システム開発受託事業・技術サービス事業

URL : https://itec.hankyu-hanshin.co.jp/

4)禁煙アプリ 福井県スタート

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000015777.html

株式会社CureApp(キュア・アップ 本社:東京都中央区 代表取締役社長兼医師:佐竹 晃太)は、2月5日より邦高会 高沢内科医院(福井県福井市)の禁煙外来にて、治療アプリ®︎「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下、CureApp SC)の処方が福井県で初めて開始されましたことをお知らせいたします。

株式会社CureAppについて

http://www.cureapp.co.jp/


株式会社CureAppは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾患治療用プログラム医療機器創出に向け、研究開発を行い、製造販売を目指すMedTechベンチャーです。「アプリが病気を治療する効果を持つ」という新しい医療サービスを日本で初めて実現するために、病気を治療するアプリである「治療アプリ®︎」の開発に取り組んでいます。2020年8月には、疾患治療用アプリとして国内初となる、ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー「CureApp SC」の薬事承認を取得し、同年12月に保険収載に至りました。

現在、研究開発中の治療アプリ®︎は他に東京大学医学部附属病院と共同開発・臨床試験中のNASH(非アルコール性脂肪肝炎)治療アプリ、自治医科大学内科学講座循環器内科学部門と共同開発・治験中終了の高血圧治療アプリ、独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターと共同研究中のアルコール依存症治療アプリ、第一三共株式会社と共同開発中のがん患者支援治療アプリがあります。

加えて、これら医療機関向け治療アプリ®︎の開発で蓄積した知見を活用し、民間法人向けモバイルヘルスプログラムの「ascure卒煙プログラム」、「特定保健指導対応型ascure卒煙プログラム」を提供し、200を超える多くの企業、健康保険組合などに導入をいただいています。

さらには、日本で生み出したモデルをベースに「日本発のデジタルヘルスソリューション」として、順次グローバルにも展開していく予定です。

5)小児白血病AI エルピクセル×成育医療

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000010005.html

エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:島原佑基、鎌田富久、以下「エルピクセル」)は、国立成育医療研究センターと、AI(人工知能)を活用した小児白血病診断支援システムの共同研究を開始いたしました。

 本研究では、国立成育医療研究センターや他の共同研究施設が臨床研究などを通じて収集した診断情報を元に、エルピクセルが医療AI・創薬AI開発で培ってきた技術を活用し、小児白血病の診断支援システムの構築を目指します。本診断支援システムは、小児白血病の診断に用いられる骨髄塗抹標本検査において、目視では捉えきれなかった血液細胞の特徴をとらえ、より正確な診断や治療反応性の評価を可能にすることで、白血病の治癒率向上と再発率低下への寄与を目指します。

【エルピクセル株式会社について】

http://lpixel.net


エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持ち、医療・製薬・農業分野において、AI(人工知能)を活用した高精度のソフトウエアを開発してまいりました。AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」、創薬を支援する画像解析AI「IMACEL(イマセル)」を軸に事業を展開しています。

6)メディグル メディグルプレススタート

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000035731.html

地域医療連携システムmedigle(以下、「メディグル」)を運営するリタワークス株式会社(代表取締役:佐藤正隆、大阪市西区)は、地域医療連携推進に真剣に取り組むメディア『medigle press(メディグルプレス)』を全国DPC対象病院へ無料配送しています。

今回はmedigle press vol.2で掲載した久留米大学 佐藤敏信教授への取材記事をWEB版として一般公開しました

  • 地域医療連携システムmedigle(メディグル)について

「メディグル」は大病院の地域医療連携を強化し紹介患者の増加を支援します。

連携先管理などができるCRM(顧客管理)のシステムをベースに、大病院の広報・営業を支援するサービスを提供しています。慶應義塾大学病院様や横浜市立市民病院様をはじめ、民間・公立など経営母体問わず全国の病院様が導入しています。

https://medigle.jp/

  • リタワークス株式会社 概要

「利他の想いと行動で、世界をより良くする」を企業理念に掲げる2008年創業のWEB制作・システム開発会社です。

代表取締役:佐藤 正隆

設立:2008年5月2日

所在地:〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-22-17 西船場辰巳ビル6F

事業内容:業界に特化したプロダクト・サービスの開発、提供

https://ritaworks.jp/

7)音声AI×音声認識の協働研究

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000359.000006776.html

株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下FRONTEO)と株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸、以下アドバンスト・メディア)は、認知症診断支援領域の医療AIソフトウェア開発に向け、共同研究を開始しました

■FRONTEOについて URL:https://www.fronteo.com/

FRONTEOは、自然言語処理に特化した自社開発AIエンジン「KIBIT」と「conceptencoder」を用いて膨大な量のテキストデータの中から意味のある重要な情報を抽出し、企業のビジネスを支援する、データ解析企業です。2003年8月の創業以来、企業の国際訴訟を支援する「eディスカバリ(電子証拠開示)」や、「デジタルフォレンジック調査」というリーガルテック事業をメインに、日本、米国、韓国、台湾とグローバルに事業を展開してきました。リーガルテック事業で培ったAI技術をもとに、2014年よりライフサイエンス分野、ビジネスインテリジェンス分野、OSINTへと事業のフィールドを拡大し、AIを用いて「テキストデータを知見に変える」ことで、創薬支援、認知症診断支援、金融・人事・営業支援など、様々な企業の課題解決に貢献しています。2007年6月26日東証マザーズ上場。2021年1月13日第一種医療機器製造販売業許可(許可番号:13B1X10350)を取得。資本金2,568,651千円(2020年3月31日現在)。


■株式会社アドバンスト・メディアについて URL:https://www.advanced-media.co.jp/

株式会社アドバンスト・メディアは、音声認識技術を主軸とした 3つの形態でサービスを展開し、人と機械との自然なコミュニケーションの実現と、豊かな未来の創造を目指しています。

・AmiVoiceを組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う「ソリューション事業」

・AmiVoiceを組み込んだアプリケーション商品をライセンス販売する「プロダクト事業」

・企業内のユーザーや一般消費者へAmiVoiceをサービス利用の形で提供する「サービス事業」

8)目の健康 VDT

https://www.excite.co.jp/news/article/AllNightNippon_280609/

東京都医師会理事で「大橋眼科クリニック」院長の島﨑美奈子氏が1月29日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。外出自粛中に気にかけるべき目の症状について解説した。

9)医療DX ネクイノ

https://forbesjapan.com/articles/detail/40552

医療分野におけるデジタル技術の進歩と活用が急ピッチで進んでいる。2020年3月に国内でのサービスが開始された第5世代移動通信(5G)は、画像を用いた遠隔医療を加速させた。人工知能(AI)による診断も技術開発が進む。そして新型コロナウイルスの感染拡大は、時限措置ながらオンライン診療を初診にまで拡大させた。

現在、この施策の恒久化が議論されている。このような状況下で、「Personal Health Record(PHR)が実装された社会」という未来像へ向けて邁進するのが、大阪市に拠点を置くネクイノだ。同社の取り組みと、イノベーション都市としての大阪のポテンシャルについて、代表取締役社長の石井健一に聞いた。

10)Carewill ケア衣料

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000054309.html

株式会社みんなで人生会議(本社:東京都豊島区、CEO:笈沼清紀、以降「みんなで人生会議」と表記)は、アートディレクター/グラフィックデザイナーに長嶋りかこ氏、コーポレート・アドバイザーに藤本幸三氏を迎え、4月1日よりケア衣料®︎ブランド”carewill®︎のプロジェクトに関するコミュニケーションを開始し、同時に参画パートナーを募集いたします。今後、取り組みの詳細については、4月下旬リリース予定のcarewill®︎プレローンチサイトを通じて随時お伝えして参ります。

■株式会社みんなで人生会議/会社概要

株式会社みんなで人生会議は、令和元年に創業した、介護、リハビリ、入院のライフスタイルを革新する企業です。 令和元年度東京都主催のビジネスプランコンテスト“TOKYO STARTUP GATEWAY 2019”にて、約 1,800 ものビジネスプランの中から、ファイナリスト 10 件の中に選出。また、令和元年 12 月に行われたファイナリストによるプレゼンテーションで、会場で最も支持・共感の多かった「オーディエンス賞」を受賞。 入院や介護の日々において「選びたい・装いたい・人に見せたい」という着用者の意思を尊重するとともに、 家族へ希望を与えるケア衣料®︎を製造販売する「ケア衣料®︎開発」事業等を展開しています。


株式会社みんなで人生会議

代表取締役 笈沼 清紀

所在地 〒170-0003 東京都豊島区駒込 4 丁目 2 番 24 号

株式会社みんなで人生会議コーポレートサイト:https://www.jinseikaigi.co.jp

越境ECサイト:https://www.carewill.store

carewill®︎公式Twitter:http://twitter.com/carewill_pr

carewill®︎公式note:https://note.com/carewill

carewill®︎公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCkibVev88ZU8rObLJFqcl2w

ケア衣料®ブランド"carewill®︎"クラウドファンディング第一弾:https://camp-fire.jp/projects/view/338835

(クラウドファンディング第一弾は2020年末に目標達成・終了)

11回の閲覧0件のコメント