4/13夕刊 喜業家つぼのヘルスケアNews

ご機嫌様です。喜んで起業、喜業家つぼです。

1:三井物産 遠隔医療ベンチャー出資

2:オンライン健康相談リーバー前橋へ

3:AIoT家電のBtoB事業拡大へ、医療・介護機器との接続を本格化するシャープ

4:オンライン診療サービス「クロン」日本調剤のオンライン服薬指導システムと連携開始

5:スマホでインソール注文

6:薬剤師ヒーロー

7:【マンガで解説】コロナ禍の子どものメンタルケア


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

勉強法や情報収集法を質問されますが、基本的な流し聴きでやっています。おススメの一つ「大前研一ビジネス講義」を⇒に紹介。

1)三井物産 遠隔医療ベンチャーへ出資

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC08CH40Y1A400C2000000/

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70929520S1A410C2TJ2000/

三井物産はこのほど、オンライン診療を手掛けるノーススター(東京・中央)に出資した。同社株を48.5%所有し、国内で小児科向け遠隔診療サービス事業に参入した。月内にもタクシー会社の国際自動車(東京・港)と提携し、救急病院までの配車も行う。将来の成長の柱として、遠隔医療事業の拡大を狙う。

ノーススターは、医療機関が休業時の夜間や休日にオンラインで健康相談や診療を行う小児医療アプリ「キッズドクター」サービスを手...

キッズドクター

https://eversense.co.jp/product/kids-doctor

ノーススター

https://nstr.co.jp/

医療をもっと身近に

灯台が無かった時代、船乗りたちは、北極星を頼りに航海をしていました。 「人々が身体の健康のことで不安になったときに道しるべとなる存在でありたい。」 そうした思いから、私たちは北極星(North Star)という名前を付けました。

人々が本当に必要な医療に辿り着ける一助となること。 患者さんが自分の健康について向き合うきっかけとなること。 現場の医療従事者の方に寄り添ったプロダクトを世に届けること。 テクノロジーを通じてこれまでにない医療の体験を作ること。

それが私たちのミッションです。 医療を身近にすることで、人々が以前よりも、ちょっと幸せでいられる未来。 微力ながら、そんな世界を作っていきたいと考えています。


2)オンライン健康相談 リーバー 前橋市へ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000104.000033619.html

群馬県前橋市が推進するスーパーシティ構想において、株式会社リーバー(本社:茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)が連携事業者に採択されました。医療分野の広範な課題解決に向けて、遠隔医療相談アプリ「リーバー」で得られた知見を活用し、前橋市のスーパーシティ型国家戦略特別区域への指定に向けて協力していきます。 ■株式会社リーバーについて

株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2月に遠隔医療相談サービスを行う目的にて創立されました。 私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての人々に適切な医療が行き渡るよう努めています。

〈会社概要〉

会社名:株式会社リーバー

所在地:茨城県つくば市高野1155-2

代表者:伊藤俊一郎

設立:2017年2月

URL:https://www.leber.jp

事業内容:アプリの企画・開発・運営

3)AIoT家電のBtoB事業拡大へ、医療・介護機器との接続を本格化するシャープ

https://news.mynavi.jp/article/newsinsight-97/

シャープは、AIoT対応のエアコンおよび空気清浄機と、介護施設および病院向けのナースコールシステムと連携させた新たなソリューション提案を開始する。シャープでは、健康や医療、介護といったHealth(ヘルス)事業の拡大を進める一方、家庭を対象に展開してきたAIoT家電の業務利用提案にも力を注ぐ姿勢をみせており、今回の取り組みは、そうした観点からも注目されるものになる。4月以降、介護施設での実証実験を開始し、成果を反映しながら、介護施設向けの提案活動を本格化させることになる。


4)オンライン診療サービス「クロン」、日本調剤のオンライン服薬指導システムと連携開始

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000017806.html

株式会社MICIN(マイシン、本社:東京都千代田区、代表取締役:原 聖吾、以下MICIN)は、自社のオンライン診療サービス「curon(クロン)」(以下、クロン)と、全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 庸介、以下日本調剤)が開発するオンライン服薬指導システム「日本調剤 オンライン薬局サービス」との連携を本日より開始いたしました。

■オンライン診療サービス「curon(クロン)」について

クロンは、株式会社MICINが2016年4月に提供を始めたオンライン診療サービスです。患者はスマートフォン、パソコン、タブレットから、医療機関はパソコンまたはタブレット端末を使用し、予約から問診、診察、決済、処方せんや医薬品の配送手続きまでをオンラインで完結させることができます。クロンは2021年2月時点で5,000件を超える医療機関に導入されています。また、当社が提供する薬局向けオンライン服薬指導サービス「curon(クロン)お薬サポート」と連携しており、患者は同じ「クロン」アプリ上で、薬剤師によるオンライン服薬指導、決済、薬の配送サービスを受けることができます。

・医療機関向けサイト: https://curon.co/

・患者向けサイト: https://app.curon.co/


■「日本調剤 オンライン薬局サービス」について

詳しくはこちらのニュースリリースをご覧ください。

https://www.nicho.co.jp/corporate/newsrelease/20200901_nr2/


【株式会社MICINについて】https://micin.jp

社名:株式会社MICIN(読み方:マイシン、旧・情報医療)

設立:2015年11月26日

所在地:東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル13階

代表者:代表取締役 原 聖吾

事業内容:オンライン診療サービス「クロン」、オンライン服薬指導サービス「クロンお薬サポート」などを手掛けるアプリケーション事業、医薬品の臨床開発向けデジタルソリューション事業、診療・患者生活を支援するデジタルセラピューティクス事業等


5)スマホでインソール注文

https://project.nikkeibp.co.jp/mirakoto/atcl/wellness/h_vol56/

「100歳まで歩ける社会をつくりたい」。そんなビジョンを掲げて手軽にオーダーメイドのインソールを製作するのがジャパンヘルスケアだ。代表を務めるのは現役の足病医(そくびょうい:足の専門医)で、今も現場で“足の悩み”と向き合っている。患者に負担をかけず、環境を変えることで予防医療に取り組むアプローチに込めた思いとは。

HOCOH(ホコウ)

https://hocoh-insole.com/

はじめよう、 新しいボディケアライフスタイル。

オーダーメイドのインソールだから、履くだけで全身ケア

6)薬剤師ヒーロー

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00030/040900030/

Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。そのテーマの一つが、未来の薬局「Beyond Pharmacy」だ。

7)【マンガで解説】コロナ禍の子どものメンタルケア

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000056624.html

救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用を手がける株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、コロナ禍におけるどもたちへのメンタルケアについて、国立大学法人千葉大学医学部附属病院 こどものこころ診療部の佐々木剛副部長・講師 監修により、わかりやすい一枚のマンガにまとめて一般公開しました。「子どものための心理的応急処置(PFA:Psychological First Aid for Children)」を通じたアプローチにより、コロナ禍にある子どもたちの心を健やかに保つ方法を解説しています。家庭、学校、企業、公共機関、町内会等で自由に配布・利用していただくことが可能です。

【株式会社Smart119 会社概要】

会社名: 株式会社Smart119

住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階

設立: 2018年5月

代表者: 中田 孝明

事業内容:

音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用

緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用

災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用

URL: https://smart119.biz

Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp

23回の閲覧0件のコメント