4/8感護師つぼの看護News

ご機嫌様です。感護師つぼです。

  1. 看護師不足に血管穿刺ロボット

  2. 看護学院パワハラ否定

  3. 動物看護大学の発明

昨日4月7日の看護Newsで取り上げた。https://www.ktsubota.com/post/4-7%E6%84%9F%E8%AD%B7%E5%B8%AB%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%AE%E7%9C%8B%E8%AD%B7news

看護学院のパワハラ問題ですが、様々なメディアで取り上げられて話題になっていますが、学院側が否定で訴えてきました。しかしながら、レポート用紙に「は?」ということを記載して返却するなど教育者としてモラルハザードが完全に壊れている事象がいろいろと証拠として出てきているのですが、どうしていくのでしょうか?医療現場の教育の是正の一事例になるのではないか?と思っているのd得引続き注目します。

また、中国はすごいですね。血管穿刺ロボットが登場してきました。ジョンソンアンドジョンソンが以前、麻酔ロボットを開発して麻酔科医の反対でなくなっていきましたが、どうなっていくのでしょうか?

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

1) 看護師不足に血管穿刺ロボット

https://news.yahoo.co.jp/articles/762a6420df73a9fc55f83a5ad8b4e90e2a9de452

中国では看護師不足が深刻化している。中国の保健当局の集計によると、2019年末の時点で中国の看護師は445万人で、人口1000人あたり3.18人となる。この数はEUの1000人あたり8人、米国の同9.8人と比較すると大きく遅れており、全国で約200万~300万人の看護師が不足している計算となる。また、看護師の多くが東南沿海地方と大都市に集中しており、西部や農村部ではより不足しているのが現状だ。

伏羲九針(FUXIJIUZHEN)

http://www.fuxijiuzhen.com/


すでに社会問題となっている看護師不足に対し、人材育成を強化するほか、自動設備を開発する動きも活発化してきた。看護師の日常業務の一つである点滴のサポートを行うロボットを開発する「伏羲九針(FUXIJIUZHEN)」社もその一例だ。同社の「FUXI」ロボットは中国の第3類医療機器登録審査を申請している最中だ。 点滴を行うには静脈穿刺が必要だが、臨床では患者の静脈が見えにくく穿刺が難航することがよく見られる。伏羲九針の創業者・楊帆氏は、「調査した結果、ロボットを使ったほうの精度が高く、患者もロボットのミスなら仕方ないと納得できることがわかった。また、僻地や船舶上、観測基地、宇宙ステーションなど特殊な環境では看護師が少ないため、点滴が必要な患者が治療を受けられない可能性がある。こうした理由から、点滴ロボットの開発を始めた」と話している。 ロボットFUXIの役割は、どのような状況でも血管穿刺ができるようにすることである。現在完成したプロトタイプは各種注射針に対応可能で、看護師が行うのは針の交換のみだ。患者が手を所定の位置に差し出せば、10秒~20秒で血管穿刺が完了する。ここまで開発するのに患者の手の甲の血管エコー画像2万枚以上を集め、動物実験を200回、臨床試験を100回以上行っており、成功率は96%以上となっている。 これだけ高い精度を実現できるのは、ロボットにAIが内蔵されており、絶えずディープラーニングで精度の向上を図れるためだ。また、赤外線静脈検知、エコー画像誘導ナビゲーション、力覚センサーなどの技術も搭載している。同社はこのロボットの開発においてすでに特許を5つ、実用新案を1つ取得済みで、ほかにも10の特許を出願中だ。 プロトタイプのロボットは点滴、輸血のための静脈穿刺、針の留置、バイタルサインの測定、局所麻酔などに使うことができる。使用場所の制限は特になく、感染症病棟でも使用可能だ。 楊氏によると、同社の収益は、初期段階では病院や介護施設へのロボットの販売、レンタル料を中心とする。ロボットのコストが十分に下がれば、ロボット本体を無料で貸し出し、消耗品の販売で収益を挙げるモデルに切り替える可能性がある。 中国の血管穿刺ロボットの市場規模について、同社の試算では2019年時点ではロボット本体が約450億元(約7700億円)、消耗品が約210億~245億元(約3600億円~約4200億円)となっている。また、中国の医療用ロボット市場の年平均成長率は約30%であり、今後さらなる成長が期待できると楊氏は語る。 伏羲九針のロボットはすでに複数の病院で臨床試験とデータ収集を行っており、また麻酔用、腫瘍焼灼用、鍼灸治療用ロボットを開発中だ。こうした開発を加速化させるために、同社は資金調達を計画している。 (翻訳・小六)

2) 看護学院パワハラ否定

https://www.asahi.com/articles/ASP476JF1P47IIPE00R.html

北海道立江差高等看護学院(伊東則彦学院長)の学生たちが「複数の教師によるパワハラ」を告発した問題で、学院を所管する道は7日、学生と保護者を対象に説明会を開いた。学生との意思疎通を図るため教師を増やすなどの対応を示したが、現時点でパワハラは認定しない方針で、学生や保護者は「問題の本質のすり替えで、分かっていない」と反発を強めている。

学院は道立の専修学校で、学生や卒業生らによると、教師の強圧的な言動で多くの学生が留年や休学、退学に追い込まれたという。道は学生らの訴えを受け、3月17、18日に学生や教師らに聞き取り調査を実施。学生は今年3月までの1年間の教師による言動を記録した文書を提出し、抜本的な改善を求めた。

  • 教師から「指導する価値ない」 看護学生らパワハラ訴え

 文書には日付や教師名とともに、「講義に出させてもらえず、単位が取れなかった」「執拗(しつよう)に休学を促された」「課題の提出物を床に投げ捨てられた」「指導してもらった用紙に『は?』とだけ書かれた」「あなたに指導する価値がないと言われた」「看護学実習で肩を強く引っ張られ、尻もちをついた」などの内容が詳細に記録されていた。

 聞き取りや文書などを踏まえ、道は対応策を検討。7日の保護者説明会には約20人が参加し、道からは田原良英・道医務薬務課長らが出席した。

 説明会で道が示した対処方針に…

3)動物看護大学の発明

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ246NI0U1A320C2000000/

ヤマザキ動物看護大学(東京都八王子市)はペット用品販売のペティオ(東京・港)と共同で、牛革素材の猫用おもちゃを開発した。素材や大きさに対する猫の反応を学生が研究して商品開発に生かした。猫の狩猟本能を刺激してストレスを解消させ、健康につなげる。

牛革素材のボール(657円、税込み・以下同)と猫じゃらし(437円)、エビ型のぬいぐるみ(1958円)を開発した。2月からペティオのネット通販サイトで販売し

32回の閲覧0件のコメント