オンライン医療相談のO2O・オンライン心臓リハビリなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

オンラインでの医療相談サービスキッズドクターを提供するノーススターと実際の緊急往診サービスも持つコールドクターの提携によって、オンライン完結ではなく、オンラインtoオフライン(O2O)サービスが出来上がりましたね。これは今後のオンライン診療はハイブリッド活用が重要だと話されていますが、オンライン医療相談の世界ではスタンダードなサービスになっていきそうで注目しています。また、日本心臓リハビリテーション学会が発行するリハビリ資格を持つ方々がプロデュースされたオンラインリハビリの仕組みは、今後どのように普及していくのか?リハビリテーションはやはり在宅でオンラインになっていくのか?こちらも要チェックです。


1)オンライン診療のO2O

2)オンライン心臓リハビリ

3)企業向けオンライン診療共同プロジェクト

4)オンライン診療の制度変化 2021年秋

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)オンライン診療のO2O

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000077866.html

株式会社ノーススター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田北浩大)と株式会社コールドクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中原毅、代表取締役:合田武広)は、2021円6月28日より、時間外の小児健康相談アプリ「キッズドクター」において連携を開始し、東京市部と大阪エリアでの往診サービスの提供を開始致しました。

【キッズドクター概要】

キッズドクターは、子供の健康で悩んでいるママやパパへ「医師や看護師に気軽に相談できる安心」を届けるために生まれたサービスです。

平日夜間や休日の病院が開いていない時間の子供の急な体調不良の際に、看護師による『チャット健康相談』や、スマホで医師の診察が受けられる『オンライン診療』や自宅に医師が来てくれる『往診』サービスが受けられます。

【コールドクターについて】

「コールドクター」は、健康保険が適用可能な夜間・休日の往診サービスです。「コールドクター」には、医療機関との連携により400名以上の医師が登録しており、急な体調不良時にも安心してご相談いただくことができます。

<株式会社ノーススター>

■所在地:東京都中央区日本橋馬喰町2-7-15ザ・パークレックス日本橋馬喰町5階

■代表者:田北 浩大

■設立:2021年1月28日

■事業内容 :インターネットを利用した医療・ヘルスケア関連サービスの提供

■URL:https://nstr.co.jp/


<株式会社コールドクター>

■本社:東京都渋谷区松濤1丁目28-2

■代表者:中原 毅

■設立:2018年10月17日

■事業内容:「コールドクター」の管理・運営

■電話番号:0120-897-146

■URL:https://calldoctor.jp/


2)オンライン心臓リハビリ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000082264.html

一般社団法人日本遠隔運動療法協会(東京都品川区西品川1-4-8、代表理事:片桐敬)は、NPO法人ジャパンハートクラブと協力し、オンラインで生活習慣改善プログラム(一次予防)と循環器病の再発予防(=維持期心臓リハビリテーション)への運動療法を提供するサービス「Tele-MedEx Club(テレ・メディックス・クラブ)」の受付を2021年7月より開始いたします。

 コロナ禍の今、病院外来受診に不安や抵抗を感じる人は少なくないと思われます。

また、病院への移動や受診の待ち時間なども、負担があるかと思われます。

 その方々の生活に寄り添うケアサポート、それが自宅で行えるオンライン型 生活習慣改善プログラム(一次予防)と循環器病の再発予防(=維持期心臓リハビリテーション)の実現です。

会社名:一般社団法人日本遠隔運動療法協会(JARET)

所在地:東京都品川区西品川1-4-8

代表者:片桐敬

設立:2020年6月

URL:https://www.jaret.jp

事業内容:・遠隔運動療法の提供(主にシステムの販売、貸出及び輸出入)

・在宅リハビリテーション及び包括的生活習慣改善・健康増進の指導

・ウェブコンテンツ及びデジタルコンテンツの配信

・研究活動の支援

・医療情報の提供及び医療施設の紹介

《一般社団法人日本遠隔運動療法協会(JARET)について》

心臓リハビリテーションにかかわる多職種の日本を代表するメンバーならびに遠隔医療やヘルスケアIoTの専門家を中心に結成された組織です。NPO法人ジャパンハートクラブと協力し、参加者の脈拍、血圧などの情報をモニターしつつ、遠隔で運動療法を提供する仕組みの確立と普及を目指しています。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000082264&g=prt

日本心臓リハビリテーション学会認定心リハ指導士がサポート


3)企業向けオンライン診療共同プロジェクト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000016325.html

一般社団法人テレメディーズ(代表理事 谷田部 淳一、所在地:東京都千代田区、以下:テレメディーズ)およびポート株式会社(代表取締役社長 春日 博文、 本社:東京都新宿区、以下ポート)は、テレメディーズが提供している高血圧オンライン診療支援サービス「テレメディーズ® BP」の機能が、大手専門商社である興和株式会社(所在地:愛知県名古屋市、以下興和)のアドバンス健康経営プログラムに導入されたことをお知らせします。

社名: 一般社団法人テレメディーズ(URL: https://telemedease.org/

設立:2018年5月17日(高血圧の日/国際高血圧デー)

所在地:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア

代表理事:谷田部 淳一

事業内容:オンライン診療支援事業、ヘルスプロモーション事業


4)オンライン診療の制度変化 2021年秋

https://gemmed.ghc-j.com/?p=41264

初診からのオンライン診療(オンライン初診)の恒久化・制度化に向けて、今後「必要となる医学的情報とはどのようなものが該当するか」「かかりつけ患者でない場合などにもオンライン初診を可能とするための『オンラインでの事前のやりとり』をどのようなものとするか」「オンライン初診に適さない症状・医薬品等情報をどう整理するか」などを詰めていく―。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/202107/570973.html

厚生労働省は2021年6月30日、「2020年社会医療診療行為別統計」を公表した。2020年6月審査分(5月診療分)レセプトで、初診料の算定回数が前年比4割減ったことが分かった。一方、電話等再診料の算定回数は前年比5.7倍に急増。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が鮮明に表れる結果となった。

7回の閲覧0件のコメント