• Kosuke Tsubota

薄毛の遠隔医療やドコモの遠隔医療など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

AGAは、通院に羞恥があるので、遠隔医療との相性がいいとオンライン診療が開始される時にいろいろと話題になっていたのですが、今まであまりオンライン診療で力を入れているところはなかったんですね。


1)完全非接触薄毛遠隔医療

2)ドコモの遠隔内視鏡医療実験

3)5G遠隔医療

4)万能ワクチン

5)コロナ対策の遠隔医療

6)岡山大学の研究促進方法

7)フェムテック

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)完全非接触薄毛遠隔医療

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000042910.html

Dクリニック新宿(所在地:東京都新宿区、院長:小山太郎)は、2021年6月3日(木)より新規開院いたします。Dクリニックとしては全国で6院目。Dクリニックは、国内で最も歴史のある薄毛治療専門クリニックとして、国内最多の臨床数を有し、この21年間で来院実績は255万人以上※3と、多くの患者様の薄毛に対するお悩みに向き合ってきました。この度開院するDクリニック新宿は、近年需要が増加する中で新型コロナウイルス感染症拡大による影響も伴い拡大したAGAのオンライン診療を特徴としており、7月上旬には独自のオンライン診療システムをローンチいたします。対面と変わらない完全非接触による診断及び治療を実現いたしました。

https://www.work-master.net/2021220381

Dクリニックでは、遠方に住み、定期的な通院が困難な人へオンライン診療を導入。2020年には新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、初診でのオンライン診療を可能とし、オンライン診療の受診を加速させた。結果、2020年度のオンライン診療の受診件数は昨年対比約300%と、需要の急増も明らかとなった。さらにAGA治療の市場拡大に伴い、Dクリニックの売上は、昨年対比約115%を達成。近年の市場動向や、感染症拡大に伴い定着しつつあるオンライン診療が今後も拡大する見込みがあることから、今後もさらなる需要拡大を見据え、この度Dクリニック新宿の開業に至った。

https://www.work-master.net/2021220280

ナチュラルAGAクリニックは5月19日に開業した。薄毛治療を専門とし、「薬に頼らないAGA治療」という新しい発想で自然な発毛治療の実現を目指すクリニックとなる。


2)ドコモの遠隔内視鏡医療実験

https://ascii.jp/elem/000/004/056/4056124/

NTTドコモは5月24日、高精細映像伝送システムを用いた4K映像による消化器内視鏡映像のリアルタイム伝送の実証実験に成功したと発表した。


3)5G遠隔医療

https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/8329/Default.aspx

今やビジネス現場における映像活用は当たり前の時代。ケーブル配線による制約を受けない無線通信を駆使すれば、その利用シーンはさらに広がる。特に、高精細映像をリアルタイム伝送できる5Gはぜひとも活用すべきだ。LTE時代からこの分野を得意とするハイテクインターはいち早く、このニーズに応える5G/ローカル5G映像伝送システムを準備した。


4)万能ワクチン

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00009/052100111/

その一方で「すべての人に効くものを開発する」という逆の動きもある。「科学技術メディア『ネイチャー』において、ユニバーサルワクチン(万能ワクチン)を開発すべきと発表した」。こう語るのは、エクサウィザーズが2021年5月19日に開催したオンラインイベントに登壇した米国スクリプス研究所のエリック・トポル教授だ。トポル氏は、日本でも翻訳出版された「ディープ・メディスン」の著者としても知られる。著書タイトルの「ディープ」は、AI(人工知能)の主要技術であるディープ・ラーニング(深層学習)にかけたものであり、同書ではAIを活用した未来の医療の姿を描いている。


5)コロナ対策の遠隔医療

https://www.47news.jp/medical/6297637.html

岡山市は、自宅で療養中の新型コロナウイルス感染症患者の体調悪化などに備えるため、市内医療機関が往診やオンライン診療を行う仕組みを整えた。月内にもスタートする。岡山県によると、県内では初めての取り組み ...


6)岡山大学の研究促進方法

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000092.000072793.html

製薬企業5社による、各社が行う研究公募プログラムの共同説明会を、2021年6月11日(金) 17:30~19:00にオンライン形式で開催いたします。また、製薬企業の担当者と個別に面談する機会も、別途設けます。この機会に、共同研究に関する疑問や企業の考え方など、日頃感じておられる様々な疑問について相談してみてはいかがでしょうか。


7)フェムテック

https://news.yahoo.co.jp/articles/062a844bb124984b5308aed750c3c1413c105ec2

コメンテーターとしても活躍中の公認心理師山名裕子氏が、女性の健康課題に関する情報サイト「フェムテックtv」で女性の心のケアなどを解説する連載「ココロの処方箋」をスタートさせた。

https://mainichi.jp/articles/20210525/ddm/008/020/121000c

「女性の社会進出」が叫ばれて久しい日本。しかし世界ジェンダー平等ランキングでは毎年下位に沈み、うまくいっているとは言いがたい。実際、記者(28)は女性特有の体の変化に対応しきれず、仕事との両立に悩むことがしばしばだ。男女格差の是正を急ぐ欧米では、こうした女性の健康に関わる問題をテクノロジーで解決する「フェムテック(Femtech)」が急成長を遂げているという。どういうことか取材した。


9回の閲覧0件のコメント