【医療AI】異常検知AIカオスマップ・院長を社長に変えるAI・大阪万博でAI診療体験などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

異常検知AIカオスマップの中に画像カテゴリーの中ですが、医療カテゴリーが出来ました。とても少ないように見えますが、他業種からみると8社が目に留まったようです。

  1. 自治医大発ベンチャーDeepeyevision https://deepeyevision.com/

  2. FUJIFILM http://reili.fujifilm.com/ja/#home

  3. VUNO https://www.vuno.co/

  4. VERIFY https://verify.innorules-ai.com/

  5. EIRL https://eirl.ai/ja/

  6. Perspectum https://perspectum.com/

  7. AMIAS https://www.optim.co.jp/medical/amias/

  8. Micron https://micron-kobe.com/

1)大阪万博でAI診療体験

2)生体移植AI

3)院長を社長に変えるAI AIM

4)MRI乳がん検診AI

5)異常検知AIカオスマップ


1)大阪万博でAI診療体験

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210823/2000050406.html

2025年に開かれる大阪・関西万博で大阪府や大阪市、それに経済界などが出展する「大阪パビリオン」では、乗り物に乗りながら健康状態をチェックしたり、AIを使った診療を体験したりする展示が検討されています。


2)生体移植AI

https://aitimes.media/2021/08/23/8788/

AIの臨床応用が進む中で、システム自体を生体内へ埋め込むには技術的な課題が残されている。独ドレスデン工科大学の研究チームは、生体適合性のある埋め込み型AIプラットフォームの開発に成功している。

ドレスデン工科大学のニュースリリースでは、学術誌 Science Advancesに掲載された同研究の成果を紹介している。チームはポリマー繊維を用い、人間の脳神経系に似た構造のネットワークを構築することで「ニューロモルフィックAI」の原理を実現した。ネットワークはペースメーカよりも省エネルギーで、生体からのわずかな信号変化も増幅可能という。その試験では、健康な心拍と3種の不整脈を88%の精度で識別することができた。


3)院長を社長に変えるAI AIM

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t333/202108/571500.html

内視鏡画像診断支援AIを開発するAIメディカルサービス(東京都豊島区)。2017年9月に創業され、2022年には世界初の胃癌鑑別AIの上市を目指している。CEOを務めるのは、臨床医の多田智裕氏。年間8000件の内視鏡検査を行うクリニックの院長が半ば異分野で起業に至った経緯とは──?


4)MRI乳がん検診AI

https://aitimes.media/2021/08/23/8792/

高濃度乳房(デンスブレスト)は乳腺組織の豊富な乳房を指すが、一般的な乳房に比べると乳がん発症率が高いことも知られている。一方、デンスブレストはマンモグラフィ写真において全域が白く写るため、病変の識別が容易でない。

デンスブレストにおけるマンモグラフィを代替し得るスクリーニングツールとして、MRIを用いた検診がある。現代の医療水準では、これが乳がん診断において最も感度の高い画像技術となるが、高感度故に「他のスクリーニング手法では見過ごされていた良性病変」が容易に検出され、追加の精密検査を要することとなる。結果的に患者予後の改善に寄与しない部分において、患者負担および医療費の増大を引き起こすという問題点があった。オランダ・ユトレヒト大学医療センターの研究チームは、MRI乳がん検診において「真陽性と偽陽性を区別するための新しい予測モデル」を構築した。 Radiologyからこのほど公開されたチームの研究論文によると、MRIで得られた画像所見と臨床所見から、多変量ロジスティック回帰でこの予測モデルを構築したという。454名のMRI陽性者に対して前向き試験を行ったところ、実際に乳がんであった真陽性は79名で、375名が偽陽性であった。この集団に予測モデルを適用したところ、実に偽陽性の45.5%、不要な生検の21.3%を回避できる推計となった。


5)異常検知AIカオスマップ

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000058.000053344&g=prt

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、異常検知関連サービスをまとめた「異常検知AIカオスマップ」を2021年8月23日に公開します。掲載数は合計で70サービス。

さらに「画像」では、食品や素材の傷をチェックする目視検査などを自動化する「外観検査」、CTやMRIなどの医療画像から腫瘍などを検出する「医療診断」、ドローンが撮影した画像をAIが診断する「設備点検」と3つに分類。「時系列データ」は「センサーデータ」を分析するAI、機械音や電話などの音声を解析する「異音検知」、「監視カメラ」の映像の異常を検知するAIの3つに分かれます。

■AIポータルメディア「AIsmiley」の概要

AIsmileyは人工知能を搭載したサービスの資料が請求できるAIポータルメディアです。

Webサイト上で気になる技術や業種・業態の事例からAIプロダクトを選び、まとめて無料で資料請求できます。


異常検知AIを各サービス毎に無料で資料請求したい方は下記URLからお求めください。


・異常検知AIのサービス比較と企業一覧

URL:https://ai-products.net/category_page/anomaly-detection/



■アイスマイリーの会社概要

会社名:株式会社アイスマイリー

所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-8-5岩崎ビル3F

設立年月日:2018年3月9日

代表者:代表取締役 板羽 晃司

資本金:14,990千円

URL:https://aismiley.co.jp/

12回の閲覧0件のコメント