営業トーク分析Gong250億円調達など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。


喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。 資金調達したスタートアップのニュースをみることは、起業家としては、資本政策の勉強にもなりますし、広報やメディアコミュニケーションの学びにもなります。そして、ビジョンや目的は、組織マネジメントや採用戦略なども分かります。せっかく公表してくれているので、ちょっと斜め見でも学んでみましょ♪


1)営業トーク分析Gong.io250億円資金調達

2)産業用ロボット制御 34.6億円資金調達

3)フェムテックRine 5000万円資金調達

4)クラウドファンディング支援 名古屋商工会議所

5)インドネシアスマートシティプラットフォームにKDDI出資

6)ビジネスチャット12.3億円資金調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)営業トーク分析Gong.io250億円資金調達

https://thebridge.jp/2021/06/ai-powered-sales-enablement-platform-gong-raises-250m

エンタープライズ向けセールスイネーブルメントプラットフォーム「Gong.io」運営は3日、シリーズ E ラウンドで2億5,000万米ドルを調達し、同社の時価総額は前回の時価総額(22億ドル)の3倍以上となる72億5,000万米ドルに達した。CEO 兼共同創業者 Amit Bendov 氏によると、今回の資金調達により Gong の累積調達額は5億8,400万米ドルとなり、調達した資金は製品開発、雇用、顧客獲得などに充てられるとのことだ。


2)産業用ロボット制御 34.6億円資金調達

https://jp.techcrunch.com/2021/06/05/2021-06-03-realtime-robotics-raises-a-31m-series-a/

ボストンを拠点とするRealtime Robotics(リアルタイム・ロボティクス)は米国時間6月3日朝、3140万ドル(約34億6000万円)の資金調達を発表した。これは同社がかなり前となる2019年末に1170万ドル(約12億9000万円)の調達を発表したシリーズAラウンドの一部で、投資家にはHAHN Automation(ハーン・オートメーション)、SAIC Capital(上汽投資)、Soundproof Ventures(サウンドプルーフ・ベンチャーズ)、Heroic Ventures(ヒロイック・ベンチャーズ)、SPARX Asset Management(スパークス・アセット・マネジメント)、Omron Ventures(オムロン・ベンチャーズ)、Toyota AI Ventures(トヨタAIベンチャーズ)、Scrum Ventures(スクラム・ベンチャーズ)、Duke Angels(デューク・エンジェルス)などが名を連ねている。


3)フェムテックRine 5000万円資金調達

https://jp.techcrunch.com/2021/06/03/neith/

フェムテックブランド「Rinē」(リネ)を展開するNeith(ネイト)は6月3日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資およびデットファイナンスによる総額約5000万円の資金調達を発表した。引受先は個人投資家など。

https://rine.tokyo/

https://www.neithinc.jp/

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000079561&g=prt

6月10日(木)の本発売に先立ち、「Rinē」第一弾商品となる「吸水ショーツ」の先行予約販売を6月3日(木)より開始

https://thebridge.jp/2021/06/neith-jpy50m-funding

フェムテックブランド「Rinē(リネ)」を展開する Neith は6月3日、個人投資家等を引受先とする第三者割当増資の実施及びデットファイナンスによる総額約5,000万円の資金調達を発表した。本ラウンドに参加したのは、島田亨氏(個人投資家)、石倉壱彦氏(アカツキ執行役員)、花房香那(藤井香那)氏(トリコ 代表取締役CEO)、南里勇気氏(Bison Holdings CEO)。


4)クラウドファンディング支援 名古屋商工会議所

https://mainichi.jp/articles/20210605/ddl/k23/020/160000c

名古屋商工会議所が企業の資金調達や顧客開拓を支援するクラウドファンディング(CF)サポートセンターを開設した。インターネットを通じて支援金を募る際、プロジェクトの開始から文章や画像作成のノウハウまでを無料でサポートする。


5)インドネシアスマートシティプラットフォームにKDDI出資

https://thebridge.jp/2021/06/perangkat-deteksi-covid-19-qlue

KDDI(東証:9433)は、インドネシアを中心とした東南アジア市場におけるデジタルトランスフォーメーションの推進を目的として、スマートシティプラットフォーム開発企業 Qlue への出資を発表した。今後、Qlue が開発する各種プラットフォームと、KDDI の東南アジアにおける技術基盤サービスなどの事業基盤を連携する。


6)ビジネスチャット12.3億円資金調達

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000122.000022208&g=prt

株式会社L is B (エルイズビー 本社:東京都千代田区、代表取締役:横井太輔、以下L is B)は、株式会社チェンジ、大和企業投資株式会社、イノベーション・エンジン株式会社、みずほキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資および株式会社日本政策金融公庫などからの融資により、総額12億3,000万円の資金調達を実施しましたことをお知らせいたします。

13回の閲覧0件のコメント