• Kosuke Tsubota

国内外のアグリテック

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

ふと、国内外のアグリテックが気になったので調べました。メモ代わりにブログ


1)インドア農業Bowery Farming

2)東南アジアセカイマルシェ

3)オーガニック農業 坂ノ途中 資金調達

4)アフリカ農家SNS 250万人ユーザー

5)日本の農業SNS Veggie

6)地産食料品宅配のGood Eggs

7)シェア畑

8)ポケットマルシェ

9)衛星活用した遠隔農業

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)インドア農業Bowery Farming

https://jp.techcrunch.com/2021/05/26/2021-05-25-indoor-farming-company-bowery-raises-300m/

ニューヨークを拠点とする垂直農法のスタートアップBowery Farmingは米国時間5月25日、3億ドル(約326億円)のシリーズC調達を発表した。このラウンドにより同社の資金調達総額は4億7200万ドル(約513億円)を超え、同社の企業価値は23億ドル(約2502億)となる。


2)東南アジアセカイマルシェ

https://jp.techcrunch.com/2021/05/18/2021-5-18-secaimarche-raised-150m/

受注から配送・決済まで独自フルフィルメントサービスで小規模生産者と飲食店とを直接つなぐ、東南アジア産直ECプラットフォームSECAI MARCHE(セカイマルシェ)が、Beyond Next Ventures、楽天ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1億5000万円を調達した。


3)オーガニック農業 坂ノ途中 資金調達

https://jp.techcrunch.com/2021/05/14/on-the-slope-2/

新規就農者をメインパートナーに、環境負荷の小さな農業に取り組む生産者の野菜を販売する「坂ノ途中」は5月14日、第三者割当増資および融資による総額8億3108万8000円の資金調達を発表した。引受先は、MSIVC2020V投資事業有限責任組合(三井住友海上キャピタル)、ハウス食品グループイノベーションファンド、味の素など。借入先は日本政策金融公庫など。累計調達額は約13億7200万円となった。


4)アフリカ農家SNS 250万人ユーザー

https://jp.techcrunch.com/2021/05/10/2021-03-09-wefarm-adds-11m-to-expand-its-network-for-independent-farmers-now-at-2-5m-users/

スタートアップの大多数は、消費者や知識労働者、中でも完全にデジタル化された環境、あるいは少なくとも部分的デジタル化した環境で働く人々に対へのサービス提供に力を注いでいる。しかし2021年3月、おそらく最もデジタル化されていない分野の1つである、発展途上国の小規模独立農家に向けたソーシャルネットワークを構築するスタートアップへの資金提供のニュースが入ってきた。


5)日本の農業SNS Veggie

https://jp.techcrunch.com/2021/05/06/veggiejapan/

生産者と消費者をつなぎ、家庭菜園をも含む日本の農業に新しい風を起こすVeggie(ベジー)は、5月4日、国内初の農業に特化したプラットフォーム農業SNS「Veggie」(ベジー)のリリースを発表した。現在、ウェブ版とiOS用アプリで利用できる。


6)地産食料品宅配のGood Eggs

https://jp.techcrunch.com/2021/02/08/2021-02-03-good-eggs-funding-2/

食料品宅配スタートアップのGood Eggs(グッドエッグズ)が、新たに1億ドル(約106億ドル)の資金調達を行い、2021年夏か秋に南カリフォルニアでの事業開始を計画していると発表した。


7)シェア畑

https://jp.techcrunch.com/2021/03/11/agrimedia-fundraising-3/

サービス・サポート付き市民農園「シェア畑」などを手がけるアグリメディアは3月10日、第三者割当増資による約3億5000万円の資金調達を発表した。引受先は、三井不動産のCVCファンド「31VENTURES Global Innovation Fund II」、博報堂DYグループCVCの博報堂DYベンチャーズが運営する「HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND」、西日本旅客鉄道のCVC子会社JR西日本ベンチャーズの3社。


8)ポケットマルシェ

https://jp.techcrunch.com/2020/12/21/poke-m-raises/

生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」(Android版iOS版)を運営するポケットマルシェは12月21日、シリーズBエクステンションラウンドにおいて第三者割当増資を実施したと発表した。引受先は、農林中央金庫。


9)衛星活用した遠隔農業

https://jp.techcrunch.com/2021/04/23/2021-04-21-onesoil-raises-5-million-for-its-farm-monitoring-tech/

農家が畑を監視して収穫量を増やすための技術を提供しているOneSoil(ワンソイル)は、国際的な投資家であるAlmaz Capital(アルマズ・キャピタル)とPortfoLion(ポートフォリオン)から500万ドル(約5億4000万円)を調達した。



22回の閲覧0件のコメント