【医療AI】自閉スペクトラム症スクリーニングAI・脳核医学検査AIなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの医療AIニュース何卒よろしくお願いいたします。

動画からAIが診断できる時代がくると2015年から言っていましたが、本当に来ましたね!

特に子供の診断の難しさには活用できるといっていましたが、それを創り上げる難しさも想像を絶します。というのは、昨年千葉大学メディカルイノベーション戦略プログラムで、SMA BABY CHECKERも作らせて頂いたハッカソン優勝させて頂きましたが、データを集めるところから悩むところが多々ありました。本当にこのジュネーブ大学の研究者の方々すごいなぁ



1)動画で自閉スペクトラム症スクリーニングAI

2)脳核医学検査AI

3)次世代型診察支援システム

4)認知症会話診断AI FRONTEO 管理医療機器販売業届け出で大幅反発


1)動画で自閉スペクトラム症スクリーニングAI

https://aitimes.media/2021/09/09/8922/

自閉スペクトラム症(ASD)は、社会的コミュニケーションなどに困難を伴う先天的な発達障害である。早期の療育プログラムが良好な結果をもたらすが、近年の報告では「70%以上のASD児が生後51ヶ月までの診断に至っていない」という。信頼できるバイオマーカーは確立されておらず、ASDの診断は行動症状を特定することに依存している。

スイス・ジュネーブ大学(UNIGE)の研究チームは、子どもが大人と遊んでいる様子を撮影したビデオから、5歳未満のASDを80.9%の精度で判別するAI解析手法を開発した。研究成果は学術誌 Scientific Reportsに発表されている。同研究では、人体の骨格を検出できるAIシステム「OpenPose」を利用し、ASD児に特徴的な非言語的行動(指差しや周囲への関心の持ち方など)を識別できるアルゴリズムを訓練した。遊びのシナリオは設定されておらず、10分程度の動画内容があればASDの初期評価を自動で行うことができる。


2)脳核医学検査AI

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000085937.html

株式会社フォーカスシステムズ(東京都品川区、代表取締役社長:森啓一)は、横浜市立大学放射線診断学教室(宇都宮大輔教授、石渡義之助教)と、脳の核医学検査において、「SPECT装置」で生成された画像をAIで高精度化する共同研究(以下、「同研究」)を開始しました。

【フォーカスシステムズについて】

株式会社フォーカスシステムズは、1977年に設立され、公共・通信ほか、社会性の高い分野におけるシステム開発・運⽤に携わるだけでなく、 IoT、クラウドや AI 等、時代の流れを⾒据えたビジネス展開も積極的に推進しています。コーポレートスローガンは “テクノロジーに、ハートを込めて。” 人と人とを技術でつなぐ私たちフォーカスシステムズの仕事に、社員ひとりひとりが、情熱と誠意を持って臨む姿勢を込めました。

HP: https://www.focus-s.com/


3)次世代型診察支援システム

https://aitimes.media/2021/09/09/8938/

オランダ・アイントホーフェンに本拠を置くAutoscriberは、医師と患者の会話を記録し要約するAI駆動の音声認識ソフトウェアを提供している。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、医師の燃え尽きが世界的に深刻な問題となるなか、「医療者の負担を軽減しワークフローを効率化するシステム」への期待は大きい。

Autoscriberは、ライデン大学メディカルセンターのClinical Artificial Intelligence and Research Lab(CAIRELab)と共同開発されたAIソフトウェアで、患者と医療者のためのシームレスな臨床対話を可能とすることを目指す。Autoscriberは、診察中の臨床的概念を抽出・記録し、サマリーを自動生成するとともに、結果を患者の電子カルテに統合することで診断と個別ケアのリアルタイムなサポートを実現する。


4)認知症会話診断AI FRONTEO 管理医療機器販売業届け出で大幅反発

https://shikiho.jp/news/0/454165

AIソリューション事業などを展開するFRONTEO(2158)が大幅反発。午前9時14分現在、前日比123円(7.2%)高の1830円で推移している。8日引け後、東京都に管理医療機器販売業の届け出を行い、受理されたと発表。これが材料視されたようだ。





11回の閲覧0件のコメント