カウンセリングマッチング・おむつのサブスク手ぶら登園などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

カウンセリングサービスは、カウンセラーと相談者の相性の重要性があると思っていますが、相性が悪かった時に新たに調整することが難しい現状です。また、新たにカウンセリングサービスを開始するのにも、メンタルブロックがあって難しいところに、簡単にアクセスが出来てマッチングしてもらえるというサービスは、コロナ渦もあって伸びていくのではないでしょうか?心理士関係の国家資格が出来てもうそろそろで10年、メンタルヘルスサービスのネクストジェネレーションかな?

また、シニア世代見守りサービスMIHARU 直接、相棒になる方が定期訪問してくれるのっていいですよね。介護保険で定期巡回というものはありますが、保険サービス外でそのようなものは、地域の活動やボランティアぐらいしかなかったので、それをビジネスとして展開しようとする若い世代が出てきたのは、今後の成長に期待です。

保育園に行くのに、おむつを全て名前をつけて準備しなければいけないのって、何かサービスできないかな?といつも考えながら、名前を書いていました。今回サービスが出来てきたのは、もっと早くほしかったという形でワクワクしました。


1)相談者と有資格カウンセラーのマッチングUnlace 6000万円調達

2)シニア世代の見守りサービス MIHARU

3)おむつのサブスク 手ぶら登園 5億円調達

4)フェムテック元Clueまとめ

5)コロナ渦で看護学生健康ITモニタリング

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)相談者と有資格カウンセラーのマッチングUnlace 6000万円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/08/02/unlace-raised-60m-jpy/

完全オンラインで事前予約など必要がなく、24時間いつでも適切なカウンセラーとマッチングしてくれるオンライン・カウンセリングサービス「Unlace」(アンレース)を開発・運営するUnlaceは8月2日、J-KISS型新株予約権による約6000万円の資金調達を発表した。引受先は、デライト・ベンチャーズ、Z Venture Capitalのほか、赤坂優氏(franky代表取締役)、西川順氏(franky取締役COO)、石橋準也氏(エウレカ代表取締役CEO)、中村裕一氏(エウレカ取締役CMO)などのエンジェル投資家。


2)シニア世代の見守りサービス MIHARU 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000068494.html

シニア世代向け暮らしの相棒サービスを運営する株式会社MIHARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役:赤木円香、以下MIHARU)は、mint(本社:東京都渋谷区、代表:木暮圭佑)、ANRI(本社:東京都渋谷区、代表:佐俣アンリ)、Z Venture Capital(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀 新一郎)、及び個人投資家複数名を引受先とする第三者割当増資により、数千万の資金調達を実施しました。

  • 暮らしの相棒「もっとメイト」サービス概要


「もっとメイト」は、シニアの孤独感解消と⾃尊⼼向上を⽬的とした、暮らしの相棒サービスです。⾃宅訪問型で個別対応によって、お⼀⼈お⼀⼈の潜在的なご要望を引き出し実現させていくサービスです。孫世代の若いスタッフが定期的にお客様のお宅を訪問し、ご要望に合わせたオリジナルプログラムを作成、暮らしがもっと豊かに楽しくなるサポートをします。サポート内容は、スマートフォンやパソコンなどのデジタル⽀援やお話相⼿など多岐にわたります。利⽤されているお客様から、「ちょっと出来のいい孫ができたみたい」「若いお友達ができた」「⽼後に光が差し込んだ!」とのお声をいただいております。


もっとメイト:https://motto-mate.com/

もっとメイトデジタル:https://motto-mate.com/digital/


会社概要

名称:株式会社MIHARU

代表:赤木円香

所在地:東京都渋谷区神宮前3-37-1-1108

事業内容:シニア向け暮らしサポートサービス・親孝行提案サービス

設立:2020年1月10日

資本金:300万円

電話番号:03-4500-8359

メールアドレス:info@miharu-inc.jp


3)おむつのサブスク 手ぶら登園 5億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/07/30/baby-job-fundraising/

保育施設で紙おむつが使い放題になるサブスク「手ぶら登園」を手がけるBABY JOBは7月30日、約5億円の資金調達を発表した。引受先は、DIMENSION、ハックベンチャーズ、栖峰投資ワークス、SMBCベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタル、ダイレクトマーケティングミックス、iSGSインベストメントワークス、みずほキャピタル。調達した資金は、手ぶら登園や新規事業に関わるシステム開発、さらなる顧客施設拡大に向けた営業・マーケティング活動、優秀な人材の採用活動などに投資する予定。事業基盤・経営基盤を強化することで、中長期的な成長を加速させ、「すべての人が子育てを楽しいと思える社会」の実現を目指す。手ぶら登園は、保護者側の「紙おむつに手書きで名前を書いて持参する」という手間、また保育士側でのおむつの個別管理の手間がなくなるという、保護者・保育士双方の課題を解決するサービス。2019年7月に本格的に開始し、2021年7月時点で1000施設以上の保育施設で導入されているそうだ。


4)フェムテック元Clueまとめ

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ad9f28d6532748a22399ac8c983d00d77086f5

2020年から日本でも広がりはじめたフェムテック。Female(女性)×Technology(テクノロジー)をかけ合わせた造語で、生物学的女性の健康課題をテクノロジーで解決するヘルスケアのジャンルです。


5)コロナ渦で看護学生健康ITモニタリング

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000004.000073842&g=prt

明石医療センター附属看護専門学校(兵庫県明石市)は、からだポータル株式会社(大阪府高槻市)の学生検温管理システムを導入いたしました。2021年8月1日より稼働し、夏季休暇中の学生の健康状態もリアルタイムに把握できるようになります。

15回の閲覧0件のコメント