• Kosuke Tsubota

秘密計算エンジン2億円資金調達など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。


喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

1)秘密計算エンジン2億円資金調達

2)小学館からYouTubeアニメ制作会社資金調達

3)次世代CMSに5750万ドル資金調達

4)映画の多様性Jumpcut 資金調達


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)秘密計算エンジン2億円資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000046917.html

株式会社Acompany(アカンパニー、所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長 CEO:高橋亮祐、以下「Acompany」)は、ANRI、Beyond Next Venturesの2社をリードインベスターとして、DG Daiwa Ventures、epiST VenturesからプレシリーズAラウンドで総額2億円の資金調達を実施いたしました。調達した資金は、プロダクト開発、秘密計算アルゴリズムの研究開発及び採用・組織体制の強化への投資を予定しています。

■株式会社Acompanyとは

株式会社Acompanyは、"データを価値に進化させる。"というミッションのもと、プライバシー情報や機密情報などの活用が難しいデータに対し秘密計算技術を軸に、プライバシー保護とデータ活用の両立を実現する名古屋大学及び名古屋工業大学発スタートアップです。主に、独自開発の秘密計算エンジン「QuickMPC」の提供を軸に、プライバシー保護及びセキュリティに関するソリューションを展開しています。


株式会社Acompany:https://acompany.tech

秘密計算エンジン「QuickMPC®︎」プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000046917.html

■会社概要

社名 :株式会社Acompany

代表者 :代表取締役社長 CEO 高橋亮祐

所在地 :愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-3JRゲートタワー27F OICX

創業 :2018年6月

ミッション:データを価値に進化させる

事業内容:秘密計算システムの開発と提供・プライバシーデータ活用に関するコンサルティング

https://jp.techcrunch.com/2021/06/14/acompany-2/

秘密計算エンジン「QuickMPC」を開発するAcompany(アカンパニー)は5月14日、プレシリーズAラウンドにおいて、総額2億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リードインベスターのANRIとBeyond Next Venturesの2社、またDG Daiwa Ventures、epiST Ventures。調達した資金は、プロダクト開発、秘密計算アルゴリズムの研究開発および採用・組織体制の強化への投資を予定している。

https://acompany.tech/

https://acompany.tech/quick-mpc/


2)小学館からYouTubeアニメ制作会社資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000047837.html

YouTubeアニメの制作・配信を行う株式会社Plott(本社 東京都渋谷区、代表取締役CEO 奥野翔太 以下 Plott)https://plott.tokyo は、株式会社小学館より資金調達を実施したことをお知らせいたします。

Plottとは

YouTubeを中心に漫画やアニメの制作・配信を行っております。現在チャンネル登録をしている総ファン数は約250万人。

アニメ「テイコウペンギン」はチャンネル登録者数90万人を突破。

2019年より盛り上がり始めたYouTubeアニメ市場で、最も勢いのある企業です。


会社概要

株式会社Plott(Plott Inc.)

代表取締役CEO 奥野翔太

連絡先:info@plott.tokyo

URL:https://plott.tokyo

設立:2017年8月2日


3)次世代CMSに5750万ドル資金調達

https://media-innovation.jp/2021/06/14/contentstack-oversubscribed-series-b-round/

6月9日、ヘッドレスCMSを提供するContentstackは、シリーズBのラウンドで5,750万ドルの資金調達を達成したことを発表しました。これにより同社は合計8,900万ドルを資金調達したことになります。同社のようなオーディエンス個人個人へのリーチを重視するCMSはCXP(Content Experience Platforms)と呼ばれ、この市場は2025年には288億ドル規模まで成長すると予測されています。今回のラウンドでは、既存のIlluminate VenturesGingerBread Capitalに加えて、AIに強みを持つフィンテック企業Georgianも出資することになり、同社の提供するサービスにAI技術を活用していくことが宣言されています。


4)映画の多様性Jumpcut 資金調達

https://jp.techcrunch.com/2021/06/14/2021-06-10-atomic-backed-jumpcut-uses-data-to-advance-diversity-in-film/

Jumpcut(ジャンプカット)の創業者であるKartik Hosanagar(カーティク・ホザナガー)氏は、ウォートンスクールの教授だが、10年ほど前、変わった方法で夏休みを過ごした。脚本を書いたのだ。インドを舞台にした同氏の脚本は、プロデューサーの関心を集めたが、初めて監督を務めるインド人の映画へ資金を提供しようとする人はいなかった。





7回の閲覧0件のコメント