【資金調達】代替鶏肉シャンディ7700万円・Web接客Sprocket7.6億円などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

代替鶏肉シャンディが工場建設で資金調達ということです。代替肉が身近なものになっていきそうですね。


1)代替鶏肉シャンディ 7700万円

2)Web接客プラットフォーム Sprocket 7.6億円

3)MOLOCO 1.5億ドル

4)物流自動化OSARO 3000万ドル

5)レアル・マドリード250億円

6)終活産業変革 はなまる手帳 資金調達開始

7)ブロックチェーンゲーム SpaceY2025 465万ドル

8)自社サイトでインタラクティブ営業クイッカー 3000万円

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)代替鶏肉シャンディ 7700万円

https://www.nna.jp/news/show/2227826

シンガポールのフードテック(先端食品技術)企業シャンディが、同国複合企業のトララム・グループなどから70万米ドル(約7,700万円)を調達した。代替鶏肉の工場開設などに充てる。 シャンディは2019年創業。植物由来の代替鶏肉商品を開発している。2022年1~3月期から食品事業…


2)Web接客プラットフォーム Sprocket 7.6億円

https://www.advertimes.com/20210819/article360918/

「コンサルティング」と「CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム」で、ユーザーの行動からコンバージョンを最適化するWeb接客サービスを提供するSprocketは、日本ベンチャーキャピタル、ニッセイ・キャピタル、DBJキャピタル、博報堂DYベンチャーズを引受先とした第三者割当増資等により、総額7億6千万円の資金調達を実施した。

https://media-innovation.jp/2021/08/19/sprocket-raises-760-million-yen/

ユーザーの行動からコンバージョンを最適化するプラットフォームを提供するSprocketは、これまでに6億円の資金調達を実施。累計調達額は、今回のシリーズCとなる資金調達によって13億6000万円となります。同社は今回の資金調達により、事業拡大に向けた体制構築とプロダクトの開発を推進するとしています。


3)MOLOCO 1.5億ドル

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000005.000076497&g=prt

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ - 2021年8月17日 - モバイルアプリのマーケティング担当者や、Eコマース企業向けの機械学習およびモバイルソリューションのリーダーであるMOLOCO(www.moloco.com)は、洗練された透明性の高い機械学習モデルを世界中の企業に提供する為に、シリーズCで1億5000万ドルの資金を調達した事を発表しました。このラウンドは、グローバルなインターネット、ソフトウェア、消費者、金融テクノロジー業界の公開企業及び非公開企業を対象とした投資会社であるタイガー・グローバル・マネジメントが主導し、既存の投資家も参加しました。MOLOCOは、これまでに総額2億ドルを調達しています。今回の資金調達により、同社の評価額は15億ドルとなります。MOLOCOは、常に年間100%以上の成長を続け、年間純収益が1億ドルを超えています。


4)物流自動化OSARO 3000万ドル

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081900408&g=bnw

【ビジネスワイヤ】物流自動化の米OSAROは、シリーズC資金調達で3000万ドルを調達したと発表した。調達した資金は、市場やソリューションの拡大や雇用などを通じた世界的な成長のために使用される。同社は現在、世界各地の数十社の顧客にソリューションを提供しており、今後2年間でさらに製品ラインを拡大していく。今回の投資を含め、OSAROのこれまでの資金調達額は6750万ドルに上る。


5)レアル・マドリード250億円

https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/laliga-realmadrid-transfer-mbappe-20210819/vk3vja6ontcv14mf5maqc7lj0

新型コロナウイルスによる人的、財政的被害が拡大した2020年2月以降に、移籍金を投じての目立った補強を行っていないレアル・マドリー。一方で、選手売却は進めており、巧妙に資金調達を続けている。


6)終活産業変革 はなまる手帳 資金調達開始

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000054017.html

株式投資型クラウドファンディングサービスを行うイークラウド株式会社(東京都中央区、代表取締役:波多江直彦、以下「イークラウド」)」は、第7号案件「はなまる手帳」の事前開示を開始しました。8月22日(日)午前9時より投資申込みの受付を開始いたします。(詳細: https://ecrowd.co.jp/projects/7 )


7)ブロックチェーンゲーム SpaceY2025 465万ドル

https://www.moguravr.com/spacey-2025-financing/

ブロックチェーン技術を活用したサンドボックスゲーム「SpaceY 2025」を手がけるSpaceY 2025は2021年8月17日、個人投資家の主導で465万ドル(約5億1,000万円)の資金調達を実施したことを発表しました。調達した資金は同ゲームの開発資金に充てられるとのことです。


8)自社サイトでインタラクティブ営業クイッカー 3000万円

https://thebridge.jp/2021/08/9seconds-launches-quicker-in-beta

B2B 企業向けに自社 Web サイト上でインタラクティブな営業活動を提供するサービス「Quicker(クイッカー)」を提供する 9seconds は18日、同サービスをβローンチした。また、同社はアプリコット・ベンチャーズから3,000万円を調達していたことも明らかにした(アプリコット・ベンチャーズが TLM と統合し mint となる前のフェーズでの出資)。同社は、アプリコット・ベンチャーズがデライト・ベンチャーズと運営する起業支援プログラム「Springboard」から輩出されたスタートアップだ。

9回の閲覧0件のコメント