• Kosuke Tsubota

日本医師会AIホスピタル推進センター・臨床研究支援AIなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

日本医師会のAIホスピタル推進センターのオウンドメディアでの発信ですが、折角の活動が中川石会長に代わって日本のために活動している団体のイメージがなくなってきてしまったために、素直にニュースが読めなくなっている自分がいました。アクィラシステムズのAIは、クリニカルマネジメントAIとして今後どのようになっていくのか?すごい期待です♪


1)日本医師会AIホスピタル推進センター

2)AI活用のヘルスケアプラットフォーム 資金調達

3)臨床研究支援AI

4)抗菌薬濫用防止AI

5)メドピア オンライン服薬指導30万ダウンロード突破

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)日本医師会AIホスピタル推進センター

https://www.med.or.jp/nichiionline/article/010112.html

日本医師会は「AIホスピタル」の社会実装に向けた取り組みとして「日本医師会AIホスピタル推進センター」の活動を開始しているが、このほど、医療AIプラットフォームの試行運用を行うため、新たにホームページを開設し、医師の参加募集を開始することとなった。

 そこで、今号では医療AIプラットフォームの試行運用の内容と今後の見通しについて、今村聡副会長に話をしてもらった。


2)AI活用のヘルスケアプラットフォーム 資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000081372.html

アクィラシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、ベンチャーキャピタルや個人投資家らより4500万円の資金調達を実施しましたことをお知らせ致します。AI・機械学習を応用した医療従事者向けサービス・プロダクト開発推進、病院へのサービス導入に向けた動きを加速してまいります。

会社名:アクィラシステムズ株式会社 (Aquila Systems Corporation)

設 立:2019年6月

所在地:東京都渋谷区渋谷 3-1-9

会社HP:https://aquila.company/ja/

病院向けにAIおよび機械学習を活用したヘルスケアプラットフォーム提供事業を展開しています。

医療従事者・管理者の業務やタスク負担を軽減し、医療の現場における医療従事者のヘルスケアをサポートすることを事業の中核に据えております。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000081372.html

医療機関向けにAIを活用したヘルスケアプラットフォーム事業を展開するアクィラシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、新型コロナウイルスワクチン接種会場で従事される医師・医療従事者の勤務スケジュール作成支援のため「予定.PRO」を無償提供いたします。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000081372&g=prt

「予定.PRO」について

病院に勤務する医療従事者の勤務シフト管理のためのAIを活用したアプリケーションです。

医療従事者からは、メール経由でシフト希望を入力してもらい、その情報をもとにAIが数分で最適な勤務スケジュールを提案します。


従来シフト作成業務には病院内管理者が数時間を充てておりましたが、これらの業務負担を軽減するとともに医師・医療従事者のワークライフバランスを実現することに貢献します。


現在は都内の数カ所の病院内で実際のシフト作成への利用を開始いただく予定です。


3)臨床研究支援AI

https://aitimes.media/2021/07/01/8362/

一般的に新薬の効果および安全性を評価するには、「治験薬の投与を受ける群」と「標準治療を受ける群」を用意し、これを前向きに観察することで検証を行う。ただし、希少疾患などそもそも対象となる患者数が少ない場合や、倫理的問題を有するケースなどにおいて、対照群(コントロール)の確保は容易ではない。

https://www.medidata.com/

米ニューヨークに本拠を置くMedidataは、ライフサイエンスにおけるITソリューションを提供するグローバル企業として知られるが、この対照群データを「合成」するという革新的技術を持っている。同社プラットフォームでは700万を超える匿名化患者データベースを用い、高度なマッチングアルゴリズムによって、臨床研究の目的に最適となる対照群を合成する。これは従来には非常に困難であった研究計画を実現するのみでなく、試験期間の短縮やコスト削減にも大きく資する。

https://www.medidata.com/wp-content/uploads/2020/11/Acorn-AI-Synthetic-Control-Arm-Fact-Sheet-3.pdf

https://www.businesswire.com/news/home/20210630005798/en/


4)抗菌薬濫用防止AI

https://aitimes.media/2021/07/01/8367/

抗菌薬の濫用は耐性菌の発生を招くとともに、ウイルス性感染症には効果がなく、副作用のリスクだけを被る。スイス発の「DYNAMIC」と呼ばれるプロジェクトは、アフリカ諸国で子ども達への医療を改善する活動の一環として「不必要な抗菌薬使用を減らすためのAIツールePOCT+」を検証している。


5)メドピア オンライン服薬指導30万ダウンロード突破

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000355.000010134.html

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽、東証一部:6095、以下当社)が運営する、かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」において、患者さん向けに提供するスマートフォンアプリ「kakari(https://kakari.medpeer.jp/)」のダウンロード数が30万件を突破したのでお知らせいたします。

8回の閲覧0件のコメント