【資金調達】植物工場・独自OSJinglingなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

植物工場と呼ばれる屋内農業に関して資金が集まりすぎているのではないか?というニュースがあがっています。異常気象で屋内農業の必要性と重要性は高まっていますが、既存の農家の出荷が止まったり、移行したりしない限り難しいものなので、未来への投資というとらえ方ならばいいと思うのですが、多くは資金運用としての資金なためにアンバランスが指摘されるということを改めて考えさせられました。また、OSの戦いってもう入り込めないと思い込んでいたのですが、独自OSJinglingの成長をみるとOSに関しても新たなものが出てくる可能性を否定してはいけないと改めて視点を増やさせていただきました。

また、2021年も上半期が終了したのでスタートアップデータベースが上半期のデータを公開しています。みてみるだけで、いろいろ考えさせられるのでおススメです。


1)屋内農業ビジネス

2)独自OSタブレットJingling 11億円資金調達

3)スタートアップデータベースの発表

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)屋内農業ビジネス

https://forbesjapan.com/articles/detail/42245

そして今、室内垂直農法を手がけるいくつかの企業が、いまだ赤字状態ながら多額の資金を調達し、株式公開に向けた準備を進めている。2021年2月には、ケンタッキー州を拠点として温室での野菜栽培を手がけるスタートアップ、アップハーベストがナスダック上場を果たした(同社は4月、人工知能とロボット工学を農業に応用するスタートアップ「Root AI」も買収している)が、それに続いてエアロファームズなどが上場を目指している。


2)独自OSタブレットJingling 11億円資金調達

https://news.yahoo.co.jp/articles/9de2f1652cd1b10aa372b50a29820351a15ffec8

Linuxベースのタブレットとノートパソコンを開発する中国のスタートアップ「Jingling Tech(北京鯨鯪信息系統技術有限公司、以下「Jingling」)」が、エンジェルラウンドで1000万ドル(約11億円)を調達した。リード・インベスターは「創新工場(Sinovation Ventures)」、コ・インベスターは「摯信資本(TrustBridge Partners)」。2020年6月に設立された同社の共同創業者には、テック・スタートアップ関連に特化した中国最大規模のメディア「36Kr(36氪)」を創業した劉成城氏や、OSのエキスパートでモトローラやレノボでのキャリアを持つ朱叡氏が名を連ねている。


3)スタートアップデータベースの発表

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000115.000032589.html

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」に調査結果を公開しています。今回は、2021年7月1日時点での国内スタートアップ評価額ランキングを発表いたします。

2021年7月の国内スタートアップ評価額ランキングでは、スマートニュースの評価額が1,916億円に達し、ランキング2位に浮上。先月と比べ、評価額を約674億円伸ばしています。登記簿より約142億円の新たな調達と、5月に登記された情報と比べた際の株式取得価額の上昇を確認できたことが今回の評価額の増加に繋がりました。なお、今回の調達により、同社の累計資金調達金額は300億円を突破しています。

【調査概要】

タイトル:「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」

調査期間:2021年7月1日時点

レポート記事:STARTUP DB(https://media.startup-db.com/research/valuation-ranking-202107

※当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。


STARTUP DB(スタートアップデータベース)について

国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォームです。企業データベースは、13,000社以上の日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名以上のインタビューコンテンツをリリースしています。2019年6月24日より、英語版リリース。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、国内の成長産業領域市場の発展に貢献しています。

https://startup-db.com/


フォースタートアップス株式会社 概要

社名:フォースタートアップス株式会社

代表者:代表取締役社長 志水 雄一郎

設立:2016年9月1日

事業内容:成長産業支援事業

所在地:東京都港区六本⽊1-6-1 泉ガーデンタワー36F

https://forstartups.com/


フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組む。今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000032589.html

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」に調査結果を公開しています。今回は、2021年1月から6月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1月〜6月)」を発表いたします。

9回の閲覧0件のコメント