• Kosuke Tsubota

コロナで活躍する看護などなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

今日は、日本有数の自由診療訪問看護ステーションの経営者と会談をしてまいりました。

改めて、訪問看護のコロナ渦中でのいろいろな活躍方法があることを実感しました。そんなことを考えながら、コロナ渦に活躍する看護師のニュースを集めました。


1)コロナで活躍する看護

2)看護師ひき逃げ事件

3)看護必要度1の届け出

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)コロナで活躍する看護

https://www.asahi.com/articles/ASP6J6KJYP6JOIPE01T.html

新型コロナウイルスに感染し自宅療養する人が、近くの医療機関や訪問看護ステーションによる往診、訪問看護を受けられる態勢が愛知県全域で整い、16日から始まった。自宅療養中に悪化した際、保健所が近くの登録済み医療機関に連絡し、電話やオンラインでの診療、往診、外来受診、訪問看護を受けられる。入院が必要な場合は、受け入れ可能な病院にもつなぐ。

https://www.chunichi.co.jp/article/273425?rct=aichi

新型コロナウイルス感染症が国内で広がって以降、医療現場は混乱の渦に巻き込まれ、スタッフらは強いストレスにさらされる。藤田医科大岡崎医療センター(岡崎市針崎町)で、救急外来と集中治療室(ICU)を担当する看護師の三宅恭太郎さん(34)は多くの葛藤を乗り越え、現場に立ち続ける。

https://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/news/2021/06/n20210616_110825.htm

新型コロナワクチンの職域接種を今月22日から実施する予定の京都先端科学大学で16日、看護学科の学生が医療従事者としての接種を受けました。午後4時、京都市右京区の京都先端科学大学では、医療現場での実習を控える健康医療学部看護学科の1年から3年の学生ら約200人が医療従事者を対象とした新型コロナワクチンの1回目の接種を受けました。大学によりますと、看護学科の4年生と教職員などは、すでに接種を終えていて、きょうの接種は、今月22日から学内で行われる職域接種の事前の確認も兼ねているということです。京都先端科学大学の学内での接種は学生や教職員、大学関係者などおよそ4500人を対象にしていて、看護学科の教員を務める医師や看護師が接種を担当するということです。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210616/2000047173.html

【天理市 教職員ら予約空き枠で優先接種】。

新型コロナのワクチン接種で、奈良県天理市は、高齢者を対象とした集団接種の予約枠の空きを活用し、教職員らに優先的に接種しました。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/inchoufujin/202106/570756.html

新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が進められている。報道などを見ていると、医師・看護師が会場に出向く自治体主導の「集団接種方式」と、診療所や病院で実施する「個別接種方式」がある。だが、どちらも問題が山積みだ。

http://www.uty.co.jp/news/20210615/9389/

ワクチン接種の現場で求められている看護師確保の動きです。

看護師の免許を持っていて、現在は現場を離れている「潜在看護師」を対象にしたワクチン接種の講習会が開かれました。

受講希望者の増加や今後の職場接種を見据え、山梨県看護協会は講習会を7月も開催することになりました。

潜在看護師は、資格をもっているものの、退職などで現在は医療現場から離れている人達です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c7b4c4dd6ff9ccdf913e1126fe9e14edf9a69a1

新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、政府が「コロナ特例」で解禁した看護師の人材派遣が、各地の接種会場で進んでいる。子育てなどを理由に離職した潜在看護師らに呼びかけ、一時的に力を貸してもらうのが狙いで、1000人規模で人材派遣に頼る自治体も。ただ、直接雇用ではないだけに、労務管理などには注意が必要だ。(坂場香織)

https://www.chunichi.co.jp/article/273582

コロナ禍での看護師たちの記録を残したい−。日本看護協会出版会編集部(東京都文京区)が三月に刊行した『新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート』が、話題を呼んでいる。国内で最初に感染が確認された昨年一月から第三波に見舞われた同十二月までの一年間を、現場に立つ看護師や学生ら関係者が振り返った生々しい手記だ。


2)看護師ひき逃げ事件

https://news.yahoo.co.jp/articles/664cf9db84cc88a2a3bbfa03a329c81bc6e6a5d4

愛媛県今治市内の国道で、高齢の男性がひき逃げされ重傷を負った事件で、 警察は先ほど43歳の看護師の男をひき逃げの疑いで逮捕しました。


3)看護必要度1の届け出

https://www.cbnews.jp/news/entry/20210616184607


15回の閲覧0件のコメント