認知症チャットボットの可能性・ワクチン接種のための予診での診療報酬は?などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。


喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。


1)認知症チャットボットの可能性

2)オンライン診療 規制改革計画が決定

3)診療報酬議論の加速

4)骨太方針2021 病床確保

5)自分の体を自分で守る 緊急避妊薬

6)ワクチン接種のための予診の診療報酬は?

7)おうちドクター ワクチン職域接種で活躍

8)のど撮影 診断AI






オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)認知症チャットボットの可能性

https://aitimes.media/2021/06/18/8269/

過去10年間において、認知症患者およびその介護者を支援するためのIT活用事例が急増した。なかでもチャットボットはその手軽さと親しみやすさなどから、ユーザーからの人気が高い。ただし一方で、認知症支援を巡るチャットボットテクノロジーが実際にどのように役立つのかについて、詳細に検討した研究は限られている。

カリフォルニア大学リバーサイド校などの研究チームは、認知症支援チャットボットの種類を特定し、機能とコンテンツの観点からその品質を評価する研究を行った。成果はJournal of Medical Internet Researchからこのほど、オープンアクセス論文として公開されている。研究チームは、Google Playストア、Apple App Store、Alexa Skills、およびインターネットでの体系的な検索によって、505の認知症支援チャットボットを特定した。そのうちの6つが基準に適合し、仔細なレビューに進んでいる。特定されたチャットボット群は認知症教育と記憶力トレーニングに偏っており、介護のスキルや活動に寄り添うものはみられなかった。また、全てのアプリが利用開始に一定のITスキルが必要となり、PCやインターネットへの習熟が無い人、または認証患者において見過ごせないハードルとなっている点も指摘している。

https://www.jmir.org/2021/6/e25006/


2)オンライン診療 規制改革計画が決定

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA17EYP0X10C21A6000000/

政府は18日、規制改革の実施計画を閣議決定した。初診からのオンライン診療を2022年度から恒久的に認めると盛り込んだ。行政手続きのデジタル化は25年までに98%以上の完了をめざす。


3)診療報酬議論の加速

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73060360Y1A610C2EA3000/

大田弘子・政策研究大学院大特別教授 オンライン診療の解禁は医師会などの反発が強かった。岩盤に穴を開けた点は評価できるものの、まだ入り口に立ったにすぎない。方向性が決まったのは初診の取り扱いだけだ。診療報酬が低ければオンライ...


4)骨太方針2021 病床確保

https://www.m3.com/news/open/iryoishin/930666

政府は「経済財政運営と改革の基本方針2021」(骨太方針2021)を6月18日、閣議決定した。それに先立つ経済財政諮問会議で菅義偉首相は、「骨太方針では、まずは新型コロナ対策に最優先で取り組みながら、特にグリーン、デジタル、活力ある地方づくり、少子化対策、この4つの課題に重点的な投資を行い、長年の課題に答えを出し、力強い成長を目指していく」と述べ、感染症によっていわば有事の状況となった場合の病床の確保、早期の治療薬やワクチンの実用化などについて法的措置を速やかに検討すると表明した(資料は、内閣府のホームページ)。

https://www.m3.com/news/open/iryoishin/930587

全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は6月17日の記者会見で、「経済財政運営と改革の基本方針 2021(仮称)」骨子(案)について「見る限り原案に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)支援の診療報酬の概算払いがなく、ほっとした」と述べた。概算払いは財政制度等審議会の建議に盛り込まれ、小熊氏は反対を表明していた。


5)自分の体を自分で守る 緊急避妊薬

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210618/k10013089071000.html

「避妊に失敗したかもしれない…」

そんな不安を抱えながら、生理が来るのを待った経験がある女性、少なくないのではないでしょうか。

そうした時、妊娠を回避する手段の1つが「緊急避妊薬(=アフターピル)」です。性行為から72時間以内に服用すれば、80%以上の確率で妊娠を防げるとされています。

WHO=世界保健機関によると、深刻な副作用はありません。海外では、90か国以上で、薬局で直接購入できます。価格は800円から5000円程度。フランスでは学校の保健室でも配布されています。

一方、日本で手に入れるには、産婦人科などを受診して、医師の診察を受けなくてはなりません。

こうした中、国内でも薬局での販売を認めるか、今月7日、厚生労働省が4年ぶりに検討を再開しました。国を動かしたのは、意図しない妊娠に苦しんできた女性たちの切実な声でした。

(社会部 記者 小林さやか/松田伸子)


6)ワクチン接種のための予診の診療報酬は?

https://gemmed.ghc-j.com/?p=40686

新型コロナウイルスワクチンの接種に当たり、医療機関で「予診」(問診・検温・診察)を行った場合でも、初診料や再診料・外来診療料の算定はできない―。


7)おうちドクター ワクチン職域接種で活躍

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000315.000011666.html

株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役:西澤亮一、以下ネオキャリア)は、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を6月21日(月)から順次開始いたします。政府・自治体・医療従事者と連携し、ワクチンの確保と職域接種による接種対象範囲を確認した上で、接種対象はネオキャリアグループ直接雇用のスタッフとその同居する家族に加え、jinjer等の当社サービスを利用いただいてる取引企業にも拡大し、政府が掲げる「1日100万回接種」実現に向け全面的に協力いたします。

・おうちドクターとは

オンライン受療支援サービスである「おうちドクター」スマートフォン等のデバイスで、オンライン診察から、処方薬の受け取りまでをワンストップでおこなうオンラインサービスです。花粉症や痛風など既存の診察メニューの他、今後は診察メニューとして、PCR検査の追加を予定しており、今後も診察メニューの追加と連動して提携医療機関の増加も見込まれます。「おうちドクター」のシステムは、ネオキャリア独自のオンライン診療システム「Calling for Telemedicine」を活用して運営しております。

URL :https://ouchi-doctor.jp

会社名 :株式会社ネオキャリア

所在地 :東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階

代表者 :代表取締役 西澤 亮一

事業概要:HR Tech(IT、メディア)事業、人材事業、ヘルスケア事業、グローバル事業他

URL :https://www.neo-career.co.jp/


8)のど撮影 診断AI

https://techable.jp/archives/156751

アイリス株式会社(以下、アイリス)は、咽頭画像の解析をもとにインフルエンザ判定を行うAIアルゴリズムを開発。咽頭カメラを含むAI搭載システムを「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、厚生労働大臣宛て医療機器製造販売承認申請しました。

10回の閲覧0件のコメント