• Kosuke Tsubota

医療AI 歯科に,ターミナルに,こころケアなどなど

喜業家つぼのヘルスケアNews、本日もよろしくお願いいたします。


医療ときいて、様々な診療科、歯科医師や心理士など様々な資格が思い浮かびます。医療AIも同様に多様性が出てきています。


1)AIのこころ支援

2)コロナ渦での医療DX AIの役割

3)リモート患者モニタリングプラットフォーム

4)ターミナルケアAI

5)2030年の医療AI

6)生活習慣病予測AI

7)デンタルAI

8)新潟大学 がんAI

9)消防署とも医療介護連携

10)日本医療受診支援研究機構・同日本経営協会共催


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)AIのこころ支援

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210501/k10013007381000.html

新型コロナウイルスで厳しい感染対策が続く中、心の不調を訴える人が増えていることから、国立精神・神経医療研究センターなどのグループは、AI=人工知能を使って心の状態を判定し、必要なケアにつなげるシステムを立ち上げました。


2)コロナ渦での医療DX AIの役割

https://jp.techcrunch.com/2021/05/04/appier-covid19-ai/

編集部注:この原稿は、MIN SUN(ミン・スン)氏による寄稿である。同氏は、AppierのチーフAIサイエンティストを務めている。Appierは、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するためのAIプラットフォームを提供している。


3)リモート患者モニタリングプラットフォーム

https://aitimes.media/2021/05/05/7913/

イスラエルのBiobeatは、ウェアラブルデバイスによって「リモートでの非侵襲的患者モニタリングソリューション」を提供する医療AIスタートアップだ。Biobeatはこのほど、同プラットフォームでCEマーク認証を取得したことを明らかにした。


4)ターミナルケアAI

https://aitimes.media/2021/05/05/7911/

VNA Health Groupは、ニュージャージー州とオハイオ州に在宅医療・ホスピスなどの地域特化サービスを提供する米国最大級の非営利ヘルスケアプロバイダーである。同グループはMuse Healthcareが提供するAIシステムを全面実装し、あらゆる患者のリスク層別を実現している。


5)2030年の医療AI

https://toyokeizai.net/articles/-/426099

変異ウイルスの広がりなど依然として新型コロナに翻弄される中、テクノロジーの世界は指数関数的な勢いで進化を続けているという。『週刊東洋経済』5月1―8日合併号は「『未来を知る』ための読書案内 ベストブック2021」を特集、未来を展望できる書籍「未来予測本」を有識者や書店員らから推薦してもらい、ランキングした。

今回、「未来予測本」トップに選ばれたのは、『2030年 すべてが「加速」する世界に備えよ』(NewsPicksパブリッシング刊)で、著者はイーロン・マスク(テスラCEO)の20年来の友人でベンチャーキャピタリストのピーター・ディアマンディスさん。衝撃的な10年後の未来図とそのときに備えるための私たちの対処法を聞いた。


6)生活習慣病予測AI

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t285/202105/570037.html

国立国際医療研究センターと大手コンサルティングファームのアクセンチュア(東京都港区)は、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)のリスクを予測する人工知能AI)モデルの開発に関する共同研究を2021年2月から開始した。国立国際医療研究センターが蓄積してきた約12万件の健康診断データを基に、生活習慣病の発症やその確率、行動変容による影響を予測するモデルを構築し、臨床現場での実装を目指す。


7)デンタルAI

https://news.yahoo.co.jp/articles/248443a3baa50a2d5d5dcb516f4714daa7810d95

 米国の歯科メーカ「Dentsply-Sirona」(https://en.wikipedia.org/wiki/Dentsply_Sirona)の供給するシステム「CEREC Dental Labo」(https://www.dentsplysirona.com/ja-jp)で歯を作ってみることになりました。


8)新潟大学 がんAI

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20210509615304.html

新潟大医学部は、AI(人工知能)をがん診断などに活用しようと「メディカルAIセンター」を設置し、研究を本格化させている。同大医歯学総合病院と連携し、同病院がこれまで診てきた膨大な症例の画像データなどをAIに学習させる。将来的にはAIが患者の組織画像を判定し、がんの有無や性質を見分ける技術の確立を目指す。AIのサポートにより、医師の負担軽減が期待される。


9)消防署とも医療介護連携

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000031630.html

救急外来に特化した患者情報記録・管理システム「NEXT Stage ER」シリーズを展開するTXP Medical株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:園生智弘)と、介護施設向けに夜間オンコール代行のサービスを提供するドクターメイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:青柳直樹)は、日立総合病院(住所:茨城県日立市、救命救急センター長 中村謙介)[1] 、日立市消防本部とともに、次世代の病院と介護施設の連携実現に向けて、新たな地域連携の取り組みを2021年5月1日より開始することをお知らせします。

【日立総合病院について】

病院名:日立総合病院

開設者:株式会社 日立製作所

所在地:茨城県日立市城南町二丁目1番1号

病床数:651床

本取組みの代表者:日立総合病院 救命救急センター 救急集中治療科主任医長 救命救急センター長 中村謙介

URL:https://www.hitachi.co.jp/hospital/hitachi/index.html


【 ドクターメイトについて 】

会社名:ドクターメイト株式会社

設立:2017年12月

所在地:東京都港区虎ノ門1丁目16番6号虎ノ門ラポートビル UCF703

代表者:代表取締役/医師 青柳 直樹

資本金:10,310,000円

事業内容

① 介護事業所向け医療相談サービスの運営

② 介護事業所向け夜間オンコール代行サービスの運営

コーポレートサイト:https://doctormate.co.jp/


【 TXP Medicalについて 】

会社名:TXP Medical 株式会社

設立: 2017年8月

所在地:東京都文京区本郷七丁目3番1号 東京大学南研究棟252室

代表:代表取締役/医師 園生 智弘

資本金:165,694,004円

事業内容:

① 急性期データシステムの開発と提供

② 医療関連言語処理技術の開発と提供

③ 医療AIプログラムの基礎開発

④ 医療関連データの解析

コーポレートサイト :https://txpmedical.jp


10)日本医療受診支援研究機構・同日本経営協会共催

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000057275.html

一般社団法人日本医療受診支援研究機構(JPSO)は、国際モダンホスピタルショウ 2021 内 JPSOパビリオンブース設置記念シンポジウム「かかりつけ医中心の地域医療体制への貢献 ―受診者とかかりつけ医をつなぎ、医療労働環境の改善をいかに推進するかー」にて実施された基調講演およびディスカッション内容を、2021年4月28日〜5月14日までの期間限定でYoutubeにて配信いたします。

20回の閲覧0件のコメント