• Kosuke Tsubota

台湾と米国の医療過誤防止AI・コロナでの遠隔医療など

ごきげんさまです。喜業家つぼたです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

台湾のスタートアップが、台湾と米国の一流大学と共同研究して世界に応用できる処方ミス防止の医療AIを開発しました。開発された作品も魅力的ですが、中国語と英語の二大言語が世界展開していくのに期待しながら、台湾であることが中国展開の阻害になるかな?と今後のビジネス展開がすごい気になります。


1)台湾と米国の処方ミス防ぐAI

2)日本医療機器産業連合会のみらい戦略会議シンポジウム

3)コロナ感染当事者国家議員が訴える後遺症対策

4)コロナでの遠隔医療

5)コロナ渦の禁煙の重要性

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)台湾と米国の処方ミス防ぐAI

https://aitimes.media/2021/05/19/8020/

台湾は世界でも有数の、中央集権的で構造化された電子カルテ(EHR)システムを持つ国である。そのため、電子カルテデータをもとにした医療AIの開発で競争力を発揮している。台湾と米国を拠点とするAIスタートアップ「Aesop Technology」は、連合学習(FL: Federated Learning)によって処方ミスを防ぐAIモデルを開発している。

https://www.aesoptek.com/

https://medinform.jmir.org/2021/1/e23454/

Assessing the International Transferability of a Machine Learning Model for Detecting Medication Error in the General Internal Medicine Clinic: Multicenter Preliminary Validation Study

医療過誤検出のための医療AI

Conclusions:Our ML model has good international transferability among US hospital data. Using the federated learning approach with local hospital data could further improve the accuracy of the model.

JMIR Med Inform 2021;9(1):e23454


2)日本医療機器産業連合会のみらい戦略会議シンポジウム

https://www.innervision.co.jp/sp/report/usual/20210603

日本医療機器産業連合会(医機連)は,2021年4月26日(月),「2021年度 医機連みらい戦略会議シンポジウム」をオンラインで開催した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的なパンデミックにより,わが国においても医療現場はかつてない深刻な状況に直面している。こうしたなか,コロナ禍における医療機器の貢献を広く社会に周知するとともに,医療機器産業界全体のステイタスアップを図ることをめざし,「社会課題の解決に貢献する『医療機器』—コロナ禍から始まる医療機器のトランスフォーメーション」をテーマとしてシンポジウムが行われた。


3)コロナ感染当事者国家議員が訴える後遺症対策

https://www.asahi.com/articles/ASP5M677HP5MUTFK00B.html?iref=com_latestnews_01

当事者だから気付いたことを政府にぶつけたい――。先月、新型コロナウイルスに感染し、前日から国会に復帰した公明党の伊佐進一氏が19日、衆院厚生労働委員会で質問した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/43831dfa38f87c71615e20dbcb73ec322ee9c2fc

伊佐氏は4月24日に大阪府守口市の自宅で発熱し、26日に陽性と判明。軽症のため、ホテル療養を経て、今月5日に保健所から職場復帰の許可を得た。倦怠(けんたい)感が残り、1週間あまりはテレワークをしながら自宅で療養した。委員会で切り込んだのは、厚労省が「いわゆる後遺症」と表現し、正式には存在を認めていない後遺症への対応だ。


4)コロナでの遠隔医療

https://news.yahoo.co.jp/articles/27bd640c8804d9b5f0573e7fcfd53c65388c9efa

<重要な局面を迎えている自宅療養者の支援体制> 福島県内の自宅療養者数は、4月下旬は25人前後で推移していたが感染者が増加した5月に入ると右肩上がりで増え、5月15日には過去最多の112人となるなどこれまでにない療養者数となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f95a01d2aab6368bae62577c53c5f54c1cfe012a

会津若松医師会では、自宅療養者に対してオンラインでの診療も進める方針。 会津若松医師会の矢吹孝志会長に話を聞いた。


5)コロナ渦の禁煙の重要性

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bd820e9246d43aede976222af71528500155d92

 5月31日は世界禁煙デー。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行下で、世界保健機関(WHO)は「たばこをやめるべき100以上の理由」の1番目に、喫煙者は重症化や死亡のリスクが高いことを掲げるなど、禁煙の重要性は一段と増している。コロナ下での禁煙の取り組みついて、日本禁煙科学会理事長で京都大学病院禁煙外来医師(特任教授)の高橋裕子さんに聞いた。

8回の閲覧0件のコメント