• Kosuke Tsubota

紙おむつしながらの看護など

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース、よろしくお願いいたします。


1)コロナ渦紙おむつしながらの看護

2)家庭内コロナ渦看護の方法

3)オリンピックに自衛隊看護官派遣

4)大阪派遣 大阪の現在

5)再審無罪の看護助手に裁判費用補償

6)映画『いのちの停車場』公開記念舞台

7)認知症患者の看護拒否の対応

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

1)コロナ渦紙おむつしながらの看護

https://www.47news.jp/localnews/prefectures/nagasaki/6289061.html

新型コロナウイルス感染拡大による医療逼迫(ひっぱく)を踏まえた長崎県の「医療危機事態宣言」が発令されている中、県看護協会には、感染リスクを伴う過酷な現場に置かれた看護師たちから、心身の疲労や周囲の無 ...

https://this.kiji.is/768849152552124416?c=39546741839462401

全身を覆う防護服の着脱は難しく、時間がかかる。40代の女性看護師は、着たまま4時間過ごせるよう水分摂取を控え、万一に備えて紙おむつを着用している。「精神的にも肉体的にもきついが、誰かがやらなければならない。覚悟して働いていることを知ってほしい」と訴えた。


2)家庭内コロナ渦看護の方法

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae8b9809a98cc650abd96ca7a3946a32c532260e

石川県内では、新型コロナの感染者が現在578人いる。そのうち自宅療養が95人、今後の対応について保健所の判断を待つ自宅待機中の人が62人。 あわせて157人の患者が今、自宅で過ごしていることになる。(5月19日時点の療養状況)


3)オリンピックに自衛隊看護官派遣

https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/210522/plt21052219080004-n1.html

政府が東京五輪・パラリンピックの大会期間中に必要な医療従事者の確保に向け、自衛隊の医官と看護官を投入する方向で検討に入ったことが22日、分かった。計画では医官20人程度を想定している。新型コロナウイルスの感染再拡大で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)する中、五輪開催に伴う地域医療体制に与える影響への懸念を緩和する狙いもある。複数の政府関係者が明らかにした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/19b8dfb26cf4ba48db21ab6576eb536c45f704d9

東京五輪・パラリンピック向けの医官・看護官派遣は、政府が東京と大阪に設置した新型コロナワクチン大規模接種センターに投入された人員を振り向ける形を想定している。24日から高齢者向け接種が始まる大規模接種センターでは医官約80人、看護官約200人を充てており、五輪への派遣に伴い規模を縮小する。

https://www.sankei.com/tokyo2020/news/210522/tko2105220006-n1.html

大会期間中の医療従事者に関し、大会組織委員会の橋本聖子会長は21日の記者会見で1日最大で医師約230人、看護師約310人が必要になるとの見通しを示した。政府は組織委と調整したうえで、東京五輪・パラリンピックに派遣する医官・看護官の具体的な人数を決定する方針だ。


4)大阪派遣 大阪の現在

https://webun.jp/item/7758287

新型コロナウイルス感染拡大で医療現場が逼迫(ひっぱく)している大阪府に派遣された富山大付属病院の看護師の報告会が21日…

https://mainichi.jp/articles/20210522/ddl/k16/040/205000c

新型コロナウイルスの感染拡大で医療体制が切迫する大阪府へ4月26日から2週間派遣された富山大付属病院看護師、佐々木祐美さんの報告会が21日、富山市杉谷の同病院で開かれた。佐々木さんは「毎日、患者が誰にもみとられず亡くなるむなしさは計り知れず、改めて感染防止対策を伝えたい」と厳しい状況を説明した。


5)再審無罪の看護助手に裁判費用補償

https://news.yahoo.co.jp/articles/45ddd95532da3cbff091b583d8f226aa96838a64

湖東記念病院(滋賀県東近江市)の入院患者への殺人罪で服役後、2020年4月に再審無罪が確定した元看護助手、西山美香さん(41)が請求していた裁判費用の補償について、大津地裁(大西直樹裁判長)は21日、733万6655円を交付する決定を出した。


6)映画『いのちの停車場』公開記念舞台

https://news.yahoo.co.jp/articles/95e6dd107c67e4ccea37218a586cae91c744c3d0

女優の広瀬すずが22日、都内で行われた映画『いのちの停車場』(公開中)の公開記念舞台あいさつに登壇し、“生と死”を扱う本作だからこそ経験した苦しみを語った。この日は、主演の吉永小百合をはじめ、松坂桃李西田敏行南野陽子、柳葉敏郎、みなみらんぼう、泉谷しげる、田中泯、成島出監督、南杏子(原作)も来場した。


7)認知症患者の看護拒否の対応

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/anursing/hatenurse/202105/570333.html

入所している方はほとんどが認知症(脳血管性認知症が多いです)で、重症度もまちまちですが、看護や介護を強く拒否する方がいて戸惑っています。ヘルパーさんの言うことは聞くのに看護師の言うことは聞いてくれない……ということが何度かありました。自分が慣れていないせいもあるのでしょうが、バイタルサイン測定を拒否したり内服を嫌がるなどのため、一つのことに時間がかかります。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示