• Kosuke Tsubota

オンラインヘルスケアBoohee 評価340億円など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

1)D2C支援 18億円資金調達

2)エッセンス資金調達 評価額4500億円超え

3)20~30代女性ターゲットオンラインヘルス 評価340億円

4)抗体薬物複合体開発 4700万ドル資金調達

5)セールステック アポレル 資金調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)D2C支援 18億円資金調達

https://thebridge.jp/2021/06/super-studio-series-b-round-funding

EC・D2C 支援の SUPER STUDIO は9日、18億円の資金調達を発表した。INITIAL によれば、シリーズ B ラウンドと見られる。このラウンドに参加したのは、BEENEXT「ALL STAR SAAS FUND」、シンガポールの政府系投資会社 Temasek Holdings 傘下の Pavilion Capital、SMBC ベンチャーキャピタル、アカツキ「Heart Driven Fund」、みずほキャピタル。

https://super-studio.jp/

https://ecnomikata.com/ecnews/30724/

株式会社SUPER STUDIO(本社:東京都目黒区、代表取締役:林 紘祐、以下:SUPER STUDIO)はALL STAR SAAS FUND、Pavilion Capital Pte Ltd、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、株式会社アカツキ「Heart Driven Fund」、みずほキャピタル株式会社の計5社を引受先とした第三者割当増資により、総額18億円の資金調達を実施した。


2)エッセンス資金調達 評価額4500億円超え

https://www.fashionsnap.com/article/2021-06-10/ssense-sequoiacapital/

中国の投資会社セコイア・キャピタル・チャイナ(Sequoia Capital China)が、ファッションECサイト「エッセンス(SSENSE)」に出資をした。エッセンスが外部投資を受けるのは今回が初めて。投資後の企業価値は50億カナダドル(約4500億円)超となったという。


3)20~30代女性ターゲットオンラインヘルス 評価340億円

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a2b9263b027afed878da0f37bda0aa0e31b438a

オンラインヘルスケアや健康食品を手掛ける「薄荷健康(Boohee)」がシリーズDで資金調達を完了した。リード・インベスターは「銘耀資本(PBG Capital)」で、シリーズCの出資者「復星集団(Fosun Group)」も引き続き参加した。資金調達後の評価額は20億元(約340億円)を超える見込み。


4)抗体薬物複合体開発 4700万ドル資金調達

https://medical.jiji.com/news/44047

【ビジネスワイヤ】抗体薬物複合体(ADC)開発の英Iksuda・Therapeuticsは、4700万米ドルの資金調達ラウンドを完了したと発表した。同ラウンドを主導したのは、韓国ミレー・アセット・キャピタル、韓国セルトリオン、プレミア・パートナーズ。Iksudaは調達資金により、B細胞がんに対するCD19標的化ADC候補「IKS03」をヒト初回投与第1相臨床試験に進める。Iksudaのペイロードは調節可能で、腫瘍抵抗性に対抗できる機能が特長。(C)時事通信社

https://www.jiji.com/jc/article?k=20210609005405&g=bw

英ニューカッスル--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- 治療指数を高めた新世代の抗体薬物複合体(ADC)の開発を手掛けるIksuda Therapeutics(Iksuda)は本日、ミレー・アセット・キャピタルとその子会社、セルトリオン、プレミア・パートナーズが共同で主導した4700万米ドル(約3400万英ポンド)の資金調達ラウンドを、アシュフォーズの助言を受けて完了したと発表しました。調達資金はIksudaの主力となるADC資産の発展と、ペイロードおよび複合体化のプラットフォーム技術の拡大を支えるものとなります


5)セールステック アポレル 資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000080958.html

セールステック事業を展開する株式会社アライアンスクラウド(本社:東京都目黒区、代表取締役:宮崎翔太、以下:アライアンスクラウド)は、株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川創、東証一部上場(証券コード6058))を中心として約8,000万円の第三者割当増資を行い経営者・決裁者限定の決裁者アポ獲得支援SaaS「アポレル」を本日リリースすることをお知らせします。顧客企業の決裁者と直接マッチングすることで、成約可能性の高い新規リードのみを獲得することや、アプローチから契約締結までの時間を短縮することができるようになります。

◼︎決裁者アポ獲得支援のSaaS「アポレル」について

URL: https://aporeru.com/

アポレルは、オンライン完結で決裁者にアポが取れる完全審査制の決裁者アポ獲得支援SaaSです。自社営業マンに代わりオンライン完結型の営業活動を行うことで自社営業リソースを増やすことなく、効率的かつスピーディーな決裁者アポイント獲得を実現します。顧客企業の決裁者と直接マッチングすることで、成約可能性の高い新規リードのみを獲得することや、アプローチから契約締結までの時間を短縮することができるようになります。

社名:株式会社アライアンスクラウド

所在地:東京都目黒区大橋一丁目5番1-1629号

代表者:代表取締役 宮崎翔太

設立:2020年1月24日

事業内容:セールステック事業、BtoBセールスアウトソーシング事業

資本金:95,009,500円(資本準備金含む)

コーポレートサイト:https://alliancecloud.co.jp

サービスサイト:https://aporeru.com

19回の閲覧0件のコメント