【資金調達】創薬AI MOLCURE8億円・AI分子シミュレーションなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

分子シミュレーションをAIで実施するDP Technologyの急成長すごいですね。年内に3回も実施していて、スタートアップはスピードが命ですが、このスピードはすごすぎで、どのような資本政策をしているのかとても気になりますよね。


1)創薬AI MOLCURE 8億円調達

2)AI×分子シミュレーションDPTechnology 1年で3回の調達

3)JX通信社 20億円

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)創薬AI MOLCURE 8億円調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000083912.html

AIを活用した新薬開発を行う株式会社MOLCURE(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:小川 隆)は、ジャフコ グループ、STRIVE、SBIインベストメント、日本郵政キャピタル、GMOベンチャーパートナーズ、日本ケミファを引受先とする第三者割当増資により総額8億円の資金調達を完了したことをお知らせいたします。今後は、国内外の大手製薬企業との共同創薬パイプライン開発を推進するとともに、グローバルを主戦場とした事業展開をさらに加速してまいります。

社名:株式会社MOLCURE(モルキュア)

代表取締役:小川 隆

所在地:神奈川県川崎市幸区 新川崎7-7 AIRBIC A07

設立:2013年5月

事業内容:「人工知能・進化分子工学・実験自動化を統合したペプチド・抗体分子設計」を行う創薬プラットフォームを開発・提供

URL:https://molcure.com

MOLCURE(モルキュア)が提供するバイオ医薬品分子設計技術は、AIとロボットを活用して自動的に大規模スクリーニングと分子設計を行うことが可能であり、既存の手法と比較して、医薬品候補分子の発見サイクルを10分の1以下に効率化することや、10倍以上多くの新薬候補を発見すること、従来手法では探索が困難な優れた性質を持つ分子の設計をすることが可能です。現在、本技術を活用し、製薬企業とパートナーシップを組んで新薬開発を行っています。


2)AI×分子シミュレーションDPTechnology 1年で3回の調達

https://news.yahoo.co.jp/articles/640069c91fd83af41bafda1219e0d71118b749f1

AI分野のスタートアップ「深勢科技(DPTechnology)」は、直近のシリーズAで数千万ドル(約数十億円)を調達し、一躍注目の的となった。

■AI✕分子シミュレーション 公開されたデータによると、深勢科技の事業内容はAI技術による量子力学の課題解決(AIによる分子シミュレーション)だ。電子、原子、分子レベルで組成・設計を行い、特定の物理的性質および化学的性質を有する工業設計を実現する。医薬品設計、材料設計、物性予測などに活用でき、大きな価値を発揮するという。


3)JX通信社 20億円

https://japan.cnet.com/article/35175372/

JX通信社は8月18日、あいおいニッセイ同和損害保険、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ、SMBC日興証券と、既存株主であるグローバル・ブレイン、ABCドリームベンチャーズ(朝日放送グループ)の計5社を引受先とした第三者割当増資を実施したと発表した。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000005993.html

加えて、株式会社商工組合中央金庫、株式会社日本政策金融公庫、株式会社三井住友銀行、株式会社三菱UFJ銀行の4行からの借入(融資枠設定を含む)も実施しています。これにより、シリーズCラウンドの調達額は総額約20億円となります。今回の資金調達により、当社の累計調達額は約35億円になりました。

https://jxpress.net

■JX通信社について JX通信社は、データインテリジェンス領域に取り組むテックベンチャーです。

国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」、

一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。

新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く2020年2月16日より国内感染状況の統計をまとめた

「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開し、各報道機関・メディア・研究機関にも情報を提供しています。

■FASTALERT(ファストアラート)について 「FASTALERT」は、AI(人工知能)がSNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し

配信するWebサービスです。2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての⺠放キー局とNHKで採用。

各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。

2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。 現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo.1の業界標準として

全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業でも

幅広く導入実績があります。

URL:https://fastalert.jp ■NewsDigest(ニュースダイジェスト)について Google Playベストアプリ2019 生活お役立ち部門賞受賞。アジア・デジタルメディアアワード2020

新型コロナウイルス感染症関連プロジェクト部門特別賞受賞。速報がとにかく早いから、入れておけば安心。

ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速くお伝えする、

500万DL突破の社会派ニュースアプリ速報アプリです。 「新型コロナ」特設タブでは、新型コロナウイルス感染症関連の様々なニュース速報をまとめてチェックできる

ほか、「地域」タブではお住まいの都道府県の最新の感染者確認情報なども確認できます。 iPhone 版 : https://app.adjust.com/4eaelp8?campaign=20210818 Android 版: https://app.adjust.com/2bv299t?campaign=20210818

13回の閲覧0件のコメント