• Kosuke Tsubota

7月1日はファシリティドックの日・ペット共生グループホームなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュースというか、気になるニュースw

何卒よろしくお願いいたします。

セラピードックの活躍がすごいですね。7月1日はファシリティドックの日ということで、国立成育医療センターでファシリティドックが活躍し始めるということです!そして、何とペットと一緒に住める障がい者グループホームが、20店舗いっきに開店され、もうすぐ600拠点ということです。コロナ渦のために、家族・親族・友人のお見舞いが難しくなってきたところをペットが癒してくれているということでよく耳にするようになっていましたが、ここまで展開が早いことにびっくりしました。

展開といえば、転んだ時だけやわらかくなる「ころやわ」の販売展開に、福祉事業運営会社に販売代理店業務をお願いしていくというのは、スタートアップが自分の強みを尖らせていくのには大変参考になるスタイルですね。


1)7月1日はファシリティドックの日

2)ペット共生型障がい者グループホーム もうすぐ600拠点!

3)ころやわ が販売代理店募集

4)クラウドキッチン キトピ 資金調達でユニコーンへ

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)7月1日はファシリティドックの日

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000023199.html

小児がんや重い病気の子どもたちを支援する認定NPO法人シャイン・オン・キッズ(理事長キンバリ・フォーサイス https://ja.sokids.org/)は、7月1日より国立成育医療研究センター(https://www.ncchd.go.jp/)にファシリティドッグ・プログラムを本格導入しました。

ファシリティドッグ・プログラムとは、病院で活動するための専門的なトレーニングをつんだ犬 “ファシリティドッグ” と、犬を扱う専門職 “ハンドラー”になるための研修を修了した看護師などの医療従事者がペアとなり、入院中の子どもとご家族を支える動物介在療法活動です。


2)ペット共生型障がい者グループホーム もうすぐ600拠点!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000178.000022736.html

ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」を展開する株式会社アニスピホールディングス(東京都千代田区、代表取締役:藤田英明、以下「当社」)は、2021年7月1日付けで、新たな事業所が20拠点オープンしましたのでお知らせします。

日本初!(※)ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」

 当社が展開するペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」は、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決・貢献を目的とした事業を展開する日本初(※)のビジネスです。「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者グループホームと異なり、保護犬や保護猫の引き取りを推奨し、動物との共生環境を整えています。動物とのふれあいを通じて、心が癒されたり、コミュニケーションを促進するアニマルセラピー効果が期待できると共に、殺処分される犬・猫の命を救います。 ※自社調べ

〈株式会社アニスピホールディングスについて〉

株式会社アニスピホールディングスは 2016年に設立、「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、社会問題を事業で解決する「ISSUE DRIVEN COMPANY(イシュードリブンカンパニー)」として、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決にホールディングス一丸となって取り組んでいます。

2018年8月よりスタートした日本初(※)のペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者グループホームと異なり、保護犬や保護猫の引き取りを推奨し、動物との共生環境を整えています。※自社調べ


●会社名:株式会社アニスピホールディングス

●所在地:東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル3階

●代表取締役:藤田 英明

●事業内容:

[本社事業]

・ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」事業

・運動療法メインの障がい者生活介護「ワーカウト」事業

・100%動物看護師によるペットシッターサービス「ケアペッツ」事業

・ペットホテル&愛犬のための介護・看護施設「Doggy’s Home」事業

・障がい事業者向け通販「ふくすけ」事業

・障害福祉事業者専用 厚生労働省発表Q&A サイト運営事業

・サービス管理責任者職能団体として質の向上を支援する「一般社団法人サービス管理責任者協会」事務局


[子会社事業]

・障がい領域の運営管理・請求システム「しょ~あっぷ」の開発・販売(株式会社キュワンシステム)

・空き家物件を始めとする物件提供・土地活用を事業(株式会社空き家活用研究所)

・マイノリティのためのお役立ち情報&コミュニティを提供(株式会社アイデアル)

・障がい・保育・看護・介護に特化した人材サービス(スターメッド株式会社)


3)ころやわ が販売代理店募集

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000078980.html

株式会社Magic Shields は、2021年7月1日から、高齢者の転倒による大腿骨骨折リスクを低減する「転んだときだけ柔らかい置き床『ころやわ』」の販売代理店を募集します。

今回募集する販売代理店様は、有料老人ホーム(介護付き・住宅型)を運営し、「ころやわ」による転倒骨折予防策の推進や、ご入居者様の自立支援を重視される企業様を想定しております。

有料老人ホーム運営会社様のご紹介により、ご入居者様が「ころやわ」をご購入の場合、株式会社MagicShieldsから施設運営会社様へ「成約手数料」をお支払いいたします。

■ 「ころやわ」とは?

「ころやわ」は、医療機関や介護施設内における転倒による骨折リスクを軽減する「転んだ時だけ柔らかい置き床」です。2021年6月末時点の導入施設数は90施設以上、同年7月には、病院・介護施設合わせて100施設以上への導入が見込まれています。

資材サイズはたて30cmよこ30cm厚さ2cm、商品展開は、「マットタイプ」「設置タイプ」「新築/改築タイプ」の3タイプを展開。



4)クラウドキッチン キトピ 資金調達でユニコーンへ

https://news.yahoo.co.jp/articles/21fee09a38eed476018853402642b091bca77c93

(ブルームバーグ): アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに本社を置くクラウドキッチン(デリバリーサービスに特化した飲食業)の新興企業キトピは、ソフトバンクグループの「ビジョンファンド2」を含む投資家グループから4億1500万ドル(約463億円)を調達し、ユニコーン(企業価値10億ドル以上の未公開企業)の地位に躍り出た。


6回の閲覧0件のコメント