【資金調達】日本の保育を世界へHOIKU・ファクタリングは合法調達手段などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

HOIKU株式会社の調達金額が端数なのは何ででしょうね?為替レート?プレスリリースで約~~円という形にしないで丁寧に100円単位まで細かく発表してきたのは、目新しく目をひくためでしょうか?何か違和感があってとても記憶に残りました。


1)HOIKU株式会社 39999300円資金調達

2)スポーツビジネスHALF TIME1億円資金調達

3)Magib Pod 3億円資金調達

4)ファクタリングは合法 正しい資金調達の知識を

5)ファミリーツリー資金調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)HOIKU株式会社 39999300円資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000082668.html

HOIKU株式会社(本社:東京都千代田区飯田橋二丁目18番1―2101、代表取締役社長:水野 雄太、以下当社)は、株式会社REAPRAを引受先とする第三者割当増資により、39,999,300 円の資金調達を実施いたしましたのでお知らせいたします。この度の増資により、当社の資本合計(資本準備金等含む)は49,999,300 円となります。

https://hoiku-inc.com

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000082668&g=prt

当社は世界中にいる、一人でも多くの子どもが、養護と教育を兼ね備えた良質のHOIKUを享受できるようにしていくことを理念に掲げ、子どもたちの安全と健康を第一に考え養護すると共に、子どもたちの人格形成の基盤となるEQ力(EQとは、Emotional Intelligence Quotientの略で「感情知能(心の知能指数)」)を引き出し、伸ばす教育を実践することを目指しています。現在に至るまでは、藤森平司氏考案の「見守る保育」を基盤とした保育者と保護者向けのコンサルティングを国内外(主に中国、シンガポール)に展開してまいりました。加えて、新たな試みとして「見守る保育」の理解を深めるとともに良質な保育環境構築のためのICTの開発、導入を進めております。  


2)スポーツビジネスHALF TIME1億円資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000044192.html

スポーツビジネス領域で人材・教育・PR事業を展開するHALF TIME株式会社(東京都港区、代表取締役:磯田裕介)は、6月30日時点で、野村忠宏氏、宇賀神友弥氏、深谷知広氏らをはじめとする17名の個人投資家、並びに、2社の事業会社を引受先とした第三者割当増資、及び、金融機関からの融資により、総額1億円規模の資金調達を実施したことをお知らせします。

■HALF TIME株式会社について

HALF TIME株式会社は、2017年8月に設立されたスタートアップ企業で、スポーツビジネス領域で個人・法人向けに人材・教育・PRサービスを展開しています。Webサービスの「HALF TIME」では、スポーツ業界の最新情報・求人情報を届ける専門メディアと、法人向けに人材・採用サービスを提供しています。

会社名:HALF TIME株式会社

設立:2017年8月21日

代表者:代表取締役 磯田裕介

従業員数:正社員5名、業務委託21名、インターン5名

住所:107-0062 東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル6F

HP:https://www.halftime.co.jp/

Twitter:@HALFTIME_JP

Facebook:@HALFTIMEJP

https://news.nicovideo.jp/watch/nw9564225

当社は昨年に初の資金調達を実施しており、前回をプレシリーズAラウンドと再定義し、今回をシリーズAラウンドとして調達を実施しました。これは主に教育事業の成長を加速させることを目的としたもので、前回と今回の累計の調達額は2億円となります。

https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2021-07-08-44192-23/

野村忠宏氏、宇賀神友弥氏、深谷知広氏など17名の個人投資家、並びに事業会社2社が出資


3)Magib Pod 3億円資金調達

https://jp.techcrunch.com/2021/07/07/trident/

AIテスト自動化プラットフォーム「Magic Pod」を運営するTRIDENTは7月7日、第三者割当増資による3億円の資金調達を発表した。引受先はSTRIVE、Angel Bridge。今後は、グローバル展開も視野に入れたMagic Podの発展および採用強化をさらに加速する。

https://magic-pod.com/

https://www.trident-qa.com/


4)ファクタリングは合法 正しい資金調達の知識を

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000059919.html

冒頭でも述べた通り、ファクタリングは売掛債権を譲渡することで現金化する合法的な資金調達方法ですが、実際に裁判へと発展してしまう背景には、ファクタリング自体が違法だという誤った認識が浸透している可能性もあります。

中にはファクタリングと称して違法な取引を行う、いわゆる“ヤミ金”業者が存在していることも、ファクタリングが違法であるという認識に拍車をかけてしまっているのかもしれません。


5)ファミリーツリー資金調達 

https://www.jacom.or.jp/ryutsu/news/2021/07/210708-52546.php

果樹園のマイクロオーナーになって食育や農業体験ができるサービスを通じ、果樹農家の経営課題の解決に取り組むスタートアップ、ファミリーツリー株式会社は、AI専門家の島本佳紀氏から資金調達を実施。加えて、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で1950万円の資金を調達した。

11回の閲覧0件のコメント