• Kosuke Tsubota

うんちAI・トイレAI・感染症VRなど

ごきげんさまです。喜業家つぼたです。


喜業家つぼのヘルスケアニュース、よろしくお願いいたします。

糞便で炎症判断が出来る医療AIが出てきました!私はお腹が弱いので、トイレに医療AIが装着される時代が近づいていると注目しました。TOTOも医療AIに注目しているので、本当にトイレが医療AIの受診場所になる時代がすぐそこまで来ているかもしれませんね。トイレって最高のプライベート空間ですからね


1)うんちAI

2)感染症VR

3)眼科スタートアップOUI.INC ビル&メリンダ・ゲイツ財団から受賞





オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)うんちAI

https://aitimes.media/2021/05/17/8002/

炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory bowel disease)は、慢性的な下痢・腹痛・血便などの症状を起こす疾患群で、クローン病(CD)と潰瘍性大腸炎(UC)を代表的な疾患として含む。IBDには正確な診断による分類が重要となるが、苦痛を伴う大腸内視鏡検査や生検といった従来手法を置き換えるような、非侵襲的で高精度の診断法が期待されてきた。


2)感染症VR

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000121.000020924.html

株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)と順天堂大学(東京都文京区、学長:新井一、事業推進責任者・総合診療科学講座教授・内藤俊夫)は、実際の「COVID-19診療病棟」を舞台にしたリアルな感染症診療をVRで体験学習できる感染症診療VRを共同開発します。この取り組みは、文部科学省の令和2年度第三次補正予算事業「感染症医療人材養成事業」にて順天堂大学が採択された事業の一環として行われ、医学生ら向けに実際の感染症診療病棟での実習ができるVR教材の開発は、全国初の取り組みとなります。

(文部科学省 採択結果:https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1386945_00002.htm

■株式会社ジョリーグッドについて(https://jollygood.co.jp/

 ジョリーグッドは、高精度なVRソリューションと、VR空間のユーザー行動を解析するAIによる医療福祉向けサービスを開発するメディカルテクノロジーカンパニーです。VRやAIなどのテクノロジーにより、医療教育、障害者支援、精神疾患治療など、人の成長や社会復帰を加速し、医療の進化や人の生きがいを支えるサービスを様々な研究機関や企業の皆様と共に展開しています。

■オペクラウドVR〜VR臨床教育プラットフォーム(https://jollygood.co.jp/opecloud

 オペクラウドVRは、医療施設に高精細360度カメラとサーバーを常設してあらゆる症例を簡単に高精度VR化し、術者目線で技を体験学習できるVR臨床教育プラットフォームです。本サービスは、臨床実習ツールとして医科大学をはじめとする教育機関や研究センターの他、医療機器メーカーなど、医療技術を牽引する多様な機関で豊富な導入実績を誇っています。また、遠隔実習機能「多接続リモートVR臨床システム」とオンライン会議システムを連携することで、その都度集まることなくリアルなVR臨床実習を実施することができます。

 また、さまざまな症例の医療教育VRを体験学習できるサブスクリプションモデルの「オペクラウドVR Viewer」の提供を2021年秋開始予定。

オペクラウドVR Viewer事前登録・詳細はこちら:https://jollygood.co.jp/opecloud/content

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000295.000021495.html

本事業では、順天堂大学内の実際のCOVID-19診療病棟を基に完全再現された仮想空間で、COVID-19を始めとする感染症に携わる当事者としての現場診療を疑似体験できる教育プログラム開発し、医学生や看護学生、理学療法学生らを対象に効果検証を行う予定です。


3)眼科スタートアップOUI.INC ビル&メリンダ・ゲイツ財団から受賞

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000064389.html#

慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業 OUI Inc.(ウイインク:株式会社OUI)は、2021年5月12日に東京都で開催された「Vision Hacker Awards 2021 for SDG 3」の最終選考会で、シード賞を受賞したことをご報告します。

【Vision Hacker Awards 2021 for SDG 3について】

Vision Hacker Awards 2021(VHA)は、NPO法人ETIC.がビル&メリンダ・ゲイツ財団より協賛を受けて実施する、低中所得国でグローバルヘルス分野(SDGs 3 国際保健分野)の課題に取り組む次世代の「ビジョンハッカー」を支援する、伴走型アワードです。

アワードの選出者は、資金提供に加え、国際保健や事業拡大などの分野で活躍するエキスパートから横断的なサポートを受けることができます。

【会社概要】

OUI Inc.(ウイインク:株式会社OUI)は、慶應義塾大学医学部の眼科医が起業した大学発のベンチャー企業です。“医療を成長させる”ことをミッションに、現役医師の知見や技術を全ての医療現場に還元することで、常に医療を成長させ続け、最高の医療サービスを創造します。

会社名:OUI Inc. (株式会社OUI)

URL:http://www.ouiinc.jp

本社所在地:東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第7葉山ビル3F

代表取締役:清水映輔

設立:2016年7月15日

事業内容:医師のアイデアをもとにした医薬品・医療機器の開発と実用化及び同コンサルティング業務

26回の閲覧0件のコメント