【資金調達】15歳社長クリスタルロード1700万円・代替鶏肉22億円などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

親子起業で起業されて、コロナ渦で感覚過敏のためにマスクができない人々のための解決策を作り出して様々なメディアに取り上げられた15歳社長の加藤さんが1700万円資金調達というニュースです。エクイティファイナンスを15歳が実施する時代に突入したことに、倍以上年をとっている自分としては、いろいろと考えさせられました。


1)15歳社長 感覚過敏対応会社1700万円資金調達

2)代替鶏肉 22億円資金調達

3)サッカーNFTプラットフォーム 600億円調達

4)治療用アプリSAVE Medical 資金調達

5)スタートアップデータベースから

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)15歳社長 感覚過敏対応会社1700万円資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000046913.html

株式会社クリスタルロード(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤路瑛、以下「当社」)は、複数名の個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を完了しました。

創業:2018年12月

資本金:20,100,000円(資本準備金含む)

本社:東京都中央区日本橋横山町6−14 日本橋地下実験場

代表:加藤路瑛(代表取締役社長)

事業:感覚過敏研究所、やりたいこと支援支援事業

URL:https://crystalroad.jp/

  • 感覚過敏研究所

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚などの諸感覚が過敏で日常生活に困難さを抱える「感覚過敏」の課題解決のために2020年1月に発足。感覚過敏の啓蒙活動、商品・サービスの企画・開発・販売、感覚過敏の研究を行っている。

URL:https://kabin.life/


2)代替鶏肉 22億円資金調達

https://www.nna.jp/news/show/2213941

代替鶏肉の開発を手掛けるシンガポールの新興企業ネクスト・ジェン・フーズは、会社設立直後の段階で実施する「シードラウンド」の資金調達で、追加で2,000万米ドル(約22億円)を調達した。代替肉の最大市場である米国への1年以内の進出に向け、事業を加速する。


3)サッカーNFTプラットフォーム 600億円調達

https://coinpost.jp/?p=261420

世界140以上のサッカークラブとライセンス提携する、ブロックチェーン基盤のファンタジーフットボールゲーム「Sorare(ソレア)」は、ソフトバンクなどから、約600億円(5.32億ドル)を調達する予定がある。Business Insiderが報じた。


4)治療用アプリSAVE Medical 資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000083339.html

医療機器アプリの開発・製造販売を行う株式会社Save Medical(本社:東京都中央区、代表取締役社長:淺野 正太郎、以下Save Medical)は、BIG2号投資事業有限責任組合(本社:東京都渋谷区、代表パートナー 野内 敦、以下BIG)、Spiral Capital Japan Fund 2号投資事業有限責任組合(本社:東京都港区、代表パートナー 奥野 友和、以下SCJ)を引受先とする第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。


5)スタートアップデータベースから

https://media.startup-db.com/research/valuation-ranking-202107

2021年7月の国内スタートアップ評価額ランキングでは、スマートニュースの評価額が1,916億円に達し、ランキング2位に浮上。先月と比べ、評価額を約674億円伸ばしている。登記簿より約142億円の新たな調達と、5月に登記された情報と比べた際の株式取得価額の上昇を確認できたことが今回の評価額の増加に繋がった。なお、今回の調達により、同社の累計資金調達金額は300億円を突破している。

https://media.startup-db.com/summary/startupnews-20210705-0711

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、スタートアップニュースサマリーを発表している。

今週は、利用者50万人のモノの貸し借りアプリ「アリススタイル」を運営するピーステックラボが総額22億7,000万円の資金調達を実施。ベンチャーキャピタルや金融機関、事業会社など12社以上が出資しており、同社の累計資金調達金額は34億6,000円に達した。今後、ユーザーのライフスタイルに合わせた接点創出など積極的なプロモーション活動と、独自技術によるレコメンド機能の強化などのプロダクト開発により、200万名のユーザー獲得を目指す。


17回の閲覧0件のコメント