総額335億円w調達ニュース インドア農業や交通事故防止など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

普段はヘルスケアビジネスにウォッチをしている坪田ですが、最近、ヘルスケアに直結していないところの方が人の健康の土台を支えているのではないか?と考えています。例えば、今回大型資金調達したインドア農業は、食材に関係してくるし、災害が起きた時等に申請をする手間が省けるようになるとメンタルヘルスやPTSD対策にもいいだろうなぁと思うし、交通事故防止はそのまま交通傷害がなくなる。また、平均年齢65歳を超えている農業で田んぼでの活動が楽になると熱中症リスクや外傷リスクが減るだろうなぁと思いました。

日本酒ベンチャーは大好きだから取り上げましたが、日本酒のステキな飲み方をみんなが学ぶことが出来れば薬としてのお酒がのめますよね(無理やり)


1)インドア農業約326億円調達

2)申請主義をテクノロジーで解決1500万円調達

3)交通事故防止AIが2億円調達

4)田んぼ自動抑草ロボットが2億円調達

5)日本酒ベンチャー5億円調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)インドア農業約326億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/05/26/2021-05-25-indoor-farming-company-bowery-raises-300m/

ニューヨークを拠点とする垂直農法のスタートアップBowery Farmingは米国時間5月25日、3億ドル(約326億円)のシリーズC調達を発表した。このラウンドにより同社の資金調達総額は4億7200万ドル(約513億円)を超え、同社の企業価値は23億ドル(約2502億)となる。


2)申請主義をテクノロジーで解決1500万円調達

https://abeno.keizai.biz/release/73559/

株式会社Civichat(本社:大阪府高槻市、代表取締役:高木俊輔、以下「当社」)は、East Venturesを引受先とした総額1,500万円の資金調達を実施しました。

■「Civichat」とは

「Civichat」は申請主義と呼ばれる、公共制度を行使する際に障壁になる認知や申請の手間などの手続きを簡素化し、"知っていたらやっていたのに..." を無くすことを目指す、クラウド型ソフトウェアです。

会社名 ?:株式会社Civichat

所在地 ?:大阪府 高槻市 富田丘町 2-2

代表者 ?:高木俊輔

連絡先 ?:press@civichat.jp

設立日 ?:2020年10月

URL ?:https://civichat.jp/


3)交通事故防止AIが2億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/05/25/2021-05-25-pyrenee-drive-raised-200m-jpy/

自動車の運転をより安全で快適にする車載機器「Pyrenee Drive」(ピレニードライブ)の開発を続けているPyrenee(ピレニー)は5月25日、総額2億円の資金調達を発表した。引受先は、フューチャーベンチャーキャピタル、菊池製作所、井伸之氏(クオンタムリープ代表取締役会長)、複数のベンチャーキャピタル、事業会社、個人投資家。


4)田んぼ自動抑草ロボットが2億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/05/26/2021-05-25-yuukimaidesign-weeding-robot-raised-200m-jpy/

山形県を拠点とする「地方都市の課題を希望に変える街づくり会社」ヤマタガデザインのグループ会社、有機米デザイン(本社は東京都小金井市)は5月25日、シリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による2億円の資金調達を行ったと発表した。引受先はTDK。この増資により資本金などの合計は、資本準備金1億3908万円を含め3億1626万円となった。


5)日本酒ベンチャー5億円調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000034181.html

日本酒事業を運営する株式会社Clear(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:生駒龍史、以下「Clear」)は、さらなる事業拡大を目的に、新規引受先であるジャフコ グループ株式会社をリードインベスターとして、既存投資家である三井住友海上キャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、株式会社アカツキ「Heart Driven Fund」、株式会社OPENSAUCE、および複数の投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額12.95億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。

■ Clearについて

『日本酒の未来をつくる』をビジョンに掲げる、日本酒に特化した事業を運営する2013年創業のベンチャー企業。2014年より運営する「SAKETIMES」は国内最大規模の日本酒専門WEBメディアで、月間読者は約55万人。2018年よりスタートしたラグジュアリー日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」は、会員登録者数53,109名(2021年5月26日現在)。


Clearが日本酒に特化した事業を行うのは、日本酒が世界の人々の人生を豊かにすることを確信しているためです。日本酒には、国境や文化を超えて世界中に愛されるポテンシャルがあります。その可能性に挑戦し、未知の市場を切り拓くことで、より良い日本酒の未来をつくることがClearの使命です。


「SAKE HUNDRED」では、ラグジュアリーシーンで愛される日本酒ブランドを確立して新たな市場をつくることを、「SAKETIMES」では世界における日本酒情報のインフラとなることを、それぞれ目指しています。


■ 会社概要

会社名:株式会社Clear(https://clear-inc.net

所在地:東京都渋谷区渋谷2-4-3 2F

設立:2013年2月7日

代表取締役:生駒龍史

資本金:8.2億円

- 日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」(https://sake100.com)の運営

- 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」(https://jp.sake-times.com)の運営

- 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES International」(https://en.sake-times.com/)の運営

12回の閲覧0件のコメント