オンライン診療の初診解禁から初診の定義を考える・不動産を守る医療サービスなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

初診の定義が、レセプト上でのことなので、医療従事者も患者も初診の定義に混乱するということがオンライン診療の今後で生まれてくるのではないか?というニュースが出てきました。ブログでは記載していませんが、stand.fmではたまに話していた内容ですが、ピンポイントに指摘されました。診療所を開業した時に医療事務のマニュアルを作成する際に、正直悩んだところです。一度かかっていても、違う病気になったら、違う病気が初診。同じ病気でも長い間きていなくて、またかかったら初診。定期通院じゃなく不定期だとどれぐらいの期間があけば再診なのか?初診なのか?医療事務のはじめの一歩で悩むところです。

オンライン診療はシステムが介入するので、そこはサポートシステムが出来上がってくると思っていますが、患者の思い込みと医療機関の常識で残念なすれ違いが起きてしまいそうな部分ですよね。


1)オンライン診療の初診解禁から初診の定義を考える

2)フェムテック

3)TARCタンパクからコロナ感染症の重症化リスク判断

4)不動産を守る医療インフラ ファストドクター


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)オンライン診療の初診解禁から初診の定義を考える

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/taniguchi/202107/571008.html

オンライン診療の是非について本連載で過去に何度か言及した。「画面越しの診察で得られる情報は電話よりも少ない」という私見を紹介し、当院では電話再診を積極的に行い、画面越しの診察は見合わせていることも述べた。今回取り上げたいのはオンライン診療の是非ではなく、この話題になると必ず出てくる「初診のオンライン診療はかかりつけ医のみ」というルールについて。

初めてその医療機関を受診するときは「初診」ということは誰にでも分かる。では、2回目に同じ医療機関にかかればそれは「再診」になるのでは?と思うのが常識的な感覚だろう。だが、実際は「再診」になることもあれば「初診」になることもある。この違いを患者や一般人に説明するのは極めて難しい。その最大の理由は、実は僕自身がよく分かっていないからだ。


2)フェムテック

https://www.value-press.com/pressrelease/275179

​合同会社DMM.com(東京都港区、会長 兼 CEO、亀山敬司)が展開するオンラインイベント事業は、フェムテックや育児と仕事の両立支援をおこなう注目企業18社が登壇する『DMMピッチ』を2021年7月13日(火)、15日(木)の2日間、開催することをお知らせいたします。

https://hint-pot.jp/archives/81676

「タレントと話をしていると『生理で衣装を汚してしまった』『水着の撮影があるのに生理になってしまった』など、大変だなと思うことがたくさんあったんです。それに、女性社員が多いと言っても弊社のマネージャー職は男性が多いので、『お腹が痛くても撮影日は延期できないから』『生理でもできるでしょ?』といったやりとりを聞くこともありました。そういう環境を変えられないかなと思って立ち上げたのが『UP TO U project』です」

https://news.nicovideo.jp/watch/nw9546221

女性のウェルネス課題の解決・支援事業を行うfermata(フェルマータ)株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:杉本亜美奈)はポップアップストア「fermata TOUR in PARCO ~フェムテックがやって来る!~」を7月12日(月)より名古屋パルコ8月3日(火)より福岡パルコにて開催することをお知らせいたします。このイベントは東海・九州両地方におけるfermataの初出店となります。


3)TARCタンパクからコロナ感染症の重症化リスク判断

https://gemmed.ghc-j.com/?p=41404

新型コロナウイルス感染症患者の「重症化」を予測するために、アトピー性皮膚炎の重症度把握する「TARC」というタンパク質の量が有用である


4)不動産を守る医療インフラ ファストドクター

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000027.000031158&g=prt

マンション経営を目的とした不動産の分譲・販売事業を行う、スカイコート株式会社(本社:東京都新宿区富久町8-22)は、この度、国内最大級の時間外救急プラットフォーム「ファストドクター」を運営するファストドクター株式会社(本社:東京都新宿区内藤町1)と提携いたしました。

ファストドクター株式会社

ファストドクター株式会社は、患者と医療機関をつなぐ時間外救急プラットフォーム「ファストドクター」を提供している。2040年に向けて高齢者人口が増加する都市部(東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・兵庫・京都・奈良・福岡)を中心に、救急相談・救急オンライン診療・救急往診・フォローアップといった、自宅に居ながら安心して診療が受けられる環境を実現し、通院が難しい患者の救急受診を支援している。さらに、地域の医療機関との連携で、時間外のかかりつけ医機能の強化や、患者のかかり方の適正化を推進している。

<会社概要>

商号:ファストドクター株式会社

代表取締役:菊池 亮(医師)、水野 敬志

所在地:〒160-0014 東京都新宿区内藤町1-110 ガーデンクロス新宿御苑3F

設立:2016年7月

事業内容:ファストドクターの管理・運営

URL:https://fastdoctor.jp/

14回の閲覧0件のコメント