【資金調達】フレンチテック・世界の株式調達最高記録などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

フレンチテックという言葉を初めてしりました。世界からみたら、日本もジャパテックとか高田さんのような名前になっているのかな?改めて資本主義の格差が広がっている感覚がする資金調達のニュースが多かった気がします。


1)暗号通貨Phantom 10億円調達

2)フレンチテック

3)世界の後払い決済 50社

4)スタートアップデータベース 7月3週サマリー

5)Terraform Labs 167億円調達

6)世界の株式調達 最高記録

7)口コミコム 3.9億円調達


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)暗号通貨Phantom 10億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/07/18/2021-07-14-crypto-startup-phantom-banks-funding-from-andreessen-horowitz-to-scale-its-multi-chain-wallet/

Phantom(ファントム)は、暗号資産スタートアップの新しいレイヤーの1つだ。ブロックチェーンベースのアプリケーションを合理化するインフラを構築し、暗号資産の世界をナビゲートするための、よりユーザーフレンドリーなUXを提供することを目指す。開発者ではなく、利用者にとって空間全体をより親しみやすいものにしようとしている。ユーザーは、Phantomウォレットをブラウザにダウンロードすると、アプリケーションとのやりとりやトークンの交換、NFTの収集などができる。


2)フレンチテック

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR271YZ0X20C21A6000000/

【パリ=白石透冴】フランスでスタートアップの成長が軌道に乗り始めた。人工知能(AI)を活用したオンラインサービスなど、欧州では英国に続く拠点としてドイツなどと共に資金の流入が盛んなためだ。仏政府も前面に出て育成する姿勢を明確にしており、仏スタートアップの年間資金調達額は過去5年で約3倍になった。国内外の大手企業の間でも、協業や買収の対象として「フレンチテック」の存在感は高まる見通しだ。...


3)世界の後払い決済 50社

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC13BMR0T10C21A7000000/

ネット通販や実店舗の買い物にPOS(販売時点情報管理)で(審査して)融資するBNPL企業が世界各国で台頭し、投資家からの引き合いも急増している。2021年に入ってからのBNPL企業による株式譲渡を伴う資金調達件数は20件で、調達額は既に通年ベースで過去最高の21億ドルに達している。


4)スタートアップデータベース 7月3週サマリー

https://media.startup-db.com/summary/startupnews-20210712-0718

今週は、家計簿アプリとVisaプリペイドカードがセットになった支出管理サービス「B/43」を運営するスマートバンクグローバル・ブレインANRIBEENEXTなど計9社を引受先とした10億円の資金調達を実施したことを発表。


5)Terraform Labs 167億円調達

https://coinpost.jp/?p=261898

Terraブロックチェーンを開発する韓国のTerraform Labsは、1億5000万ドル(167億円)を資金調達したと発表した。エコシステムのプロジェクト支援に資金を使用するとしている。


6)世界の株式調達 最高記録

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73991900Y1A710C2EA2000/

世界の企業が新株発行や新規株式公開(IPO)による資金調達を加速している。2021年1~6月の調達額は7002億ドル(約77兆円)と、同期間として過去最高を更新した。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた航空や外食が毀損した資本を補充、再編にも踏み出す。一方、調達額上位に名を連ねた中国のIT(情報技術)企業は中国政府の海外上場規制で失速する可能性がある。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB24EAD0U1A620C2000000/

世界の企業が新株発行や新規株式公開(IPO)による資金調達を加速している。2021年1~6月の調達額は世界全体で7002億ドル(約77兆円)と、同期間として過去最高を更新した。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた航空や外食が毀損した資本を補充、再編にも踏み出す。一方、調達額上位に名を連ねた中国のIT(情報技術)企業は中国政府の海外上場規制で失速する可能性がある。


7)口コミコム 3.9億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/07/16/mov-inc-fundraising/

地図アプリや口コミサイトの一括管理、口コミのAI解析で店舗の問題点を把握できる「口コミコム」などを運営するmovは7月16日、3億3000万円の資金調達を発表した。引受先は、Coral Capital、SMBCベンチャーキャピタル。これにより、累計調達額が約4億円となった。また、7月1日より元弁護士ドットコム取締役CSOの渡邊陽介氏が社外取締役として着任した。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000024246.html

導入実績10,000店舗を突破したお客様の声のDXサービス「口コミコム」やインバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区、以下mov)は、Coral CapitalおよびSMBCベンチャーキャピタルから、3.3億円の資金調達を実施し、累計調達額が約4億円となりました。なおCoral Capitalからは初回投資金額としては同社の過去最高金額である3億円を出資いただいております。

 また、7月1日より元弁護士ドットコム取締役CSOの渡邊陽介氏が社外取締役として着任したことをお知らせいたします。

会社名 :株式会社mov

所在地 :東京都渋谷区代官山9-10

代表取締役 :渡邊 誠

WEBサイト :https://mov.am/

業務内容 :

顧客体験向上に向けたDXソリューション「口コミコム( https://kutikomi.com/ )」の運営

店舗集客専門メディア「口コミラボ( https://lab.kutikomi.com/ )」

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ( https://honichi.com/ )」の運営

インバウンドソリューションのマッチングサイト「訪日コム( https://service.honichi.com/ )」の運営



5回の閲覧0件のコメント