医療SNS 900万人以上登録、オンライン診療閣議決定など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。


喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。


1)世界50か国の妊活支援

2)オンライン診療の閣議決定など

3)医療版LinkedIn 医療専門家900万人登録

4)医療AI機器セキュリティ

5)救急患者 治験リクルーティング

6)コロナの状況

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)世界50か国の妊活支援

https://techblitz.com/carrot_fertility/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=newsletter

晩婚化に伴い、高齢出産が増える中、不妊治療へのニーズも増えている。そして、高額な治療費や治療の受けづらさは、世界共通の課題だ。「必要とする全ての人が不妊治療を受けられるように」という創業者の想いから始まったCarrot Fertility。従業員への福利厚生に含めることで、離職率を下げるなど、企業においてもメリットを生み出し、遠隔支援サービスの新設、そして新たな資金調達の成功など躍進が続く。今回はCo-Founder & CEOのTammy Sun氏に話を聞いた。

https://www.get-carrot.com/


2)オンライン診療の閣議決定など

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210608/k10013072551000.html

インターネットを使って患者の診療を行う「オンライン診療」の恒久化に向けて政府は制度の案をまとめました。「かかりつけ医」を原則とし、服薬指導も薬剤師の判断で初回から可能とするなどとしていて来年度から段階的に実施していく方針です。

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/688150

政府は、初診からのオンライン診療・服薬指導の恒久化を規制改革の実施計画に盛り込み、18日に閣議決定する方針を固めた。計画に「新型コロナウイルス感染収束後に、デジタル時代に合致した制度」と明記し、2022年度中に開始する方針。規制改革の柱として位置付け、経済財政運営の指針「骨太方針」にも反映させたい考えだ。複数の政府関係者が7日、明らかにした。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA07BR60X00C21A6000000/

政府は新型コロナウイルス対応の特例として容認している初診からのオンライン診療を恒久化する方針だ。規制改革の実施計画に盛り込み、18日に閣議決定する見通し。過去に受診歴がある「かかりつけ医」を原則とし、それ以外の場合は事前の対話や健康診断結果の把握などを条件とする。患者の利便性向上につながる医療のデジタル化を加速する。

https://kahoku.news/articles/knp2021060701002182.html

現在、オンライン診療は、新型コロナウイルス感染対策として服薬指導とともに、特例的に認められている。実施計画でコロナ収束後も「安全性と信頼性をベースに原則解禁」と盛り込み、特例措置を恒久化する。


3)医療版LinkedIn 医療専門家900万人登録

https://techblitz.com/h1insights/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=newsletter

H1 Insightsは、世界中の医師、研究者や研究に関する情報を集め、製薬会社などを対象に医療領域の専門家の様々な情報を検索できるプラットフォーム「H1」を提供している。2017年にニューヨークで設立され、これまでに7000万ドル以上の資金を調達し、日本展開にも乗り出している。2019年は売上が400%以上、2020年は500%以上の急成長を遂げた理由とは。今回はCEOのAriel Katz氏に話を聞いた。

https://www.h1.co/


4)医療AI機器セキュリティ

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210607-00109602-mosf-stocks

FRONTEO <2158> は3日、AI(人工知能)医療機器における秘密計算の技術開発を開始したと発表した。


5)救急患者 治験リクルーティング

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000017.000031630&g=prt

救急外来に特化した患者情報記録・管理システム「NEXT Stage ER(以後NSERと表記併用)」シリーズを展開するTXP Medical株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:園生智弘、以下 TXP Medical)は、急性期治験における患者リクルーティング支援サービスを提供開始致します。


6)コロナの状況

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2432c3c228127e0278da9f58f564b746417ca97

(かんし眼科医院 柳比奈子医院長)「ワクチンを打ちたくて打てない人がたくさんいて、ワクチン自体は余っているのに予約ができないのが問題だと思うので、(予約ができない)高齢者の方がいたら来ていただきたい」

https://www.akita-abs.co.jp/nnn/news93omwfj2oz2rhsiopq.html

佐竹知事は新型コロナウイルスの県独自の警戒レベルを4としている秋田市について、今週末にも3に引き下げる考えを示しました。

https://gemmed.ghc-j.com/?p=40485

高齢者施設等における新型コロナウイルス感染症のクラスター発生防止のために入所者・利用者とスタッフを対象にした集中的検査が実施されている。その際には、簡便かつ迅速に結果の出る「抗原定性検査」を行うことが有益であるが、「感染者を見逃す」恐れがある点に留意して感染拡大防止措置を徹底することや、必要に応じて「PCR検査」等と組み合わせることなどが重要である―。




8回の閲覧0件のコメント