【資金調達】スマートヘルメット30万ドル・仮想イベントHopin494億円などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

スマートフォンに、ウェアラブルデバイスの眼鏡、スマートグラスと進化してくれば、もっといろいろなものが進化しますよね。スマートヘルメットで改めてまだまだいろいろなものが進化する余地があることに気が付かせていただきました。

)スマートヘルメット 30万ドル

2)スマホDX cyzen 5000万円

3)仮想イベントプラットフォームHopin 494億円

4)不動産管理プラットフォームTHIRD 3000万円

5)韓国版Smartround Wuotabook 500万ドル

6)リベロセラ 3億円


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)スマートヘルメット 30万ドル

https://placetech.net/ja/news/smart-hardhat-startup-raises-30m/

建設スタートアップ ビルドット スマートヘルメット技術を30か国に拡大するにあたり、シリーズBの資金調達でXNUMX万ドルを調達しました。2018年に設立されたBuildotsは、プロジェクトマネージャーが、ヘルメットに取り付けられた360度カメラを介して建設現場で行われているすべてのことを完全に制御できるようにするために作成されました。


2)スマホDX cyzen 5000万円

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000191.000042959.html

外回り・フィールドワーカーの業務を効率化し、新しい働き方を創るスマートフォンアプリ「cyzen(サイゼン)」を提供するレッドフォックス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:別所宏恭 以下、レッドフォックス)は、北海道銀行(頭取:兼間祐二)と北海道ベンチャーキャピタル株式会社(所在地:北海道札幌市、代表取締役:浦田祥範)が運営する「どさんこ地域活性化ファンド」より約5,000万円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。これにより、cyzen(サイゼン)事業における累計調達額は10.93億円となりました。引き続き、シリーズAラウンドのローリングクロージングを実施予定です。

■「cyzen(サイゼン)」について

出勤管理や報告書作成、顧客情報や設計情報閲覧などスマートフォンだけで業務を完結する働き方改革アプリです。設備メンテナンス担当者や営業担当者など外回りを必要とする従業員の勤務中の外出記録をスマートフォンアプリで収集・分析し、より効率的な働き方を検討することが可能です。

使い慣れたスマートフォンにアプリをインストールし簡単に操作ができるため、勤務中にPC作業の機会が少ない建築・土木や製造、小売・流通、サービス業などの現場業務に従事する「ノンデスクワーカー」にも好評です。

URL:https://www.cyzen.cloud


■企業概要

レッドフォックス株式会社

所在地:東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 丸の内二重橋ビル21F

代表取締役:別所 宏恭

URL;https://www.redfox.co.jp


3)仮想イベントプラットフォームHopin 494億円

https://gigazine.net/news/20210806-virtual-events-startup-hopin/

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、オフラインでの見本市発表会が相次いで中止されており、各企業や団体はオンラインでの発表に力を入れています。そんな中、2019年に設立されたバーチャルイベントプラットフォームを展開する企業「Hopin」が4億5000万ドル(約494億円)の資金調達に成功したことを発表しました。


4)不動産管理プラットフォームTHIRD 3000万円

https://jp.techcrunch.com/2021/08/06/third-inc-fundraising/

AI搭載の不動産管理SaaS「管理ロイド」を開発・運営するTHIRDは8月5日、新株予約権付社債による3000万円の資金調達を7月30日に実施したと発表した。引受先は、野村不動産ホールディングスのCVCファンド「NREG イノベーション 1号投資事業有限責任組合」。また同社は2020年8月、双日商業開発、東急不動産ホールディングス、森トラスト、東京建物、阪急阪神不動産CVCファンドより資金調達済みで、これにより累計調達額は4億7000万円となった。


5)韓国版Smartround Wuotabook 500万ドル

https://thebridge.jp/2021/08/quotabook-5-million-funding

韓国の株式・ファンド管理プラットフォーム「Quotabook(쿼타북)」は、Elefund、Draper Associates、Goodwater Capital、およびアメリカの株式管理プラットフォーム「Carta」の投資部門 Carta Ventures から500万米ドルを資金調達したと発表した。同社の声明によると、今回の資金調達に先立ち、Quotabook は20社以上の現地のベンチャーキャピタルや銀行から支援を受けている。また、同社は Y Combinator の2021年冬バッチを卒業している。


6)リベロセラ 3億円

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000084053.html

リベロセラ株式会社(以下「リベロセラ」)は、この度、Taiho Ventures, LLC(以下「Taiho Ventures」)からの第三者割当増資による約3億円の資金調達に関する契約を締結したことをお知らせいたします。今回の増資に伴い、Taiho Ventures, President & CEOの浅沼栄氏がリベロセラ取締役に就任いたします。Gタンパク質共役型受容体(GPCR)等の膜タンパク質を標的とする画期的な医薬品創出を目指すバイオ創薬企業リベロセラは、本日、大鵬薬品工業株式会社の米国投資子会社であるTaiho Ventures(カリフォルニア州メンロパーク)からの約3億円の資金調達に関する契約を締結しました。

10回の閲覧0件のコメント