• Kosuke Tsubota

25万ドルの世界看護賞・看護実習服のリメイクなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。


感護師つぼの看護ニュース、よろしくお願いいたします。

約3000万円の世界看護賞はすごいですね。どのような方々が推薦されていくのか、とても気になります。ナイチンゲール生誕200年の今年にこのようなことが実践されるのは、大変興味深いです。看護師の創意工夫のニュースが看護実習服を作り変えることで出来ています。創意工夫が医療のように起業に繋がるようになって欲しいと改めて感じるニュースです。


1)訪問看護師がみた若手コロナ患者の死亡

2)25万米ドルの世界看護賞

3)看護実習服を消毒液入れに

4)訪問看護師経営者セミナー

5)日本看護コーチ協会

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

1)訪問看護師がみた若手コロナ患者の死亡

https://news.yahoo.co.jp/articles/9be4d7918e7e5915f24ed46d865ad842ef628e90

藤田さん「どんなに一生懸命握りしめても、指の隙間から命がこぼれ出ていく。救える命とか救えない命とか、何なんだろうなって。コロナの患者が減ってくれることしか、ないもん」

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20210518/GE00038334.shtml

 (訪問看護師 藤田愛さん)

 「ここに来ると元気が出るんだね。そういう世界があるのに、一歩外に出るといつもと何も変わらない。自分が2つの現実の世界を生きている気がして。回復していく方たちもいて、私にとっても希望だし、神戸の街に希望をその人たちが与えてくれているような気がいつもして。やっぱり守りたいと思います」


2)25万米ドルの世界看護賞

https://www.jiji.com/jc/article?k=20210518005517&g=bw

国際看護師の日を機に立ち上げ、莫大な賞金を用意するアスター・ガーディアンズ世界看護賞が、www.Asterguardians.comで推薦受け付けを開始へ

アスターDMヘルスケアについて

アスターDMヘルスケア・リミテッドは、GCCで事業を行う最大級の総合医療サービス企業であり、インドの新興医療企業です。臨床の卓越性に本質的な重点を置く当社は、27カ所の病院、115カ所の診療所、225カ所の薬局を通じて、一次、二次、三次、四次の医療全体で強力な存在感を持つ世界でも数少ない事業体の1つです。当社が事業を行う地域全体で、2887人の医師と6283人の看護師を含む2万1000人以上の熱心な従業員を擁し、異なる利害関係者に対して「十分な治療を行う」というシンプルかつ強力な約束を実行しています。当社は、アスター、アクセス、メドケアの3ブランドを通じて、社会のすべての経済セグメントにサービスを提供しています。詳細情報については、www.asterdmhealthcare.comをご覧ください。

https://www.linkedin.com/company/asterdmhealthcare/mycompany/

https://www.facebook.com/AsterHealthcare/


3)看護実習服を消毒液入れに

https://www.sanyonews.jp/article/1131750?rct=area_kurashiki_sojya

倉敷中央病院(倉敷市美和)で今春から看護師として働く玉崎葵さん(22)が、大学時代の実習で着るはずだった看護実習服をリメークし、アルコール消毒液の携帯用ポシェットを作った。新型コロナウイルス禍で実習がオンライン化された影響で、袖を通さないまま卒業した実習服が複数あったことから考案。実際に現場で活用している。


4)訪問看護師経営者セミナー

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000008376.html

医療・福祉分野での⼈材紹介・派遣サービス大手のトライトグループ(本社:大阪府大阪市、東京本部:東京都千代田区、代表取締役CEO:笹井 英孝)は、この度、看護職を対象に、訪問看護師であり経営者の西山妙子氏によるオンラインセミナー【これからの「ナースライフバランス」と"その人らしさ"を叶える訪問看護】を2021年5月28日(金) 19時30分より開催します。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000033.000008376&g=prt

看護師は国家資格としていつでもどこでも働くことが出来る職業である一方、女性比率が高いことから、出産や育児などの自身のライフイベントと看護師としてのキャリア形成をどう並行していくのかについて悩んでいる人も多いのではないかと考えています。本セミナーでは、看護師のキャリアの現状と課題とともに西山妙子氏の看護師としてのご経歴やご自身の働き方をロールモデルとして紹介していただくほか、自身で行っている看護職向けメディア「ナースLab(ナースラボ)(1*)」で紹介している様々な看護師の働き方を交えながら、看護師としてのこれからのキャリアの考え方「ナースライフバランス」についてお話ししていただきます。


5)日本看護コーチ協会

https://nursecoach.or.jp/

ミッション

日本看護コーチ協会は、全ての看護師がコーチである社会を創造します。

世の中は常に変化しており、看護の現場で求められるリーダー像は変化しています。

新型コロナ感染症、災害など、予測不能な世の中において、明確な答えや前例がなくても主体的に課題に対応し、連携して協働できる看護師が求められています。

看護師を取り巻く環境が変化している中で、圧倒的な権威をもつ指示命令型の看護管理者は、過去のリーダーとなりつつあります。

日本看護コーチ協会のミッションは、全ての看護師が看護とコーチングのプロフェッショナルとして、看護師がかかわる人々の全てがその人らしく生ききることを実現することです。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示