• Kosuke Tsubota

看護師の怪談話・スクールナース・看護師グラドルなどなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。


感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

看護学生時代に病院実習が始まる前に、病棟関連の怪談話を聞こうという企画をたてて失敗したことがありました。それを思い出す看護師が語る恐怖病棟ホラーのお話です。


1)お祭りの屋台でピルを売る

2)看護師が語る恐怖病棟

3)ラグビー日本代表を支える看護師

4)スクールナース

5)看護師グラドル

6)看護管理者のためのHRセミナー

7)介護予防体操で若返り効果! 看護大が分析

8)コミュニティナース



オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)お祭りの屋台でピルを売る

https://www.m3.com/news/open/iryoishin/934704

細井:県議会議員になって良かったと感じるのはどういうところですか。種部:私は自民党に所属していますが、同じ会派の中の市議会議員さんや国会議員さんたちとも一緒に仕事ができるのが、県議の魅力です。医療政策は県の仕事なので、その点でも自分の果たす役割は大きいと感じています。 種部氏 細井:国や県の政策によって、医療現場は変わるのですか。 種部:私自身がすごく大変な思いをしたのは、過去に看護師さんの配置を急性期、いわゆる7対1病床に診療報酬を重点化した時です(2006年度診療報酬改定)。病院は看護師さんを増やさなくてはならなくて一気に看護師不足になりました。その結果、特に中小病院では新人の助産師、看護師さんをとにかく集めて、無理矢理7対1にしたことがありました。  そんな状況で、私の勤めていた病院で、新人看護師が初めての夜勤に入った日の、明けの朝に医療事故が起きました。ちょうど申し送りのバタバタしている時間帯でした。病院組織の持てる力を全て注いで対応し、母子ともに助かり結果的に赤ちゃんにも障害が残らなかったですが、やらなくていい帝王切開になったわけで、本当に申し訳ないことを...


2)看護師が語る恐怖病棟

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2021/024117.html

あの子たちが現れると、必ず患者さんが亡くなってしまう...。あの子どもたちは、いったい? 死神の使いなのだろうか。それとも、避けられない運命の人を、少しでも怖がらせないように笑いながら連れて行く、神様のお使いなのだろうか...。


3)ラグビー日本代表を支える看護師

https://news.yahoo.co.jp/articles/9940522f47cbbc4059231b8387d7d2c2cf921012

ラグビー7人制男子日本代表を分析面で支えるスタッフの一人が、福岡市出身の東茉那(まな)さん(23)だ。筑波大ラグビー部のスタッフとして分析やトレーニングのマネジメントをした経験があり「選手がベストのパフォーマンスを発揮できるように支えたい」。対戦国のスカウティングなどにもいそしむ。


4)スクールナース

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071000359&g=soc

文部科学省は、人工呼吸器やたんの吸引などが日常的に必要な「医療的ケア児」が学校に通いやすい環境を整えるため、公立学校に看護師らを配置する自治体への支援を強化する方針を固めた。新たに2800人の配置を目指す。学校教育法施行規則を近く見直し、学校の支援スタッフに看護師らを追加する。


5)看護師グラドル

https://www.excite.co.jp/news/article/Shueishapn_20210708_114011/ ワクチン接種が本格的に始まり、コロナ収束に向けて少しずつ希望が見えてきている今、医療現場で働く人たちはどんな気持ちなのか。看護師としても最前線で活躍する、ふたりの"二刀流グラドル"が本音トーク!看護師としても最前線で活躍する西野咲さんと里れあさん


6)看護管理者のためのHRセミナー

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001392.000032407.html

「看護管理者のためのスタッフ採用・人材発掘・定着戦略」と題して社会医療法人美杉会グループ 理事・特任総看護部長 兼 教育部長 髙須 久美子氏によるセミナーを8月30日(月)オンラインにて開催!!

https://www.jiji.com/jc/article?k=000001392.000032407&g=prt

コロナ禍において病院の経営状況の悪化は深刻であり、長期化によって医療従事者の疲弊はピークを迎えています。特に2021年4月ごろから第4波と思われる感染拡大が全国で認められ、多くの病院が再度、新型コロナウイルス感染対応の拡充を余儀なくされているのではないでしょうか。この苦境の中「看護の力」でどう、経営参画していくかということが看護管理者にとって大きな課題となるでしょう。この経営改善の1つになるのが看護職員の人材確保・定着、そして育成です。


7)介護予防体操で若返り効果! 看護大が分析

https://news.yahoo.co.jp/articles/c212a5b24b2ae28b616e4a72b63bd5ff130619f6

週1回の体操を9カ月続けると運動機能は10歳若返り、医療費も抑制できる――。都城市の「こけないからだづくり講座」が介護予防に大きく役立つことが宮崎県立看護大の分析で明らかになった。こうした分析は珍しく、宮崎、鹿児島、熊本市など各地で実施されている同種の講座への参加者が増えそうだ。【杣谷健太】


8)コミュニティナース

https://sogyotecho.jp/community-nurse/

今日本では医療関係者、特に看護師が不足しています。コロナの前からこの傾向は続いています。また、過疎地域の高齢者が多いエリアでは、日々の生活品の購入もままならない人達がいます。そんな医療と生活の両方を支える取り組みで話題なのが、コミュニティナースの取り組みです。テレビなどでも多く報道されており、注目されています。そんなコミュニティナースについて、取り組んでいる佐藤氏に話を聞きました。


25回の閲覧0件のコメント