8/28・9/9無料イベント【コロナ×認知症×ユマニチュード】

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

コロナ渦中で、コミュニケーションに距離をとる時代になってきました。

去年の今頃は、「ソーシャルディスタンス」じゃなくて「フィジカルディスタンス」じゃないか!

物理的な距離と社会的な距離は違うよと思っていたのですが、「ソーシャルディスタンス」という言葉の真意がよくわかって、物理的な距離だけではなく、本当に人と人の距離が離れていってしまったと感じます。

人と人がコミュニケーションをとるのに、言葉だけではなく、身体前進を活用することで、認知症になった方とも対話ができるようになるスキルとして、ユマニチュードというものがあります。最近では、NHKや高校の授業でも取り上げられるぐらい普及したものですが、改めて新型コロナウイルス渦ではどのようにすればいいのか?という疑問がうまれます。

【NHK・高校講座】

書き起こし https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/katei/archive/resume013.html 映像 https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/katei/archive/chapter013.html


この度、世界アルツハイマー月間に伴って、無料セミナーが開催されるとのことです。

申し込み

8月28日 https://humanitude.care/schedule/general/event-alzheimer/

9月9日 https://humanitude.care/schedule/general/ext0085/

ユマニチュードとは


①「人間らしさを取り戻す」という意味をもつフランス語の造語。

②フランス文部省から指導者として派遣されたイヴ・ジネストとロゼット・マレスコッティが開発したケアの技法。

③特に認知症患者さんとコミュニケーションとるのに活用できる技術。


9月21日は、世界アルツハイマーデー

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/alzheimerday2020.html

※2021年、今年度は、厚生労働省は新型コロナウイルスで余裕がないのか?サイトが確認できませんでした。


1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されました。会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、様々な取り組みを行っています。


ユマニチュードの4つの柱

・相手を見る場合、正面から、そして近くから見る。長く見る。

・話すときには、できるだけゆっくりと、抑揚をつけるように。

・相手に触れるときは、できるだけ広く、ゆっくり触れる。絶対につかまない。

・できるだけ立って、いつまでも自分らしく、元気でいてもらうことをめざします。


日 時:2021年8月28日(土)16:00~17:00

参加費:無料

定 員:300名

配 信:YouTubeライブ配信(生配信・限定公開)

対 象:現場での認知症ケアをより良くするために考えたい・取組みたい人

    新型コロナ感染予防策とケアの両立に悩んでいる人

    認知症の方が暮らしやすい地域づくり、施設づくりを考えたい・取り組みたい人

    ご家庭で介護をされている方 など、どなたでもご参加いただけます

申 込:https://humanitude.care/schedule/general/event-alzheimer/

    2021年728日(水)~2021年826日(木)

進 行: 林 紗美

(株式会社エクサウィザーズ所属 ユマニチュード認定インストラクター、看護師)

【講演】

「新型コロナ受け入れ病棟でのユマニチュード」

東京医科歯科大学医学部付属病院

上原 佳代子 様

【対談】

「コロナ×認知症×ユマニチュード」の実際

本田 美和子 様 、 上原 佳代子 様

  • 認知症の方へのユマニチュード

  • フランス介護施設でのユマニチュードを活用した新型コロナ感染症への対応報告

  • コロナ禍での研修開催について

本田 美和子

日本ユマニチュード学会代表理事 独立行政法人国立病院機構東京医療センター 総合内科医長 1993年 筑波大学医学専門学群卒 1993年 国立東京第二病院(現・国立病院機構 東京医療センター)内科 1995年 医療法人鉄蕉会・亀田総合病院 総合内科 1997年 国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター 1998年 米国トマスジェファソン大学 内科 2001年 米国コーネル大学 老年医学科 2002年 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター 2011年 国立病院機構東京医療センター 総合内科医長 上原 佳代子 東京医科歯科大学医学部附属病院 ユマニチュード認定インストラクター、看護師 1988年 東京医科歯科大学医学部附属看護学校卒 1988年 東京医科歯科大学医学部附属病院     外科病棟、内科病棟、集中治療部など 2016年 ユマニチュード認定インストラクター資格取得 2020年 新型コロナ病棟 2021年 医療安全管理部


日 時:2021年9月9日(木)19:00~20:00

参加費:無料

定 員:300名

配 信:YouTubeライブ配信(生配信・限定公開)

対 象:認知症ケアをより良くするために考えたい・取組みたい人

    認知症の方が暮らしやすい地域づくり、施設づくりを考えたい・取り組みたい人

    ご家庭で介護をされている方 など、どなたでもご参加いただけます

申 込:https://humanitude.care/schedule/general/ext0085/

    2021年816日(月)~2021年97日(火)

「誰もが誰かのハブ」 ~だれ一人取り残されない街づくり~

2019年に発足した横浜市多業種交流会「浜CHAN」は、医療と介護の事業所交流会でありながらも、医療介護に限らず一般企業からの参加も可能というバリアフリーな交流会です。

今回は、立ち上げの経緯や活動内容、「地域でつながる」展望についてお話を伺います。

志摩氏と共に、ユマニチュード認定インストラクターが認知症の方との関わりの中で、お互いに笑顔である時を読み解いていきます。

【司会】

金沢 小百合(ユマニチュード認定インストラクター/看護師)

【講演】

横浜市多業種交流会「浜CHAN」 会長

志摩 宙人

  • 「浜CHAN」つながる

  • 「キャラバンメイト活躍の場の提供」

  • 認知症についての理解とケア

株式会社エクサウィザーズ

ユマニチュード認定インストラクター

金沢 小百合

  • ユマニチュードのケア 人と人がつながるとき

志摩 宙人

横浜市多業種交流会「浜CHAN」 会長

介護事業を運営する企業の営業部に勤めながら、2016年「RUN伴Tシャツコンテスト」で選出されて以降、全国の事業所やコミュニティのデザインに関わっている。 また、認知症サポーター養成講座の開催数では常に全国上位である。 2019年2月からは横浜市多業種交流会「浜CHAN」 会長に就任し、「誰一人取り残されない世の中」と「認知症キャラバンメイト活躍の場の提供」をテーマに掲げ、「誰もが誰かのハブ」を実践している。

46回の閲覧0件のコメント