【起業家の資金調達】クラフトスイーツHiOLI3億円・英語のアクセント修正6億円などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの【起業家の資金調達】ニュースです。

クラフトスイーツブランドのHiOLIが3億円調達!このコロナ渦にも関わらず自由が丘で2019年に開業してから2年間足らずでアイスクリーム100万食、バタースイーツは1年4か月で100万食と成長しています


飲食業が大変な時代に、着実に成長しているところは、今後の成長が期待ですし、何よりも食べてみたいですよね。

コロナのリスク群に肥満があるので、ダイエットしなければですが、ダイエットしっかりして気持ちよく美味しく食べたいと思います。



1)クラフトスイーツHiOLI 3億円

2)英語の訛り修正ビジネス 6億円

3)JR西日本 2800億円

4)NFT販売で政治資金調達

5)高性能データセンサーのプロセッサー開発 3800万ドル

6)IT人材マッチングのビズリンク 8000万円

7)オーガニック検索Botify 5500万ドル


1)クラフトスイーツHiOLI 3億円

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000043152.html

クラフトアイスクリーム🄬ブランド「HiO ICE CREAM」、クラフトバタースイーツブランド「Butters」を運営するクラフトスイーツカンパニーの株式会社HiOLIは、次のステージに向けた基盤強化を目的として、オイシックス・ラ・大地株式会社の投資子会社Future Food Fund株式会社が運営するFuture Food Fund1号投資事業有限責任組合(以下「FFF」を主幹事投資家として、株式会社JALUX、SMBCベンチャーキャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資等で総額3億円の資金調達を実施することをお知らせいたします。

【株式会社HiOLI】https://hioli.co.jp/

2019年4月にクラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」、2020年4月にクラフトバタースイーツブランド「Butters」をスタート。

素材へのこだわり、マイクロバッチでの製造、顔が見えるモノづくりという3つのクラフトアプローチを大切にし、企画から開発/製造までを手がけるクラフトスイーツカンパニー。HiOLIは、「HiO ICE CREAM」「Butters」といったクラフトスイーツブランドを通じて、バターやチーズなど乳加工品を製造する際に発生する副産物も含め、あらゆる乳製品の可能性を引き出すことで持続可能な環境づくりに貢献し、次の世代につなげるモノづくりを目指してまいります。


2)英語の訛り修正ビジネス 6億円

https://jp.wsj.com/articles/startup-that-reduces-accents-in-real-time-draws-seed-capital-11630644900

アクセント(訛り)のある話し言葉を、リアルタイムで標準的アメリカ英語に近い形に変換する。そうしたソフトウェアを開発するスタートアップ企業が、コールセンターなどの導入事例で早い段階の成功を達成したことを受け、今週、シード資金を獲得した。

3)JR西日本 2800億円

https://news.yahoo.co.jp/articles/a4172e6bd56e58ac69f56ea9beb8d6811ebaf22e

JR西日本は、国内と海外での一般募集による約4855株の新株式発行および第三者割当増資による約412万株の新株式発行を通じて、上限約2786億円の資金を調達する。


4)NFT販売で政治資金調達

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2c3f9c689d4d8f1a3d955852b8d87cc3d48fd34

2022年のミネソタ州知事選の候補者で、元ミネソタ州上院議員の共和党所属の政治家であるスコット・ジェンセン(Scott Jensen)氏が、政治活動資金調達の為にNFTをリリースすることを自身のTwitterにて9月1日発表した。


5)高性能データセンサーのプロセッサー開発 3800万ドル

https://www.jiji.com/jc/article?k=20210903005168&g=bw

米カリフォルニア州クーパティーノ--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- 高性能データセンター・クラスのRISC-Vプロセッサーを開発するベンタナ・マイクロ・システムズは本日、シリーズB資金調達ラウンドで3800万ドルを調達したと発表しました。このラウンドは、Sehat Sutardja博士およびWeili Dai氏(両名ともマーベル・テクノロジー・グループの創業者)とその他の著名な半導体投資家が主導し、著名な戦略的パートナーを含むシリーズA投資家の協力を得て、ベンタナに総額5300万ドルの資金をもたらしました。

6)IT人材マッチングのビズリンク 8000万円

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000049187.html

ITプロ人材のマッチングプラットフォーム「Bizlink(ビズリンク)」( https://bizlink.io/ )を運営する株式会社ビズリンク(本社:東京都品川区、代表取締役社⻑:姜 大成、以下「ビズリンク」https://corp.bizlink.io/ )は、このたび、株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:柴原祐喜)が運営する株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」にて、第三回目の募集を行い、目標額を約3分49秒で達成、総額8千万円の資金調達を実施いたしました。

社名 :株式会社ビズリンク( https://corp.bizlink.io/

代表 :姜⼤成

所在地 :東京都品川区西五反田7-1-10  U`s-1ビル8階

設⽴ :2015年4⽉1⽇

TEL :03-6722-6028

事業内容 :

・ITプロ人材のマッチングプラットフォーム「Bizlink(ビズリンク)」運営 https://bizlink.io/

・フリーランス人材の業務委託紹介サービス

・DX支援を目的としたプロシェアリングサービス


7)オーガニック検索Botify 5500万ドル

https://www.agara.co.jp/article/146361?rct=mizu

パフォーマンス主導型の大手エンタープライズソフトウエア企業、Botify( https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3273315-1&h=2943157489&u=http%3A%2F%2Fwww.botify.com%2F&a=performance-driven+organic+search )は2日、5500万ドルのシリーズC資金調達をこのほど完了したと発表した。資金調達はInfraVia Growthが主幹事を務め、Bpifranceが同社のLarge Ventureファンドを通じて、また既存投資家のEurazeoおよびVentechが、それぞれ参加した。InfraViaからはNicolas Herschtel氏が、Bpifrance Large VentureからはAntoine Izsak氏がそれぞれBotify取締役会に参加する。




16回の閲覧0件のコメント