• Kosuke Tsubota

新たな資金調達IEO/IDOなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。


喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。 資金調達方法はいろいろと手段方法が進化していくので、起業家としては常にチェックしておかないとと思う反面、結局は自分のビジネスを成長させるのが一番大切と、鶏が先か?卵が先か?いつも悩みます。


Initial Exchange Offering

Initial DEX Offering

3)小売店ーブランドをつなげるhomula 1億円調達

4)ナイジェリアのフィンテック


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)IEO

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2105/31/news124.html

コインチェックは5月31日、国内初となるIEOを今夏に実施することを明らかにした。Hashpalette(東京都港区)が運営する、NFTを使ったコンテンツ流通に特化したブロックチェーン「パレット(Palette)」のトークンを上場させ、ユーザーに対して販売することで、資金調達を支援する。

https://jp.techcrunch.com/2021/05/31/coincheck-first-ieo-hashpalette/

コインチェックは5月31日、ブロックチェーン分野のコンサルティングとシステム開発を行うのNFT関連子会社HashpaletteによるIEO(Initial Exchange Offering)を2021年夏実施予定と発表した。Hashpaletteが2021年3月にテストネットをローンチした、NFT特化ブロックチェーン「パレット」(Palette)のユーティリティトークン「PLT」を販売する予定。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021053100748&g=eco

マネックスグループの子会社で、暗号資産(仮想通貨)交換所を運営するコインチェックは31日、暗号資産の技術を使った「IEO」と呼ばれる資金調達を今年夏にも実施すると発表した。実現すれば国内初となる。


2)IDO

https://www.iforex.jpn.com/news/%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%B3%87%E9%87%91%E8%AA%BF%E9%81%94%E6%B3%95ido-202105311332

仮想通貨が生まれて以来、企業が仮想通貨を使って資金調達をする方法としてICO、IEOなどいろいろな方法が生まれてきた。そして最近になると今度はIDOという新しい方法が広まってきている。


3)小売店ーブランドをつなげるhomula 1億円調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000080453.html

株式会社homula(本社:東京都千代田区、代表取締役:福地峻、以下「当社」)は、シードラウンドとして、ニッセイ・キャピタル、HIRAC FUNDを引受先とした第三者割当増資を実施し、累計約1億円を調達いたしました。

■ オンラインマーケットプレイス『homula』について

『homula』は、小売店・ブランド向けのオンラインマーケットプレイスです。仕入れプロセスの効率化に加え、後払い・返品に対応することで、スピーディーかつ低リスクで、新規ブランドとの取引開始を可能にします。


特長:

(1)仕入プロセスをオンラインで完結

・ブランド検索、担当者へのコンタクト、受発注などをすべてオンラインで完結

(2)仕入費用の後払いに対応

・仕入れ後から60日後の後払いに対応

(3)返品に対応

・初めて購入するブランドの商品は返品が可能

利用料:①バイヤー 無料

    ②ブランド 初期費用/固定費無料

URL:https://www.homula.jp/

■ 株式会社homulaについて

会社名:株式会社homula

代表者:代表取締役CEO 福地 峻

事業内容:オンラインマーケットプレイス『homula』の提供

設立:2019年10月

本社:東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビルディング412B

URL:https://www.homula.jp/

採用情報:https://www.wantedly.com/companies/company_7677928/projects

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC288MZ0Y1A520C2000000/

小売店とメーカー間の取引サイトを運営するhomula(ホムラ、東京・千代田)は、第三者割当増資で1億円を資金調達した。ニッセイ・キャピタルとHIRAC FUND(ヒラクファンド)が引き受けた。資金は人材採用やサイト開発に充て、双方の取引を活性化させていく。

https://jp.techcrunch.com/2021/05/31/homula-fundraising/

小売店とブランドをつなぐオンラインマーケットプレイス「homula」を運営するhomulaが、シードラウンドにおいて、第三者割当増資による累計1億円の資金調達を実施したと発表した。引受先はニッセイ・キャピタル、HIRAC FUND。調達した資金は、さらなる小売店のサポートのため、エンジニアや営業を中心とした採用の強化、より便利なプロダクトの開発にあてる。


4)ナイジェリアのフィンテック

https://jp.techcrunch.com/2021/05/31/2021-04-12-nigerian-fintech-software-provider-appzone-raises-10m-to-expand-and-grow-engineering-team/

アフリカのフィンテック分野は、ここ数年の投資で一定の注目を集めているが、スタートアップ企業の多くが、高品質な製品の提供を課題としている。それでも従来型のコスト構造や極めて低い業務効率などの課題を抱える伝統的な銀行と比較すると、スタートアップ企業の首尾は上々のようだ。

https://www.appzonegroup.com/

フィンテックソフトウェアを提供するAppzone(アップゾーン)は、伝統的な金融機関のバンキングサービス・決済サービス向けに独自のソリューションを構築している数少ない企業の1つである。2021年4月、同社は1000万ドル(約11億円)のシリーズA資金調達ラウンドを完了したと発表した。


8回の閲覧0件のコメント