• Kosuke Tsubota

スマホでペット保険、アポレル資金調達など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

1)スマホでペット保険 約1.1億円調達調達

2)オンライン営業支援 アポレル資金調達

3)不動産オーナー向けSaaS 資金調達

4)エイトフィールドAI 2.2億ドル調達

5)相続DX 約1億円資金調達

6)中国軍関連企業の資金調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)スマホでペット保険 約1.1億円調達調達

https://jp.techcrunch.com/2021/06/09/anipos-fundraising/

ペット保険金統合プラットフォーム「アニポス」(Android版iOS版)を開発・運営するアニポスは6月9日、プレシリーズAラウンドにおいて、株式発行による資金調達を発表した。割当先は、マネックスベンチャーズ、DGベンチャーズ、山口キャピタル、広島ベンチャーキャピタル、グロービス、エンジェル投資家。


2)オンライン営業支援 アポレル資金調達

https://japan.cnet.com/article/35171962/

セールステック事業を展開するアライアンスクラウドは6月9日、オンライン完結で決裁者にアポイントメントが取れる完全審査制の営業支援サービス「アポレル」の提供を開始した。あわせて、ベクトルを中心として約8000万円の資金を調達したことを発表した。

https://jp.techcrunch.com/2021/06/10/alliancecloud-fundraising/

セールステック事業を展開するアライアンスクラウドは6月9日、第三者割当増資による約8000万円の資金調達を発表した。引受先はベクトルなど。調達した資金は、経営者・決裁者限定の決裁者アポ獲得支援SaaS「アポレル」の機能開発、サービス拡大に利用する。


3)不動産オーナー向けSaaS 資金調達

https://thebridge.jp/2021/06/yamori-jpy50m-funding

不動産オーナーおよび管理会社向けの物件収支管理 SaaS「大家のヤモリ」を開発・運営するヤモリは8日、DNX Venturesや個人投資家から5,000万円を調達したと発表した。今回の資金調達により、金融機関との連携を進め、融資申込の効率化や融資サービスの開発に注力するとしている。

https://www.yamori.co.jp/

https://www.shibukei.com/release/75295/

■ ヤモリとは

ヤモリは「不動産の民主化」をミッションに、クラウド・AIを活用して不動産賃貸事業の学習から購入、管理、売却まで、不動産オーナーの経営を支援するサービスを提供しています。これまで東京大学FoundXや東大IPC 1st Roundに採択・ご支援を頂き、不動産事業に特化したクラウドプラットフォームを開発してきました。2020年にサービスを提供開始して以降、登録資産規模100億円超、不動産オーナー400人以上と管理会社が利用しています。

会社名:株式会社ヤモリ

設 立:2019年11月22日

所在地:東京都渋谷区

会社HP:https://yamori.co.jp

Instagram:https://www.instagram.com/yamori_inc/


4)エイトフィールドAI 2.2億ドル調達

https://jp.reuters.com/article/eightfold-ai-softbank-funding-idJPKCN2DM126

[10日 ロイター] - 企業の「適材適所」な人材活用を支援するプラットフォームを運営する新興企業エイトフォールドAIは10日、ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」などから2億2000万ドル調達したと発表した。企業価値は前回の資金調達の倍の20億ドル超となった。


5)相続DX 約1億円資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000045850.html

「テクノロジー×専門家のノウハウ」によって、全ての相続問題の解決を掲げる株式会社better(読み:ベター、本社:東京都中央区、代表取締役:安東容杜)は、ニッセイ・キャピタル、AG キャピタル等を引受先とする第三者割当増資(エクイティファイナンス)及びデットファイナンスにより、総額約1億円の資金調達を完了しました。

■ 株式会社betterについて

 公認会計士・税理士及びリクルート出身のエンジニアを中心に2018年に設立。2019年ニッセイ・キャピタル株式会社のアクセラレーションプログラム「50M」に2期生として採択。代表取締役 安東容杜。「すべての相続問題を解決するプラットフォームになる」をビジョンに、「無限の選択肢から、より良い決断を導く」をミッションとしている。

■会社概要

会社名:株式会社better

代表者:代表取締役 公認会計士・税理士 安東容杜

設立:2018年9月25日

資本金:132百万円(資本準備金含む)

所在地:東京都中央区日本橋人形町一丁目5番5号 芳町ビル301号

業務内容:相続ウェブサービスの開発・運営

https://jp-better.com/


6)中国軍関連企業の資金調達

https://diamond.jp/articles/-/273588

アメリカのバイデン大統領は6月3日、中国の軍産複合体と関連があるとされる企業59社に、米国人が投資することを禁止する大統領令を発表した。一方、日本では中国軍産複合体に投資することを禁止する制度がないため、日本の投資家が中国の証券取引所に上場された中国の軍産複合体の株式や債券を購入することで中国の軍備の拡大や近代化に使われ、わが国の安全保障を脅かしている。日本でも早急に法規制を整備することが求められている。(株式会社アシスト社長 平井宏治)

2回の閲覧0件のコメント