• Kosuke Tsubota

47都道府県制覇のAI問診ユビ―・新病理AIなど

ごきげんさまです。喜業家つぼたです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

AI問診ユビ―、医療AIの中で医療機器にならないで、医療従事者の働き方改革のための支援に注力してきた成果が出ましたね。日本全国47都道府県全部で導入ということです。月間80万人以上の方が活用されているということで、活用した人々が便利だと感じたらより広がっていくと思いますので、今後の成長にますます期待ですね


1)AI問診ユビ―47都道府県制覇

2)若松医師会のオンライン診療

3)国境なき医師団のコロナ支援

4)病理AI 膵癌検出AI開発成功

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)AI問診ユビ―47都道府県制覇

https://jp.techcrunch.com/2021/05/21/dr-ubie-japan/

医療機関向け業務効率化サービス「AI問診ユビー」を提供するUbieは5月21日、AI問診ユビーが全国47都道府県の医療機関での導入を2021年5月に達成したと発表した。導入医療機関数は400以上となり、サービスローンチ当初の主な導入先だった病院に加え、クリニック・診療所など「かかりつけ医」での活用も広がっているという。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000048083.html

2017年サービス提供を開始した「AI問診ユビー」は、紙の問診票のかわりにタブレットやスマートフォンを活用した、医療機関の業務効率化のための問診サービスです。医師は、カルテ記載に伴う事務業務の削減によりさらに患者と向き合い診療に集中でき、患者は、診察前の待ち時間に詳しく症状を伝えられるようになります。こうしたサービス特性をもって医療現場のDX・業務効率化に貢献し、働き方改革への意識が高まる急性期病院を中心に導入数を伸してまいりました。

【医療機関向け「AI問診ユビー」について】 「AI問診ユビー」は医療機関の紙の問診票のかわりにタブレットやスマートフォンを活用した、医療機関の業務効率化のための問診サービスです。医師は文章に翻訳された問診内容と病名辞書の結果を活用することにより、電子カルテに記載を行う事務作業が大幅に削減され、より患者様に向き合い診察に集中できるようになります。患者様は医療機関にて患者様はタブレットを使って症状を入力することで、医師等の診察前の待ち時間を活用し、事前に詳しい症状の内容を伝えることができます。2021年5月現在、全国47都道府県・400以上の医療機関で導入されています。 第三回日本サービス大賞で「厚生労働大臣賞」と「審査員特別賞」を受賞しました。URL:https://intro.dr-ubie.com/

【生活者向け「AI受診相談ユビー」について】 「AI受診相談ユビ―」は生活者の適切な医療へのかかり方をサポートするWeb医療情報提供サービスです。いつでもどこでも気になる症状から、関連する病名と適切な受診先を調べることができます。かかりつけ医等地域の医療機関や、#7119等の救急車対応、厚生労働省等の公的な電話相談窓口への適切な受診行動を支援します。 2021年5月現在、月間80万人以上に利用いただいています。 URL:https://ubie.app/ 【Ubie株式会社について】 「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」をミッションに掲げ、医師とエンジニアが2017年5月に創業したヘルステックスタートアップです。AIをコア技術とし、医療現場の業務効率化を図る「AI問診ユビー」と、症状から適切な医療へと案内する「AI受診相談ユビー」を開発・提供。誰もが自分にあった医療にアクセスできる社会づくりを進めています。 所在地  :〒103-0022  東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル6階 設立   :2017年5月 代表者  :共同代表取締役 阿部 吉倫・久保 恒太 URL   :https://ubie.life


2)若松医師会のオンライン診療

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20210521-617740.php

県内で新型コロナウイルス感染症の自宅療養者が増えている中、支援の動きも本格化している。会津若松医師会は20日、自宅療養者や自宅待機中の濃厚接触者に対する電話によるオンライン診療を始めた。療養者らの安心につなげるとともに、新型コロナの治療を担う指定医療機関の負担軽減を図る狙いがある。


3)国境なき医師団のコロナ支援

https://www.msf.or.jp/news/detail/headline/ind20210521nt.html

国境なき医師団(MSF)は、人口密集都市であるムンバイで4月23日から新型コロナウイルスの緊急対応を再開。ムンバイでは住民の4割以上が衛生設備の整っていない環境に暮らしているため、感染のリスクが非常に高い。MSFはスタッフを増員し、患者の治療や感染予防にあたっている。



4)病理AI 膵癌検出AI開発成功

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000034505.html#

病理診断支援ソリューション「PidPort」を提供するメドメイン株式会社 ( 本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO: 飯塚 統、以下「メドメイン」)は、久留米大学病院を始めとする全国の医療機関との多施設共同研究により、Deep Learning (深層学習)を用いることで、膵臓からの超音波内視鏡下穿刺吸引生検標本において膵癌を検出する人工知能の開発に成功しました。今回は、膵癌の中でも、膵腺癌の検出が可能になりました。また、この開発に関する論文をNature Research (ネイチャー・リサーチ)が発行する自然科学誌「Scientific Reports」に投稿し、2021年4月19日に掲載されたことをお知らせします。

原著論文

本研究成果は、英国科学雑誌「Scientific Reports」のオンライン版(2021年4月14日付)で公開されました。

▼論文タイトル:A deep learning model to detect pancreatic ductal adenocarcinoma on endoscopic ultrasound-guided fine-needle biopsy

Scientific Reports

▼日本語訳:超音波内視鏡下穿刺吸引生検病理組織デジタル標本における膵癌の検出を可能にする深層学習を用いた人工知能の開発

▼DOI:https://www.nature.com/articles/s41598-021-87748-0

【会社名】メドメイン株式会社 (Medmain Inc.)

※経済産業省 J-START UP 選出企業  https://www.j-startup.go.jp/startups/

【設立日】2018年1月11日

【事業内容】医療ソフトウェア・クラウドサービスの企画・開発・運営および販売

【代表取締役/CEO】飯塚 統

【所在地】[東京オフィス] 東京都港区南青山2-10-11 A青山ビル2F / [福岡オフィス] 福岡県福岡市中央区赤坂2-4−5 シャトレサクシーズ104

14回の閲覧0件のコメント